BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

薄暗いハッテンサウナで、本当の僕に出会う。―LGBT界隈注目映画日本初上映。

2017/10/21 12:59

サウナの夜に(原題:Spa Nigh)関西クィア映画祭で10月27、28日に上映

 

 

アメリカのLGBT映画祭を席巻した映画『サウナの夜に(原題:Spa Nigh)』が、「性」をテーマにした映像作品を上映する関西クィア映画祭で日本初上映されます。

 

『サウナの夜に』の監督であるアンドリュー・アンは、オープンゲイの韓国系アメリカ人です。同作の一部も、監督自身の実体験に基づいております。彼は、自分のゲイ友達がスパで「ハッテン」したという話を聞いて、この映画を撮ることにしたそうです。

 

映画の舞台は、ロサンゼルスのコリアン・スパです。そこで、10代の韓国系アメリカ人の男の子が自らのセクシュアリティの探求と葛藤をくりひろげます。

 また、アンドリュー・アン監督は韓国人のアイデンティティとゲイカルチャーを描き出す作品の製作に注力しています。

 

アンドリュー・アン監督作品は、「サウナの夜に」だけではなく、他の短編作品でも様々な賞を受けています。アメリカンゲイについて見識を深めてみたい方は、ぜひこの機会にチェックしてみてください!

日時

10/27(金)京大西部講堂 開場11:10(開演11:30)
10/28(土)京大西部講堂 開場22:55(開演23:15)


チケット販売についてはこちらをごらんください

 

映画『サウナの夜に』 予告編

 
映画『サウナの夜に』
在米コリアン2世であるデイビッド。両親はコリアン料理店を経営しており、移民として苦労ながら、同胞達と助け合いデイビッドを育ててくれた。ある日両親の店が潰れてしまい、デイビッドは常連として通っていたサウナで働き始める。コリアン同胞達にとっての憩いと交流の場として、そしてハッテン場として、2つの顔を持つサウナでデイビッドが取る行動とは…。

関連外部サイト

PAGE TOP