BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

祝デビュー20周年!天禅桃子大好き記者が、天禅作品で #打線組んでみた

2017/11/02 17:49

2017/11/03 14:25

『He is beautiful.』だけじゃもったいない!独断と偏見で選ぶオススメ天禅作品

 


皆さま、天禅桃子先生のデビュー20周年を記念した作品集が9月から発売されているのをご存知でしょうか。すでに発売中の天禅桃子作品集 1天禅桃子作品集 2を含め、12月まで計4作が発売されることになっており、天禅先生ファンにとって嬉しい2017年下半期になったのではないでしょうか。

かく言う筆者も天禅先生の大ファンのひとりであります。あれはBLにハマッたばかりの頃……天禅桃子先生のマンハッタン恋物語を何となく手に取って以降、すっかり先生の作品に魅了されてしまい、いまに至ります。


本作品は2002年に発売された天禅先生の短編集で、合計4組のカップルの恋が描かれています。筆者がスパダリ攻めや年下攻めに目覚めたのは本作品の影響を受けたからと言っても過言ではありません(笑)

天禅作品の最大の魅力は、切なさと甘さのバランスが取れたストーリー性にあると個人的には思います。もちろん、何時間でも眺めていたいと思える絵柄も魅力なのですが、こんなにも長く買い続けられたのもストーリーあってこそ。

天禅作品には先生ならではのパターンがいくつかあります。しかし、定番とも言える展開なのになぜか飽きない不思議な魅力がどのコミックスにも必ず存在します。一方で、こちらの予想を裏切るような結末を不意打ちで放つこともあったりと、本当に天禅先生には毎度驚かされます。

個性溢れる新人作家さんが毎月のように新刊コーナーを盛り上げている今、筆者は敢えて天禅桃子作品をオススメしたい……!! その強すぎる想いから、この記事を書かせて頂くことになりました。天禅作品への愛でしか語れませんが、しばしお付き合い下さいませ!

なお、「打線組んでみた」と、ネットで長年愛されている企画に乗ってみましたが、筆者自身は野球初心者です……! 付け焼刃の知識な上、筆者の主観100%の打線にはなりますが、お楽しみ頂ければ幸いです(笑)

 

 1番ショート『ブーランジェの恋人

 


出塁率や走力を求められる切り込み隊長・1番にふさわしいのが『ブーランジェの恋人』。ワンコ系攻めと年上メガネ受けという王道シチュを突き抜ける本作品。天禅先生が気になる初心者さんにはぴったりです。安定した守備力が必要なショートの役割も確実な萌えをお届けできる本作品ならバッチリこなせるでしょう。

 

2番セカンド『花ヶ谷営業所のカレ

 


小技がきく選手の多い2番には『花ヶ谷営業所のカレ』はいかがでしょう。『ブーランジェの恋人』で天禅作品の王道に触れたあとに「魔性の中年上司」という不意打ちの技をキメてきます。守備力の高いセカンドとして、年下攻め、男前受け、中年、スーツ、眼鏡など人気の属性もしっかりカバーしちゃいます! 攻めと一緒に受けからダダ漏れる色気に悩殺されましょう♥

 

3番ファースト『wonderful days?

 


クリーンナップトリオのスタート! 打率の良さかつパワーも必要な3番には『wonderful days?』を……! 王様みたいにかっこいい攻め・レイの魅力に捕らわれ振り回される慎悟の切なさ、そして誰も抗えないようなスーパー攻め様の言動に萌え転がること間違いなし! 俺様×健気という定番設定なので守備範囲は狭いですが、定番だからこそパワーは抜群です! 原作が気に入った方は是非ドラマCDも聴いてみてください! 前野智昭さんによる俺様攻めと鳥海浩輔さんによる健気受けが最高です。

 

4番レフト『フラッター

 


チームの打撃の中心! 頼れる4番には是非『フラッター』を推したいです! ノンケ×ゲイ、年下攻め、サラリーマン、片想い、すれ違い……。切ないストーリーに必要なあらゆる要素が詰め込まれており、「これが萌えずにいられるかー!」と叫ばずにはいられません。他作品ももちろん素晴らしいのですが、筆者は本作品を読んでのたうち回ったレベルで大好きです。時間を忘れてあっという間に読み終わってしまうのは走力に優れたレフトならではかもしれません。こちらも羽多野渉さんと近藤隆さんでドラマCD化されており、聴き応え十分なのでオススメです!

 

5番ライト『He is beautiful.(1)

 


ちるちるユーザーから圧倒的な評価を受ける本作がドカンとホームランを打ちます! 因みにこちら、先生初の長編シリーズ作。キャラ属性自体は定番なのですが、ファッション業界という華やかな世界を舞台にじっくり進む恋模様にグイグイ引き込まれます。セピア調の表紙や攻めのヨシカが纏う衣装にも是非ご注目を! また、長編作ということで走る距離が「長い」ライトの特性ともマッチしていますし、あのイチロー選手が守備も打撃もイマイチが定説だったライトの「歴史を変えた」ということを踏まえれば、『He is beautiful.』はまさに天禅先生の歴史を変えた作品と言っても過言ではありません。

 

6番センター『無防備、衝動 あるいは初恋

 


最も守備範囲が広いポジションのセンターには『無防備、衝動 あるいは初恋』で決まり! 何となく天禅作品の傾向が掴めてきた読者によぎる「マンネリ」という単語。そんなピンチをチャンスに変えるのが6番の仕事です。ロン毛×短髪? あります! 受けが男前? はい、大丈夫です! 攻めはヘタレだと良し? あっ、それもOKです。バーテンダーとリーマン? 同級生の再会もの? エロもたくさん? コスプレエッチ? それ、全部この作品で読めますよ!! 皆さんの性癖をがっつり受け止められること請け合いです♪

 

7番サード『青空の澄んだ色は

 


若手の選手が担当することが多い7番。若手繋がりでオススメしたいのが『青空の澄んだ色は』です。教師×元教え子の新人教師という歳の差と、タイトルのように澄み切ったストーリーに天禅作品の奥深さを痛感します。無精髭にヨレヨレのジャージという見た目に反して、昔と変わらない内面に惹かれていく受け。そしてそんな受けと再会して変わり始める攻めの様子に胸が暖かくなります。年上×年下はそこまで……という筆者にも十分な萌えを与えてくれる、そんな作品でした。

 

8番キャッチャー『ラ・サタニカ

 


ブレない守備力を誇るキャッチャーには『ラ・サタニカ』を。これを読ませれば間違いない。筆者が固くそう信じている作品なのですが、とにかくもう受けの小悪魔っぷりがすごい……。相手の気持ちを知りながら手玉に取る受けに「お前ほんとに高校生か!?」と言いたくなるほど。そんな受けが攻めに指を舐められるシーンは必見です。エッチしてないのにエッチよりエロいとか何事……。筆者の「ワンコ攻め×誘い受け」好きはもしかしたらこの作品がきっかけかも? と改めて思いました。

 

9番ピッチャー『ドッガール doggerel

 


ピッチャーとキャッチャーは夫婦のような存在とよく言われます。キャッチャー『ラ・サタニカ』と対をなすピッチャーには『ドッガール』がぴったり! 同じメガネ受け、そして高校生ものということでシンパシーを感じるのではないでしょうか。保健室セックス、ものすっごいすれ違い、亡き父の彼氏が育ての親、くっつきそうでくっつかない友人ふたりなど、見どころもたっぷり。ファンの「読みたい」が詰まった作品とも言えるでしょう。是非『ラ・サタニカ』と読み比べて頂きたいですね!


■終わりに
筆者の趣味丸出しセレクトにお付き合い頂き、ありがとうございます(笑) 正直、9つに絞るのに非常に苦労したのですが、じっくり天禅作品と向き合うことができてとても楽しかったです。紹介しきれなかった作品もたくさんあるので、この記事を読んで気になった方は是非お手に取ってみてください!!
天禅先生の更なるご活躍を心よりお祈り申し上げます!



 

 記者:白米

※本記事は初出時より一部本文を訂正しました

関連作家・声優

コメント3

投稿順|最新順

>何となく天禅作品の傾向が掴めてきた読者によぎる「マンネリ」という単語。

わかる!!
私も物足りなさが出てきたときに『無防備、衝動 あるいは初恋』を読んで、こんなエロいのもあるのか!と再度はまりました。
共感だらけの打順。

天禅先生の大ファンです。記事の作品たちがもちろんいいけど、自分は「sweep!」が一番好き。「sweep!」は、ちょろい美人店員さん攻め と 男前かわいい受け(中学生)の話です。攻めに一目惚れだけど、受けは不思議で強いの方。二人とも純粋なこころをもって、好きな気持ちを伝うために必死んで頑張ってるの姿が見所です。

1番ショートいきなりアウトですよ~。『ブーランジェの恋人』は年“上”メガネ受ですよね……(((^_^;)

PAGE TOP