BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

バイ攻め(38)「今日から俺たち女と付き合うぞ!」ゲイ受け(28)「えっ?」

2017/11/26 08:06

物語は「今日から3人で付き合うから」から始まった スリップル(thruple)とは


ゲイのマット(28)バイのクリス(38)バイのケイト(28)

これまで、ちるちるでは3人なかよしゲイカップルの記事を紹介したことがあります。スリップル(thruple)といって海外ニュースの記事でみる機会がしばしば。
そういう関係もけっこううまくいくのかな?と納得しましたが、
たとえば変化球でゲイの男2人に女1人という3人カップリングはでしょうか。

ひと目、うまくいかなそうですね。それにそんな可能性を1ミリだって想像しないはずです。
でもニューヨークだったらどうでしょう。
そんなカップルがいても不思議ではないような気がしてきます。

そしたら実際にいたんです。2人が男で1人が女という3人カップルが。
でもいったいどうやって付き合っているんでしょう?

つきあって8年の10歳差ゲイカップルに訪れた転機


二人が付き合いはじめて8年。ある日10歳年上のクリスは、マットにこう切り出しました。
「今日からオープンリレーションシップで行こう!」

マットに紹介したい女性がいるというのです。
確かに付き合い始めて8年にもなると、最初のドキドキ感もなくなっているかもしれません。でもマットにとって、それは衝撃的な提案でした。
バイのクリスはゲイ男性とのモノガミーでは満足できていなかったのです。

クリスが紹介したのは28歳のケイトでした。なんと彼女とクリスは出会い系アプリを通じて知り合ったのです。
もうここでクリスの評価、ガタ落ちですね。わかります…

クリスとケイトはバイだが、マットはゲイ



画像の右からマット(28)ケイト(28)クリス(38)

クリスとケイトはどちらもバイのようですが、マットだけは男じゃなくちゃダメ。当然不満も言いたくなります。
最初はもちろん徹底的に反対。
でもクリスは強引に3人でいっしょにデートするようにしちゃうんです。
みんないっしょに付き合おう!という博愛精神です。

それにしても女性のケイトも大胆です。2人に会うまでふた又のおつきあいなんて一度もしたことがない女性でした。それがクリスに出会って同時に2人と付き合っても大丈夫になってしまったのです。

嫉妬するのは当然、健気マットの不満は最高潮に


7、8ヶ月するとケイトは、週の大半は彼らといっしょに過ごす居候状態になりました。
クリスがマットとケイトのハブになっているわけで、もともとマットとケイトに接点はありません。
そんなわけでクリスをめぐって不満も最高潮に。

「マットにそんなに時間を使わないで私に使ってよ!」
とケイトが主張すれば

「これまで僕とずっといっしょだったのに、彼女と愛の配分がイコールなんて納得できない」
とマットが主張します。

言い分はマットのほうにあると思いますが…こんな状況でもしっかり耐える健気さ。がんばれマット!

Hのときも3人いっしょにできるの?




しかし
やっぱり気になるのはHのときにどうしているのかです。
やる時は3人いっしょじゃないと、仲間はずれにされた1人は嫉妬してしまいます。

それについてマットはどうなんでしょう。
ゲイなので、異性に興味を持てないはずです。3P複数プレイも厳しいのでは?

その点ケイトは陽気なコメントをしています。
「これまで2人の男性といっしょに3Pすることなんて、作り物の中の出来事だと思っていました。私がそんなことをしているなんてね…今は控えめに言って最高かな」

マットはホモフレキシブル


対照的にマットはどうしているのか彼のコメントを見てみましょう。

「セックスは全員参加しているよ。クリスとケイトがまずHする。そして頃合いを見計らって自分が二人のなかに入っていくんだ」


マットは自分のことをホモフレキシブル(homoflexible)と呼んでいます。
ホモフレキシブルはバイセクシャルとはちがい、ある状況下では、自分の本来の性向とはちがった役割を果たせる、ということのようです。

がんばれマット!


「自分はオープン志向のゲイで女性も対応できると思っている。クリスとケイトは3人共バイセクシャルだっていうけど、ちょっと違う。僕はホモフレキシブルなんだ。普通の状況ならやっぱり自分は女性より男性のほうがいいかな」
と健気な主張。

「女性とセックスしたときに”覚醒”があるんだ。これまでとは違う体、心を持った気持ちになる」

とマットは語ります。そして最後にこの3人の関係は天からの贈り物とまで言っています。
「この世の物全てにおめでとう!といいたいです」


これからマット、クリス、ケイトの関係はどうなっていくのでしょうか。そろそろ子供もほしいという話もあるようですが…

原文ではきれいなまとめになっていますが、どうなのでしょうか。

関連外部サイト

PAGE TOP