BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

オメガの次は『メスお兄さん』!?妊娠しないけどメスみが強すぎるその魅力とは?

2017/12/22 12:03

母性と色気の融合…我々が求めた受けの理想形がここにあった…

 


この界隈でちらほら目に(耳に)する『メスお兄さん』って言葉、皆さんはご存じですか?『メス堕ち』『メスみ』『メスイキ』など『メス』にまつわる言葉を聞かない日がないのでは?
それぐらい今流行っているキーワードといえるでしょう。

しかし…聞いたことはあるけど定義はよく分からないって方が多いのではないでしょうか。

 

かく言う筆者も、今まではふんわりとしか知りませんでした(笑)

けれど知れば知るほどシコみがすごい…オメガバースが熱い中、次はこれが来るのではないかと筆者の中のオスが叫んでおります。

 

ということで今回は、そんな『メスお兄さん』について詳しく知っていただいて、その魅力にハマっていただきたく思いご紹介いたします!

 

 

そもそも『メスお兄さん』って?

 

 

 

この記事を書くにあたり色々調べてみたのですが、『雌お兄さん』というこちらのアンソロジーコミックスによると

「一見真面目で平凡な人。

でもその本性は誰も知らず、淫らに乱れる姿は誰にも見せられない…。
滲み出る色香にあてられて、一度触れてしまえばもう
その魅力から逃れる事はできない―――…。
それが 「雌お兄さん」 。」

とのことです。

 

これは作品内での定義でもありますが、恐らく以前よりあった「メス男子」から派生した、特に情事の際にメスみが強くなりドエロくなる、攻めより年上な男性のことを指しているようです。

 

 

そんな『メスお兄さん』の魅力とは?

 

めけぽんビンゴより


「こんなメスお兄さん受けが好き」というビンゴ画像が出回ったり、2018年には『メスお兄さんの作り方』というBLCDの発売が決定されたりするなど、既にじわじわと人気が出てきているジャンルですが、その魅力とは何か?

それはズバリ、男性の中に見いだす女性性の尊さではないでしょうか!?

先ほど挙げたビンゴ画像の中には、「まつげ長い」、「生理重そう」、「お尻大きい」など、女性性が強い項目があり、男性なのにというギャップに興奮する人が続々とこの沼に落ちていっている様子が見受けられます。

 

ただ、ここで重要なのは、見た目が明らかに女性的なのではなく、あくまで普通に男の人なんです。オメガのように妊娠する訳でも、薬を盛られて女体化する訳でも、実際に生理がくる訳でもなく、あくまで男の人なんです。

それが、犯されているときはいやらしく乱れて、無意識に色気がだだ漏れていて、ノンケですら虜にしてしまう魅惑のメスみがあふれ出すんです。そうなったらもう攻めとしても辛抱たまらん!ので!まあがっつきますよね!

そこで今度はその攻めが愛おしくなり、乱れながらもまるで聖母のように優しく包み込み、全てを受け入れる母性が出るその姿まで、いやらしく美しい。色んな意味で昇天します。ああ、メスお兄さん尊い・・・。

 

さて、ここまでメスお兄さんの魅力について熱くご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

メスお兄さんというジャンルだと、まだまだ全然作品数は少ないんですが、既存の作品でも振り返ると(そういえばあれはメスお兄さんでは?私すでに落ちてた……)なんてこともありそうですね。

 

先ほどもちょろっと触れたように、2018年にはBLCDにもなる『メスお兄さん受け』ジャンル。今後もどんどん作品が増えていくかと思うと楽しみです!

 


ぜひ皆さんの中の、「この作品の中に出てくる受けがメスお兄さんみある」なんて情報もお待ちしております!

 

 

コメント4

投稿順|最新順

私も。ブルドーザーどころか、トリックスターもわからない。

ブルドーザーって何??
キレイ系ってだけではダメなんすね。メスお兄さん初心者には区別がつきません

単なる年上受け、年下攻めとは違うんかしら。年下攻めは流行りだけど。
母性が強くて恋愛経験乏しい年下の男の子に包容力を発揮するお兄さんみたいなイメージだった。よくわからんけど…

メスお兄さん受け大好き!もっと増えろー!
そういえば、テンカウントや年下彼氏の恋愛管理癖、In These Wordsもメスお兄さんっぽいような。

PAGE TOP