BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

全盲男子高校生の男同士の青春映画 ついに日本語訳が登場!

2017/12/30 14:07

話題のブラジル映画に日本語訳が! 3月から順次公開!


以前、ちるちるの記事でも取り上げた盲目の男子高校生と転校生の男子高校生が繰り広げるブラジル初の青春ドラマの日本語訳がついた映画が、3月10日から全国の映画館にて順次公開されることが分かりました!
公開にあたって、改めてこの映画の魅力をまとめてみました!

映画THE WAY HE LOOKS(彼の見つめる先に)』



こちらの作品は、2014年に開催された「第64回ベルリン国際映画祭」で、LGBTを扱った映画に贈られる「テディ賞」と、国際批評家連盟賞を贈られている話題の作品です。日本では同年7月の埼玉「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014」で、彼の見つめる先にというタイトルで上映。その後、東京多摩市で開催される「第25回映画祭TAMA CINEMA FORUM」で、11月に同タイトル彼の見つめる先にとして、上映されました。

本作は元々、ダニエル・ヒベイロが2010年に手がけた短編映画「I Don't Want to Go Back Alone」を、同じキャストを起用し自ら長編映画化した青春ドラマです。レオとガブリエルが自転車で2人乗りする姿が捉えられたポスタービジュアルは、大きな話題を呼びました。

映画『THE WAY HE LOOKS(彼の見つめる先に)』
アメリカ版予告編


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014「長編コンペティション部門」予告編



主人公は、全盲と思われる男子高校生、レオ。普通学校に通う彼は、いじめっこの標的になっていますが、幼なじみで親友の女の子、ジョバーナの支えもあって学校生活を送っています。



そんな二人の関心のひとつが、キスについて。ただ、レオは自分の境遇から、「誰が僕にキスをするんだ……」と半ば諦めの気持ちを抱いています。そこに現れたのが、転校生の男の子、ガブリエル。ジョバーナはガブリエルに好意を持ち、レオを含めて三人で仲良くなります。



ガブリエルはとっても優しい少年で、レオを映画に連れて行ったり自転車の二人乗りをしたり、レオがこれまでできなかったことを叶え、レオが分からないことを一生懸命教えてくれます。



そのうち、ガブリエルに特別な感情を持つようになるレオ。そして実はガブリエルも……という青春ストーリー。

日本のアマゾンでは現在、海外版のDVDとBlu-rayが販売中。DVDはアメリカ及びカナダ仕様のリージョンコード「1」のため日本のプレイヤーでは再生できませんが、Blu-rayは南北アメリカ、東南アジア、日本、朝鮮半島、台湾に対応したリージョンコード「A」なので、おそらく見ることができるかと思います。

なお、映画公式サイトでは、『THE WAY HE LOOKS』の元になった、同じ登場人物で描かれるショートムービー『I Don't Want to Go Back Alone』のほか、ゲイカップルと一方の息子と思われる男の子(言葉が分からず不確かです)の物語『You, Me and Him』が楽しめます。

『I Don't Want to Go Back Alone』

 

いかがでしたでしょうか? 友情と恋愛、人と違うこと、そんな難しくて残酷なことに立ち向かっていくふたりの姿を見たいと思った方は、「彼の見つめる先に」の邦題で3月10日に公開が決定しているのでぜひ 東京・新宿シネマカリテほか全国の映画館へと足を運んで観てください!なお1月下旬にはヒベイロの来日が予定されています!


外国の素敵な映画を楽しめるこの機会を逃さないように、ぜひチェックしてみてくださいね!


記者 獅子舞



PAGE TOP