BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

好きな人がいる相手が気になって、いつの間にか横恋慕していた設定に萌える

2018/01/21 11:39

❝利用していた❞が本気の恋に変わって必死に2人の関係を挽回しようとする泥くささに悶える…

 

筆者が、ここのつヒロ先生の『なびかないにもほどがある』を読んで思ったこと。「興味本位で片想い男子にちょっかい出してたクズがガチ恋してる姿、マジ萌える(゚∀゚)←」


単に利用していた、自分の保身のためにふりをしていた、貶めるつもりだった。卑怯な感情、それが本気の恋に変わって必死に2人の関係を挽回しようとする泥くささに悶える…
そんな恋の物語を今回集めてみました。

 

恋におちたクズな問題児

『なびかないにもほどがある』/ここのつヒロ

 

[あらすじ]
バイトと遊びで留年危機の俺は、廃部寸前の地学部に島送りになった。
そこで、いけ好かない部長の沓間が、顧問をオカズにオナる姿を目撃し
興味本位で脅して何度もセックスした。
────────求められれば応じるくせに絶対なびかない
クソ真面目で、一途で………不器用すぎる沓間。
気づくと俺は本気の恋におちていたのだ。
クズ問題児×堅物優等生「なびかないにもほどがある」
義兄弟の絶対言えない片恋事情「この花は神様にだってあげない」
問い合わせ殺到「ここのつヒロ」鮮烈デビューコミックス!
大量描き下ろし24ページ

 

最初はクズキャラが興味本位で脅してセックスするだけの関係だったのに、一途に恋する相手しかその瞳に映さない彼に次第に惹かれていく姿が描かれています。
普段がチャラい分、どうしたら振り向いてもらえるのかと頭を悩ませたり、上手く自分の気持ちをコントロール出来ずにやきもきする❝らしくない❞部分はニヤニヤが止まらないのですが、自分の感情を自覚してからの受けへの甘やかし方がベタ甘過ぎるギャップに悶えてしまいました( *´艸`)

また、ずっと叶わぬ恋を秘めていた一途でクソ真面目な受けキャラも、いつの間にかクズキャラに惹かれていて、甘やかされて胸キュンする度に不器用な照れ方をするのが可愛くて可愛くて…(笑)




本命は別なのに… 好きな相手を間違えて告白しそのまま

『みんな片思い。』/秋吉緋月

 

[あらすじ]

俺はお前が好き。お前はアイツが好き。アイツは……俺が好き!? 交わらない三角関係の行方は……
――アキラと幼馴染の黒川兄弟。兄の涼に片思いしていたアキラは、思い切って部屋に突撃し、告白!
――と思いきや、そこにいたのは弟・和貴だった。
しかも勘違いしたままの和貴に「俺もずっと前からアキラのこと……」と受け入れられてしまい、事情を説明出来ないまま内緒で付き合うことに。
そして距離が近づく2人に反して涼の様子はどんどんおかしくなっていく……
問い詰めると「ずっと和貴のことが好きだった」と弟への思いを知ってしまい……。

 

[筆者コメント]

電子書籍版のみなのですが、恋愛ベクトルが「兄→弟→幼馴染(主人公)→兄」と綺麗な三角関係になっていて、三角関係が明るみになってからメインキャラ全員が関係を維持する為に自分や周りへの感情の秘密を持つことになるので、「実は全員が保身に走っていてゲスいんじゃない?」と思って選びました。

濡れ場的な描写が少ないので、「好きなキャラを寝取るぐらい濃い嫉妬心の描写が好き」という方には物足りないかもしれませんが、お互いの好きな相手がわかった時の衝撃、戸惑い、嫉妬心などの心理描写がわかりやすく描かれているので読みやすい作品です。

 

 

2人はお互いに❝叶わない恋❞をしていた…

『ぼくらが恋を失う理由』/itz

 

[あらすじ]

幼馴染のコバへ長年密かに想いを寄せている央志郎(おうしろう)。
ある日、バーで飲んでいると稲村(いなむら)という男に声をかけられる。
軽い調子の稲村を不審に思うが、コバへの恋に悩む央志郎は
優しく包容力のあるその手に救いを求めて……。
謎めいた優しい男と幼馴染の間で揺れる、にがくてあまい三角関係BL。

 

[筆者コメント]

こちらは『雪解けの恋』のスピンオフ作品です。

主人公・央志郎と❝利用しても構わない❞という男・稲村に年の差があるからなのか、稲村が❝利用される男❞に徹していたからなのか、寂しいときに話し相手になったり食事をしたりして心の隙間を埋めるような紳士的でプラトニックな関係でいるのですが、央志郎が想い人である幼馴染と一緒にいる所を偶然目撃してしまってからは、言葉にトゲのような含みを持たせたり、幼馴染絡みの話題だと表情が一気に冷たくなる部分に「この人、ふわふわして掴み所がないフリして嫉妬心めっちゃ強い…!!静かに嫉妬心燃やしてるとか可愛すぎる…!!」と悶え苦しみます(笑)

実は秘密があって央志郎に近づいた稲村のことを考えると、少しだけ「ズルい」と思ってしまったので挙げてみました。

 

 

歪んだ大人の三角関係

『犬も喰わない』/彩景でりこ

 

[あらすじ]
空木は探偵事務所に勤める調査員。
大学教授・山代から、彼の妻の身辺調査を依頼される。
すると、夫と同じ大学に勤める教授・奥園修治と浮気していることが判明。
しかし、それは今回が初めてではなく、これまでにも二人は、
「山代の愛した女性を奥園が寝取る」ということを何度も繰り返していた──…。
複雑で歪んだ恋愛関係を続ける知的な男たち。
そんな彼らの関係に、自ら身を投じる若い調査員。
彩景でりこが描く、アダルトな三角関係の結末は…!?


[筆者コメント]

読んだ時、大人の❝狡さ❞を凝縮して押し込めたゲスな男達が登場する作品だと思いました(笑)想い人から逃げ続ける男、想い人を追いかけ続ける男、追いかける男を想うが為に逃げる男と繋がる男…どの登場人物も愛に一途で盲目的です。

傍目からはとても奇妙な形にしか見えないけれど、当事者達はそれが歪だとは理解しつつも唯一の確かな愛の形だと思っているし、実際にそうであって欲しいと思っている。その奇妙な関係が醸し出す独特な作品の❝匂い❞を是非とも感じ取りながら読んで欲しい、個人的に挙げた作品の中で一番好きです。


似たような設定で違いが分かりやすい作品をピックアップしてみましたが、いかがでしょう。後に紹介した作品ほどゲス度合いが高いので、お好みの度合いに合わせてチェックしてくださいね。

 


記者:冬桐

関連作家・声優

コメント1

投稿順|最新順

『犬も喰わない』は大人の狡さが際立つ名作ですよね~、ただ設定が設定なだけに一般受けするかは微妙ですが(笑)1人の部外者が関わったがゆえに秘めた想いが発展するっていうのも意外性があって読みごたえがあるし、オジサマ素敵だし(笑)で、大好きですが、恋煩シビトさんの『溺れる』のような他に好きな人がいることが分かっていても、報われない寂しさにつけ込むように関係を作り上げてくのもなかなかのクズで好きです。

PAGE TOP