BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

攻めランダム×受け固定! 総受けとはちょっと違う、知られざる漫画3選!

2018/01/24 13:08

えっちで切ない!一人を選ばない受けと自分だけを見て欲しい攻め……!




みなさんは、男娼ものや、受けが色々な攻めと寝てしまう漫画は好きですか? 中には地雷と感じてしまう人も少なくはないジャンルですが、実はエロだけではなく、かなり奥が深いものとなっております……!
今回はそんな作品の中から、特にお勧めしたい漫画を3本選びました!
あなたはどれか読んだことがありますか?

 

美しいの一言に尽きる。飾り窓の奥は綺麗で刹那的な80ポンドの夜

飾り窓』作:BELNE(ベルネ)

 

 
こちらは、1997年に発売された約20年前の作品となっています。絵柄は人を分けるかもしれませんが、内容は男娼ものとは思えないほど、美しくて、繊細で、清々しものです。主軸となる受けの男は様々なお客達と80ポンド前金をもらい、夜を共にします。受けの男が男娼であることに間違いはないのですが、そこにいやらしさも汚さも一切感じられず、飾り窓から見える男の姿に恋をしてしまうお客も多くいるほどです。
2016年に漫画家40周年を迎えたBELNEさんですが、多くの素敵な作品の中でも今回の『飾り窓』評判が高い作品となっています。
ぜひ、BELNEさんの世界に酔いしれて欲しいです。

あらすじ
一夜を80ポンドで売る高級男娼を訪れる、どこか魂に傷を抱いた男たち…。愛と快楽に彩られた寝台の物語、描きおろし完結編を加えて、ここに結実!!


名前と煙草と雪と魔法、キーワードが交錯したその先には……?

ななしの男娼くん』作:いかみりん

 


こちらは、2017年に発売されたばかりの今注目のいかみりん先生の初単行本です。表紙から見て取れる印象だと、軽い受けのエロ多めだと思われがちですが、実はこの話かなり深いです。金髪ハーフの男娼である主人公が、純愛をして、それを確認して、受け止めていく話です。絵柄も描写が上手で、柔らかいタッチが印象的でした。ストーリーもしっかりと作られていて、筆者である私も思わず涙がぽろりと零れてしまいました。
名前を知られたくない理由。始まりも終わりも、いつも雪の日。ゆっくりと遠回りに愛を信じていく、そんな『ななしの男娼くん』ぜひ、一度は読んで欲しいです。

あらすじ
「名前を言わないのはここにいられなくなりそうだから」
ある夜、バーで出会った男娼と、どこか物憂げな男。
先にイったら代金をまけると言う男娼の言葉に乗り、一夜を過ごす二人。
激しいセックスとは裏腹に気分のいい朝を迎えた男娼は、男からの連絡を待つように…
けれど男娼は自分の名前を聞かれてもはぐらかし続け――


その声に誰もが魅了される……、優等生の秘密。

優等生にはひみつがいっぱい』作:七菱ヒロ

 



最後は、フェティシズムなエロを描いたら、右に出るものはいないといわれている七菱ヒロ先生の作品です。以前ちるちるの記事でも取り上げましたが、こちらの作品、とにかく色んなシチュエーションが読めちゃいます! 更には、一貫して一見大人しそうな眼鏡のユキトと、黒髪イケメンのタツヤの話が挟まれているので、ぶれることなく、一つのストーリーとなっていて読みやすいです。絵柄も綺麗で、キャラも個性的なのでハマる人にはかなりハマる作品だと思います。
止まることのないフェティシズム溢れる作品! 一度見たら、忘れられなくなる魅力をぜひ味わってみてください!

あらすじ
放送部の部長を務める優等生のユキトは、放課後カラオケボックスでタバコを吸っているところを軽音楽部のタツヤに見られてしまう。バンドでボーカルを担当するタツヤ。彼はユキトの歌声に惚れ込み、喫煙をバラさない代わりにオナニーを見せろと脅す。そこでユキトが放った言葉は……「俺後ろでしかイケないけどいい?」"性"を教えたピアノの先生、フェスで出会った石油王との情事や、バンドメンバー同士のいびつな関係…ロックスターには秘密がいっぱい☆





以上、どうでしたでしょうか?
筆者は、男娼等はあまり好んでチャレンジしたことはなかったのですが、今回の作品を読んで、奥の深さにのめり込んでしまいそうになりました!
男娼と言っても、様々な可能性とストーリー、そして作品があると思うので、これを機に新たな作品を探してみるのは、いかがでしょうか?

 

コメント2

投稿順|最新順

『優等生にはひみつがいっぱい』の文章ですが、「後ろでしかイケない」が「後ろでイケない」になってますよー!

「飾り窓」読んでみます!

PAGE TOP