BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

そうきたか…!衝撃的な結末のBL小説5選

2018/01/27 16:02

読めば読むほど引き込まれる…どんでん返しのBL小説5選

 

読んでいると幸せであたたかい気持ちになれるBL作品は心のオアシスですよね。でも「ありきたりなハッピーエンドじゃ満足できない!」と一味違ったBLを求める心もまた、オアシスを求める腐女子の“渇き”なのでしょうね…。

 

そういうわけで今回は、そんな“渇き”を潤してくれるであろう一風変わった結末を迎えるBL作品を、小説にスポットを当てて6作品ご紹介したいと思います!

 

あっと驚くようなラストは、思い返す度に新しい萌えをあなたの中に生み出してくれるかもしれません♪

 

徐々に謎が明かされるドキドキBL

犬、拾うオレ、噛まれる』作:野原滋 イラスト:香坂あきほ

 

 

【あらすじ】

別れた恋人である予備校教師、貴史へのストーカー行為が止まらない紺。
ある日、紺のもとに宅配業者を装った怪しい男が現れる。
飄々としたその男テツローは紺のストーキングを阻止するために貴史が雇った便利屋だった。
テツローとの三日間に及ぶゆるゆる監禁&お仕置き生活の中、
今まで誰とも関わらずに生きてきた紺の秘密が次第に明らかになっていき…。

 

☆ 野原滋先生のデビュー前に書かれた投稿作で、2010年の雑誌掲載作を改題・加筆修正された本作。前情報は一切なしで読まれることをオススメします。主人公が何故ストーカー行為をしているのか、元恋人との関係や怪しげな便利屋などなど…様々な謎が明らかになっていく過程が面白い!
元彼に執着するヤンデレ受けが、便利屋攻めにお仕置きされるコメディも交えたBL、のはずが、読んでいるうちにところどころで「あれ…?」と思うように。そして、ラブコメが徐々にどこか奇妙で殺伐とした展開を迎える様がハラハラドキドキです。

 

 

これが大人の「耽美」BL

海に眠る』作:葛城ちか イラスト:えすとえむ

 

 

【あらすじ】

公衆トイレの片隅に、へその緒をつけたままで捨てられていたリュウは、虐待に耐えかねて孤児院の牧師を虐殺し、逃亡する。親の愛さえ知らず、あまりにも孤独で、十六年のリュウの人生は暗闇も同然であった。しかし逃亡中に出逢った一人の青年が、リュウの運命に光を与える──。

 

☆表題作「海に眠る」+短編「思い出させてあげよう」「さよならは言わない」が収録された本作。「海に眠る」は、エンディングの一般的なハッピーに収まりきらないやりきれなさが特徴です。ある意味、二人にとってはこれが幸せといった悲痛なラストが「耽美」の真骨頂を発揮しています。大人のビターな物語、ぜひその余韻を味わってみてください。

 


 読後、タイトルに涙するBL

ショートケーキの苺にはさわらないで』作:凪良ゆう イラスト:草間さかえ

 

 

【あらすじ】

アンドロイドが普及し、人に代わって戦争すらしてくれる時代。大学生の南里輝(なんり てる)は、自分だけを愛してくれるセックス用アンドロイド、通称「裏ドール」を伴侶にすることを夢見ていた。その資金を貯めるため裏方バイトをしていた風俗店に、ある日とびきり美しい裏ドールが売られてくる。悲しげな姿を見かねた南里は、つい貯金をはたいて「彼」を買い取ってしまった。シンと名づけられた彼は、ドールゆえの一途でけなげな愛を南里に注ぐが──。

 

☆読後感が一本の映画を観たような、ジャンルSF兼BLの愛の物語である本作。アンドロイドのシンが、これまでのマスターにはひどく扱われていたけれど大学生の南里に拾われることで大事に扱われること・愛されることを知ります。愛はどこに宿り、どう育まれるのかを教えてくれるお話とも言えるかもしれません。そして、タイトルの意味が分かったとき、きっと泣いてしまうはず。永遠の愛とは何か、戦争の描写を交えながら紡がれています。

 

 

衝撃の過去が明らかになるBL

もう二度と離さない』作:樹生かなめ イラスト:奈良千春

 

 

【あらすじ】

日本画の大家を父に持ち、美貌と才能に溢れる若き洋画家・佐伯渓舟は、助手であり恋人でもある相良司とともに暮らしている。小さなトラブルが起こることもあるが、強い絆で結ばれているふたりは幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、司の過去を知る男、そして渓舟の過去を探る男が現れたことにより、平穏な生活は少しずつ狂い始めていき……!?


☆洋画家の渓舟は体の弱い助手兼恋人の司にいつも優しく過保護なくらい大事に接します。そのような前半パートから種明かしのエピソードがチラホラと登場するも、後にその種に気付かされてヒエ~…!といった衝撃を味わうかもしれません。思ってもみない展開や真相発覚はミステリー的、さらに呼び起された過去の記憶は恐ろしいホラーのようでもあるはずです。そして、登場人物が暴力や狂気の時間を経て、しかし最終的には恋愛の物語を作っていく姿は、恋の不条理や愛の不思議、哀しさを纏っているとも感じられます。

 

 

執着がもたらすダークなハッピーエンドBL

個人教授』作:秀香穂里 イラスト:やまかみ梨由

 

 

【あらすじ】

有名塾講師の俊一は、かつての同級生の弟・育美の家庭教師をすることになった。
しかしそこで俊一が高校時代、育美の兄に性欲の捌け口にされていたことを思い出されてしまう。
「俺、知ってるんだよ。
あんた、兄貴とセックスしてたよな」育美の荒々しい愛撫に翻弄される俊一。
育美の執着に戸惑いながらも、俊一は以前同級生に抱かれた時、育美に見られていたことで歪んだ快感を覚えたことを思い出し…。

 

☆以前育美の兄祐介に襲われたのと同じように、弟の育美に襲われるも俊一は抵抗できない…でも育美は祐介と違って俊一に優しく触れてきました。女はダメになり、祐介のやり方のような痛いのもダメな俊一は、好きだ、と言って長く長くキスをしてくるような育美のやり方に溺れていきます。お互いに堕ちていく二人のダークな雰囲気は必見…!ナイフを取り出す場面もありますが死ネタではありません。そして、ハッピーエンドかと思いきや種明かしの章ではあまりの執着心に衝撃を受けるはず。ある意味で幸せな形に落ち着いたのかな…そんなブラックさが楽しめる一味違ったハッピーエンドとなってます。

 

 

衝撃の結末を迎えるBL小説6選、いかがだったでしょうか。

 

小説は文章だけの中から自分で「あれ?ここ…」と違和感を拾っていく作業や、種明かしされた後のしてやられた感など、絵がない分余計想像力を掻き立てられ心がザワザワしてしまう面白さがたまりませんね…♥

BL漫画・小説作品それぞれの良さがシリアス作品には特に表れているかもしれません。純愛、執着、悲痛、恐怖…様々な引き金が衝撃的な結末をもたらす源泉で、「じわじわと萌える」あの感覚を生み出しているのでしょうね!

 

上記の小説群は、極力ネタバレを避けながらあっと驚くラストの感動を伝えようと試みたので、その結末はぜひご自分の目でお確かめください…♪

 

記者:うら

関連作家・声優

PAGE TOP