BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

α執事×β執事『かしデス』完結編もBLCD化!CV.前野智昭×興津和幸

2018/02/02 19:00

さちも『かしこまりました、デスティニー -Answer-』ドラマCD化!新キャストに新垣樽助らも

 


さちも先生の大人気オメガバースBL「かしデス」シリーズの最新作『かしこまりました、デスティニー -Answer-』が2018年3月30日(金)にドラマCD発売決定! 原作コミックスの上下巻を原作とし、α執事長・久藤×β執事・宮内の恋がドラマCDでも感動のフィナーレを迎えます。

前作に引き続きメインカップルを演じるのは前野智昭さん×興津和幸さん。さらに、今作の新キャストも明らかになりました! 新キャラクターである“番”の研究者・南雲聖を新垣樽助さん、聖が連れてくるΩの少年・ハジメを榎木淳弥さんが演じます。

【キャラクター】

■久藤優人(くどう ゆうと) CV.前野智昭

 


α(アルファ)。西園寺家の執事長。強面で口も悪く、執事たちから恐れられる存在。父の跡を継ぎ、次期家令と言われている。

 

■宮内一郎(みやうち いちろう) CV.興津和幸

 


β(ベータ)。西園寺家の執事長補佐。貧しい母子家庭で育つ。母の死後、東條家に仕え、葵付きの執事となった。

 

■南雲聖(なぐも ひじり) CV.新垣樽助

 


α(アルファ)。発情期抑制剤の開発に尽力する南雲製薬研究所の新所長。次郎の従兄弟。久藤が幼いころから強く執着している。

 

■ハジメ(はじめ) CV.榎木淳弥

 


Ω(オメガ)。聖が西園寺家に連れてきた少年。社会勉強の為、西園寺家で働くことになる。久藤と本能的に惹かれ合う魂の番。

 

■西園寺次郎(さいおんじ じろう) CV.畠中祐

 


α(アルファ)。西園寺家の次期当主。魂の番である、葵と結婚し、双子をもうける。大学の学業と次期当主としての仕事を両立している。

 

■西園寺葵(さいおんじ あおい) CV.鈴木裕斗

 


Ω(オメガ)。元東條家の御曹司。努力家で自分の道を前向きに進む芯の強い性格。魂の番である次郎と結婚し、双子の母となった。

 

ドラマCDではコミックスカバー裏漫画の音声化に加えて、なんとコミックス本編では描かれていない久藤×宮内の新婚初夜も収録! 豪華キャストの熱演にて2枚組の大ボリュームで発売されます!!

ファン垂涎のドラマCD…発売が待ちきれません!!

 

ドラマCD『かしこまりました、デスティニー -Answer-』

 

原作:さちも(ふゅーじょんぷろだくと刊)
キャスト: 興津和幸、前野智昭、鈴木裕斗、畠中祐、新垣樽助、榎木淳弥、他
発売元:Ginger Records
発売日:2018年3月30日(金)
価格 : 5,000円(税抜)


【ストーリー】

宮内(CV.興津和幸)が西園寺家の執事となって約二年。西園寺家の執事長・久藤(CV.前野智昭)に告白され、ふたりはセフレ以上恋人未満の関係を続けていた。

『少しずつでも、信じさせてやる…っ。絶対!! 俺のこと好きって言わせるからな!!!』

そう約束した久藤から深い愛情を注がれても、βであることや、身体的な問題から引け目を感じ、気持ちに応えられない宮内。

すれ違うふたりの前に、『番』の研究を進める科学者・南雲聖(CV.新垣樽助)がΩの少年・ハジメ (CV.榎木淳弥)を連れてくる。ハジメは宮内がずっと恐れていた、久藤の魂の番だった――。

詳細はドラマCD特設サイトおよび公式ツイッターをご覧ください。

 

(C)sachimo/FUSION PRODUCT

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント3

投稿順|最新順

ちょ…
南雲役に新垣さん…ですって…?
神キャスティング過ぎて、現実を受け止めるのに時間がかかったじゃないですか。
私の強すぎる妄想による、見間違えたかと思ったよ!!
Ginger様、一生ついていきます。
2枚組なのも、ボーナストラックも感謝しかない!!!
早く聴きた過ぎて頭おかしくなりそう(泣)

あ、もう予約してきました。

早期予約キャンペーンもあるんですね。
特典(とかかる送料)でちょっと迷ったけど予約してきました!
カバー裏かわいくて好きなので、どんな声?なのかも楽しみです。

今日、詳細が発表されて早速予約しちゃうくらい
answer製作決定の一報から
発売日や新キャラのキャストの続報を楽しみに待っていました。
CD書き下ろしのお話だけでなく、コミックスカバー裏の漫画まで音声化してもらえるなんて
制作会社さんの気合を感じてファンとしても嬉しいです。
(エピソード削られたりするのかもとすら思ってたので)
記事にもありましたが、ほんと発売が待ちきれません。

PAGE TOP