BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

腐女子3人で、タイ・バンコクの「ゴーゴーボーイ」に潜入してみた

2018/03/04 12:00

魅惑の夜の街は、腐女子に優しい世界でした…


タイ・バンコクの夜に煌々と輝くネオン街。

3人の腐女子は意を決してその場に踏み入れた―――。

 

夜の街にある禁断の花園、「ゴーゴーボーイ」


微笑みの国、タイ。先日、卒業旅行という名目で腐女子3人でタイ・バンコクに行ってきました。ご飯も美味しそうだし、雰囲気や物価的にも観光しやすそう! ……そう思って旅行先をタイに決定したのが始まりでした。


タイについて調べていくうちに、腐女子3人は知ってしまったのです。

「ゴーゴーボーイ」という凄まじい世界があることを……!!!

 

タイ・バンコクのお店では、ショーが行われるほか、気に入った男の子を席へ呼んで一緒にお酒を飲んだり、外に連れ出したりもできるようです。いわば、「ゴーゴーバー」の男性版といった感じですね。ゴーゴーボーイズゴーゴーボーイズバーといった呼ばれ方もしています。異性愛者も入れるお店が多いことを知り、腐女子3人旅の最大の目的となりました。

 


バンコクの歓楽街、パッポン通りには「パッポンナイトマーケット」という市場や美味しそうな屋台が数多く並んでいます。「ゴーゴーバー」もこの通りにあり、お店の横を通りがかると、中で綺麗な女の子たちが踊っているのがチラっと見えました。

この辺りには観光客が非常に多く、日本人ともたくさんすれ違いました。特におじさんの集団に。

そして怪しすぎる、ち〇こグッズを販売するお店もチラホラ……。

 

 
そのとなりのタニヤ通りは、日本人を対象とした日本料理店や居酒屋、カラオケクラブなどが密集しているエリアです。お店の前に綺麗な女の子たちがズラーっと並んでいたのが印象的でした。

 

そのパッポン通り・タニヤ通りの近くにあるのが、夜の男の街「Soi Twilight(ソイトワイライト)」

場所は、BTSサラデーン駅から徒歩8分程度。

 

 

 

 

1番出口から出てタニア通りを突っ切り、左折し直進すると右手側に入り口が見えます。

「ゴーゴーボーイズ」のお店が並ぶそこは、開店前の夕方から怪しげな雰囲気を醸し出していました。

 


ゴーゴーボーイの開店時間は遅いため、時間の余った筆者たちは、なぜかタイに来てまで近くのバー〇ーキングで2時間ほど時間を潰しました。(笑)
ショーが始まる30分前になった頃、ついに腐女子3人組はソイ・トゥワイライト通りへ……!

 

腐女子3人、ついに潜入!


通りに入ると、手を引っ張られて「オトコイルヨ~オトコ~」「見ルダケ見ルダケ」と呼び込みをするオジサンたちの勧誘パラダイス。また、白タンクトップを着ているボーイたちが店前のベンチに座っていたり、とにかく男性がいっぱい!! この通りを歩くだけでもかなり面白いと思います!

2時間も滞在したバー〇ンでの事前調査の結果、ショーが中心となっていて、初心者でも安心して入れると評判のお店へ足を運びました。お店の看板を見つけ、そこに目掛けて早足で駆け込みます。
そのお店の呼び込みのおじさんは「待ってました」とばかりに、爽やかな笑顔で2階へエスコートしてくれました。

料金は、1ドリンクが付いて(日本円で換算すると)2000円払ってもお釣りが返ってくる程度と、かなりリーズナブル。追加のドリンクやボーイへのドリンク代などは別途でかかりますが、筆者たちが選んだお店は押し売りやチップの強要などはまったくされませんでした。
恐る恐る店内に入ると、「見たい席へどうぞ」と店員さんが前列に案内してくれ、非常に親切にしてくれました。ドセンは他の方々のために空けておこう…と、びびった腐女子軍団は最前列の端っこに、腐女子A・筆者・腐女子Bの順で座りました。

 

 

イケメン、細マッチョ、ゴリゴリ系など…選り取り見取りなボーイたち


ステージの上には、ビキニやブリーフ姿の男性たちがいっぱい……!!
小柄な可愛い系のボーイ、ムキムキな雄感満載のボーイや少しチャラそうなボーイなど、国籍もタイプもさまざま。付けているプレートの番号を店員に伝えて、席に呼ぶこともできるようです。
かなりツボだったのが、奥の方で筋トレに励むボーイたち! ムッキムキの体で重そうなダンベルを持ち上げる姿に惚れ惚れしました。

店内を見渡すと、7割程度が男性客で埋まっており、なかには男女で来ているグループも。日本人の男性グループや韓国・中国系の男性2人組も多かった印象です。これがまた可愛い。

筆者たちの隣に座る大柄な欧米人のおじさんは、さっそくお目当てのボーイが見つかったのか、席に呼んでお酒を一緒に飲んでいました。頭を撫でていたり、お触りしていたり……筆者たちは食い入るようにその様子を眺めていました。この時点で妄想が止まりません。

 

 

ドラァグクイーンのファッションショーからボーイたちの勃起ショーまで!?


撮影禁止、スマホ使用禁止等のアナウンスが流れます。明るかった店内の照明が落とされ、いよいよショーがスタート!

ステージに立つおよそ20人ほどのボーイたちが、軽快な音楽に合わせて体を揺らします。なかでも、小柄で細身のボーイが一生懸命踊っているのを見て、その可愛さにかなり悶えていました。腐女子3人がギャーギャー騒いでいると、こっちにウィンクしてくれたり、目線をくれたりとサービスが物凄い!

次に、ドラァグクイーンによるファッションショーのようなものが始まりました。ひとりひとり登場し、ステージ上を練り歩きます。1番ツボだったのが、局部を太ももに挟んで笑顔で歩いている姿のボーイ。ステージは360°なので、彼が後ろを向いたらほぼ丸見えでした(笑)

いきなり照明が消され、真っ暗に。すると、20代のチャラめボーイが腐女子Aを指さしながら、照明が当てられている勃起した局部を見せてきました。絶妙すぎるタイミング、照明さんGJです。
何が始まったのかとびっくりしていると、チャラめボーイはステージを降りてこちらへ向かってきます。あ、ちゃんとコンドームしてる……!
「触って触って~!」と腰を近づけてきた彼。チャレンジャーな腐女子Aは鷲掴み、「デカイ!」と一言。
その後も、別のボーイが腐女子Bの元へ来て触らせようとしてきたり、台に乗ってぶっかけるポージングを取ったりと……なんともカオスな空間。

美チンを拝めて興奮が止まらない腐女子3人。さらなる興奮を目の当たりにします。
順番にボーイが出てきて、局部を丸出しにしながらステージ上を歩きます。筆者たちが座っている付近の階段で、背が高いガッチリめのボーイが笑顔の可愛い色黒ボーイの背中を軽く蹴って、「早く行けよ~」というような感じでじゃれ合っていたのです。笑い合う2人が最高に可愛くて、生きてて良かった……と実感しました。

その後もショーは続き、ドラァグクイーンと10人程度のボーイによるややアクロバティックなショーなどが行われました。

こうして、ショーはおよそ40分程度で終了。想像していた過激さはなく、安心?して見ていられる楽しいショーでした。
このあとも残ると別途お金がかかりそうな雰囲気だったので、支払いを済ませて店を出ました。店員さんも「アリガトウ~!」と笑顔で見送ってくれて、終始素敵な接客に大満足。
帰り道も勧誘の手が絶えませんでしたが、大満足の腐女子3人は全力で切り抜け、夜の街を去っていきました……。


腐女子に今回の「ゴーゴーボーイ」について聞いてみました。


腐女子A:「女性が行っても安全な感じで、サービスもたくさんしてもらえて大満足。コンドームちゃんと付けてて、衛生面も完璧(笑) とにかくいろんなタイプのボーイがいて素晴らしい」

腐女子B:「あんな経験はないから行けてよかった! 今回訪れたお店は、チップも過剰要求されずにサービスしてくれた。安全に楽しむことができたのが何より! いろんなタイプがいたけど、みんな結構かっこよかったと思う」

 

大興奮・大満足で初潜入は終了しました。帰りの電車ではこの話で持ち切りに!
きっと、腐女子3人組はまたこの地を訪れるでしょう…。


腐女子こそ行くべき場所、「ゴーゴーボーイ」!


お店をきちんと選び、ほどほどに遊びさえすれば安全に楽しむことができると感じました。やはりボッタクリの店もあるようなので、事前に調べることや交渉することが大切だと思います。

 

また、お店によるとは思いますが、「ゴーゴーボーイ」はイケメンも多く、かなりの目の保養になるはずです。「2番が攻めで16番が受けで…」と妄想するのが死ぬほど楽しかったです。ボーイ同士が楽しそうに会話しているのを眺めるだけでも幸せでした!

腐女子なら行くべきスポットであると、今回の旅で実感しました! 気になった方は、今度の海外旅行はぜひとも【タイ・バンコク】へ♥

コメント5

投稿順|最新順

匿名3番さん(1/1)

元タイ駐在員です。
ゴーゴーは売春相手との出会いと交渉の場所、しかも大抵の場合洒落にならない貧困が原因で彼らは働いてるので、彼らのお仕事の邪魔にならない程度に楽しんでくださいね。
タイで萌えを求めるなら郊外のパタヤにゲイカップルが集まるビーチがありますよ!

匿名2番さん(1/1)

私がいったときはまだ腐女子じゃなかったし男友達と見たけど
フツーにエンタテイメントとして楽しめた。

しかも普通にステージでボーイズ同士がやってた。
あとは局部を鉄柱に打ち付けて見せたりなかなかカオスでしたね。

意外だったのはゲイだけじゃなくてノンケもいてめっちゃ誘ってきた。
日本のオバハンがよくきて若い男の子を買ってくって店の人が言ってたよ。

久々に声出して笑ったこの記事

匿名1番さん(1/1)

ホモは二次元世界でこそ美しい。

なんかこの記事は正直微妙……
ボーイズに未成年がいたのかもよ??とか、性的産業って合法とかお金払ってるとかだけで割り切れる問題じゃないしね…なんと言っていいかよくわかんないけど…モヤった。

PAGE TOP