BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

キスもあり♥ジャニーズがBLドラマに挑戦!「禁断のBL学」授業開講

2018/02/28 13:49

「彼氏いない歴=年齢」のグラドル・池田裕子から学ぶ「BL学」が凄かった!

 


時代は変化していくもので、テレビでボーイズラブ特集が組まれることも年々増えてきました。
先日ちるちるでもお知らせしましたが、ジャニーズの体育会系グループ・A.B.C-Zの冠番組ABChanZooでBLに関する特集が行われました。2月25日に放映されたこの回は「禁断のBL学」を学ぶという、なんとも挑戦的な企画!
講師を務めるのは、グラビアアイドルとして活躍する腐女子歴15年池田裕子先生です!

 

 

市場規模は200億円以上、右肩上がりで人気急上昇中のジャンルであるBL。

このBLの知られざる魅力から楽しみ方、最新の流行まで実践を通して学んでいこう! という趣旨です。

 

 

BLの魅力とは?


まずはじめに、A.B.C-Zのメンバーから「BLの何が魅力的なのか」という質問。これは、非腐女子・非腐男子から尋ねられたという方も多いのではないでしょうか。

 

 

周囲には「エロを読みたいんでしょ?」という誤解がされがち。「BLに求めるのはエロではなく、純粋な精神的な繋がり、絆を求めている」「バディ、信頼感といったものが読みたい!」と熱く語る池田裕子先生。

これには腐女子・腐男子も納得ではないでしょうか? なかにはエロを目的として読む方もいるとは思いますが、“2人の関係性”に着目する方が多い印象です。

 

 

BL読者の実態、3割は男性!?

 

 

BLを読むのは女性だけではなく、男性も多いことを紹介。河合郁人さんの「1割くらい?」という予想を反し、BL愛読者の3割が腐男子という事実にスタジオ中がざわつきます。

「『スラムダンクの桜木と流川がそういう感じだったら見ます!?」「最後のハイタッチシーンがキスだったら…」と、なかなかいい線をいくA.B.C-Zのメンバー。


 

「BLを読む男性は心の中に小さな乙女がいる」というパワーワードも炸裂しました!

また、同性愛者の方々とは住みわけができていて、「同性愛者の方はリアルな恋愛を好む、BLはあくまでファンタジー」とコメント。これにはスタジオ中が「へぇ~!」と納得のご様子でした。



腐女子のハートを掴むには関係性が大事!

 


つぎにBLの流行りを見ていこうということで、『このBLがやばい!2018年度』のベスト5が紹介されました。なかでも池田裕子先生は、常倉三矢先生著Life 線上の僕らを熱弁! キラキラした時期だけ描かれているのではなく、2人の生涯が描かれている部分が魅力と語ります。

また、BLのさまざまなジャンルが紹介され、人外・無機物擬人化などの説明も詳しくされました。机と椅子の擬人化や賽銭箱で起こる下剋上、自転車とカギなど……無機物の擬人化には驚いていました(笑)

 

そして、腐女子ファンのハートを掴むには、プライベートのエピソードが大切と語ります。「もしかしたら付き合ってるのかな、というのを想像させてほしい」とのコメントに、思わず筆者も頷いてしまいました。

 

 

キスもあり♥ メンバーがBL実写に大挑戦!


いよいよ実践編として、BL実写に大挑戦! なんと、池田裕子先生が徹夜で作成した脚本を演じるという流れに。


『大人になれない僕らは』というガチタイトルに、スタジオ中は大爆笑。バスケ部の先輩と後輩の物語で、先輩役は塚田僚一さん、後輩役は橋本良亮さんが演じます。
池田裕子先生の「早い!」「湿っぽーい!」「キスはほっぺじゃなくて口にしてほしいんです」というスパルタ演技指導のもとに完成した作品は、凄まじい萌えが詰まっていました……! 何よりもキスシーンが最高でした。

ハートに火が付いた池田裕子先生、もう1本プロデュースします!『思うこと一つ叶えばまた一つ』という、またもガチなタイトルにざわつきつつ、より厳しく演技指導が行われました。
五関晃一さん→河合郁人さん→戸塚祥太さんという設定で、一方通行の儚くほろ苦い片想いを演じます。


終了後、大興奮の池田裕子先生。誤解を招くことのない真摯な解説と素晴らしい脚本・演出力に脱帽です!

今回の番組はネットでの反響も良く、ジャニーズファン・BLファンからも好意的にとられているように感じました。
時代とともに、メディアでのBL特集の内容が変化してきているのではないでしょうか? 「そっとしておいて欲しい!」という意見もあるかと思いますが、楽しく正確に取り上げてくれるなら、いちBLファンとして嬉しいなぁと個人的に思っています。
今後も注目されるであろう、BL業界から目が離せませんね!


関連作家・声優

関連外部サイト

コメント1

投稿順|最新順

最初空目して、池戸裕子先生ってグラドルやってたの?と勘違いしてしまいました(笑)

PAGE TOP