BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

話題のブロマンス作品『ストレンジ』が文化庁メディア芸術祭に選出!

2018/03/21 14:47

多彩な関係性・・・不思議な出会いと深い友情

 


今年2月10日に発売のコミックスhomeで商業BLデビューされた、つゆきゆるこ先生の非BLコミックス『ストレンジ』が、なんと第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の審査委員会推薦作品に選出されました!

第21回文化庁メディア芸術祭とは?
文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を表彰し、受賞作品の鑑賞機会を提供する、メディア芸術の総合フェスティバルです。昨年度(第20回)は、世界88の国と地域から4,034点の作品の応募がある、国際的なフェスティバルです。

過去、同じ部門に選出された作品には、
腐女子のコミックエッセイで話題、つづ井先生の腐女子のつづ井さん
「このBLがヤバい!2018」マンガ編1位百と卍が記憶に新しい、紗久楽さわ先生の一般コミックス『かぶき伊佐』、
窮鼠はチーズの夢を見るシリーズや『失恋ショコラティエ』でおなじみ、水城せとな先生の『脳内ポイズンベリー』
等、そうそうたる顔ぶれです。

 


『ストレンジ』作:つゆきゆるこ

 

<あらすじ>
忘れられない人生最高の出会いーー
うれしくて胸が高鳴る男6組12人の物語。

塾通いの高校生と夢見るゲイ
おっとりとせっかちの男子高生
サラリーマンとハワイの青年
孤独な図書委員と問題児
国語教師と愛犬家のヤンキー
アニメ好きの伯父と生意気な甥

大切な人との出会いを通じ
心が豊かに変化していく…
〝ぼくたち〟の希望の物語。

 

男6組12人の不思議で大切な出会いをまとめた短編集です。どのストーリーも、友達という言葉じゃ足りない、特別な愛情を繊細に描いた内容になっています。
自分とは違う考え方や立場の人との出会いが、お互いの心に変化をもたらしていきます。6組の素敵な関係性に、萌えだけでなく、あたたかさや幸福感を感じ、ほっこりします。生きる活力になること間違いなし!
ブロマンス作品として友愛を楽しむも良し、BL的な発展を想像して楽しむも良し!まだ読んだことがない方はぜひご一読を!

関連作家・声優

PAGE TOP