BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

え、あの先生2人組だったの!? 藤子不二雄的BL作家まとめ!

2018/09/14 20:26

日高ショーコ、ウノハナ… さらっと発表されてて驚き!

 

BLに限らず読者のほとんどの人が楽しみにしているであろう、コミックスなどのあとがきやカバー下。執筆中のオモシロ話や手書きのメッセージから先生の人となりなどを想像して、嬉しい気持ちになったりしますよね!

そんな中、「実は2人組で描いています」という発表があることも。みなさんも驚いたこと、1回はありますよね! そこで今回は「えーそうなの!」と驚く、実は2人組のBL作家をご紹介したいと思います☆

日高ショーコ&タキエ

日高ショーコ

 


花は咲くか』『憂鬱な朝シリーズなどで人気の日高ショーコ先生もまさかの2人組! 先生のブログのプロフィールに「絵・日高ショーコ/原作・タキエの二人組」との記載があります。日高先生もストーリーを考えているらしく、完全な役割分担というよりは、共同制作のような感じでしょうか!?

 

ウノハナツクバ&ウノハナイロハ

ウノハナ

 


犬と欠け月』『気まぐれなジャガー』などで人気のウノハナ先生。主にツクバ先生がストーリーを、イロハ先生が作画を担当しているそう。Twitterのプロフィール欄にその記載があるほか、ちるちるのインタビューでも「私たち」との回答があります!

 

オックー&日高

ちしゃの実

 


原作担当のオックー先生作画担当の日高先生の2人組。人気作『新婚さん!』や、“鹿BL”で話題となった『まほろばデイズ』など、 ストーリーも絵も魅力的なので、2人組と聞いて納得です。今年2月の最新コミックス『弟はたくさんだ!』のプロフィールには、「3月4日生まれ(原作) 1月4日生まれ(作画)」との記載があります。

 

シシ&シッチ

練馬zim

 


年上受けがとろとろ~になる姿が読者のハートを鷲掴み! な練馬zim先生。デビューコミックス『先生はそんなこと教えてない!』発売時のインタビューで「ストーリー担当と作画担当の2人」と回答されています。先生のpixivのプロフィールにも、「シシとシッチの二人組み」との記載がありますよ!

えのき&ごろう

えのき五浪

 


今年4月に、人気作『青春ギリギリアウトライン』の新装版&約4年半ぶりの続編『青春ギリギリオーバーライン』をリリースしたえのき五浪先生。その際のインタビューで、ごろう先生が作画担当であると回答されています。

 

学生時代の友人2人組

星丸ダイチ

 

昨年9月にコミックス『ドカ×ホス』で商業デビューした星丸ダイチ先生も2人組。同作のプロフィールに「学生時代の友人2人組」と記載があるほか、発売時のインタビューでは同人作品の「合同誌などを経て現在(二人組)の執筆形態になりました」と回答されています。

藤峰&式

藤峰式



筆者の個人的推し・藤峰式先生も2人組です。作家プロフィールやこちらはあとがきにも記載があるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか? お二人の担当は公開されていないので分かりませんが、あとがきまでバツグンの面白さなのですごく面白い方なのは確信しています(笑) ちなみに、デビュー作『カラフルポップスタア』発売時のインタビューでも「藤峰式の中身は2人です」と回答されています。


皆さま、えっ知らなかった! という2人組作家が多かったのではないでしょうか? 本記事タイトルにもしている『ドラえもん』の藤子不二雄先生がかつて2人で1人のペンネームでしたし、『ローゼンメイデン』のPEACH‐PIT先生など、BL以外にも2人組作家さんは多いですよね。今回ご紹介した作家さん意外にも、2人で描いている方は他にもいらっしゃると思うので、ご存知の方は是非教えてください☆

 

担当BLソムリエ:ユメ
あまあまなお話が好きな光の腐女子。極度の泣き顔フェチ。最近のはやり攻め目線でBLを読むこと。

関連作家・声優

コメント14

投稿順|最新順

たしか現役だと脚本家・小説家の木皿泉さんがご夫婦の共同ペンネームです。

古い話で恐縮なんですが、過去の有名同人作家さんに協業の方々がいらっしゃいました。
3人サークルで一人が絵師、二人が小説家でした。
たしか全体のプロットは小説家の二人でつくり、一人があらすじというか構成やシーンをワープロに下書きして、もう一人が直接その上から会話や地の文をおこし、最後に二人で画面を読みながら推敲するというものだったそうです
あり得なさそうですが、ご本人たちがオリジナル作品の創作方法を説明されていたので確実な話です
当時かなりの有名サークルさんで、商業デビューもされていた方々だったのでご存じの方もいるかもしれませんね

>匿名8番さま
あ、そうか! ごめんなさい。訂正してくださって、ありがとうございます。
最初は岡嶋二人さんのことを書こうと思ったのです。ミステリー作家さんなんで、だめかーと思い、他に分業の小説あったよなあと考えてしまいました。

純ロマは攻様がBL小説を書く設定から中村先生が同人誌を書かれた際に、確か担当さん繋がりで藤崎先生がSSを書かれたのがきっかけで、商業のパラレルワールドな小説版、本編の番外小説とかになったので、記事の作家さん達とはちょっと関わり方が違うと思うな。

>匿名7番さま

全ての作品でユニットを組んではいませんが、
・角川ルビー文庫の「純愛ロマンチカ」のシリーズ、「世界一初恋」の小説は、
プロットと挿絵が中村春菊さん、小説が藤崎都さんです。

・「LOVE STAGE!!」のスピンオフ「BACK STAGE!!」
は、分業方法がわからないのですが、小説は天野かづきさんで、原作・挿絵はコミックと同じお二人なので、3人ですね。

「小説家さんは、他の人が書いたプロットで書けるものなんだなあ」と思いました。

二人組ってなると絵の担当、話の担当で分担されて漫画が多いけど、小説の二人組もあっていいんじゃないかな。構成担当と台詞回し担当・・・もはやアニメ制作になるか。

日高先生の後書きで「私たちで~」って書いてあってあれ?どゆこと?ってなってたら2人組で驚いた覚えあります。

日高先生、2人組だったのかー!!!
ビックリ!

タイトルに「藤子不二雄的BL作家」と書いてあるから、
「え!藤子不二雄のA×Fが恋人関係だったのか!?」などと疑って開いたら全然違ってたorz

ウノハナ先生が2人組だったとは!!Σ(゚д゚;)
知らなかった~(;´Д`)

井上佐藤先生はお一人ですよ。

えーーっ!!!日高先生2人組だったんか!知らなかったー∑(゚Д゚)oh!マジデスカー!


井上佐藤先生ってどうなのかしら。

最近、藤峰式先生にハマり始めたとこなんです。このペンネームがお二人とは思わなかったので、ビックリしました‼︎

PAGE TOP