BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

【ラキステ 第3弾、BLコント『ミシェル初単独ライブ「M」』 追加】舞台情報

2020/01/23 17:19

今月リリースされた舞台情報


ちるちるスタッフが気になった舞台の情報をまとめたページです。
 
 

2月16日より】ついにお笑い界がBLに!!目の保養になる吉本の美男子コンビがBLコント!

 
 
美男子コンビ「ミシェル」が結成2年を目前に初単独が開催決定!
その単独公演の見どころはなんとボーイズラブコント…!!
 
<概要>
ミシェル初単独ライブ「M」※一般発売中

日時:2020年2月16日(日)開場13:45|開演14:00|終演15:00
会場:東京・ヨシモト∞ドーム ステージI
料金:前売2500円 当日3000円
出演者:ミシェル

ミシェルトークライブ「White Message」
日時:2020年2月16日(日)開場16:30|開演16:45|終演17:45
会場:東京・ヨシモト∞ドーム ステージⅡ
料金:前売1500円 当日1800円
出演者:ミシェル
チケットよしもと
 
 
 
 

4月1日より】ラキステ 第3弾上演決定!!『THE STAGE ラッキードッグ1 Paradise Lost』

 
 
【"Paradise Lost" STORY】
GDとの抗争からしばらく経ち、幹部はそれぞれのやるべき仕事に日々を忙殺されていた。
CR:5のカポであるジャン・カルロもまた、持ち前の幸運さと人懐っこさで東海岸のル・オモ達に名を知られるようになる。
そんな中で組織直営のスパ・アルカディアでのパーティーが開催されることに。
開催まであと数日、世界各地で動いていた幹部たちがデイバンへ帰ってくる。
そしてパーティー当日。表と裏、二つの世界の重鎮達がデイバンに集結し、
張り詰めた空気が充満する会場にただ一人、いない人物が……
彼の名前はジャン・カルロ---
カポ不在の中、幹部たちは彼の無事を信じ、パーティーを円滑に進めようと力を合わせる。
カポ不在のこの大事件は悪魔の悪戯か、天使の試練か……
---禁断の果実を齧るのは誰だ。(公式HPより)
 
<概要>
公演期間:2020年4月1日(水) ~ 5日(日)
会場:草月ホール
脚本:喜多村太綱
演出:鄭光誠
音楽:印南俊太朗
 
<チケット>
◆アルカディア2号店・招待客席(1階席)9,000円
◆DSPスタッフ席(1階後方、2・3階席)7,500円
一般発売:2月29日(土) 正午~
通常先行:1月27日(月) 正午~ 2月2日(日) 23:59
 
<キャスト>
ジャン・カルロ:堂本翔平
ベルナルド・オルトラーニ:杉江優篤
ルキーノ・グレゴレッティ:山内圭輔
ジュリオ・ディ・ボンドーネ:輝海
イヴァン・フィオーレ:佐藤慎亮
バクシー・クリステンセン:小谷嘉一
ラグトリフ・フェルフーフェン:松本旭平
ジョシュア:萩原匠
ロイド:中島一博
 
 
 
 

6月6日より】原作の女性4人が全員男性に…!森奈津子『ノンセクシュアル』舞台化

 
 
「愛情と執着は何が違うんだろう?」

ある事象が起きた時。目撃した人によっては笑えたり、笑えなかったり、むしろ恐怖ですらあったり。
舞台『ノンセクシュアル』は、笑い、恐怖、愛憎、それらすべての要素が同時に絡み合って展開していきます。 加害者が被害者であり、被害者が加害者でもあり、加害者がいつの間にか被害者になっている。

森奈津子さんの小説「ノンセクシュアル」は女性目線で進む作品ですが、 舞台『ノンセクシュアル』は男性キャストが演じます。職業も小説家からバンドのボーカルへ、などの舞台化としての変更のみならず、 横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホールにちなんだ横浜のライブハウス、山下公園などを盛り込み、 お客様に親近感と共に、何気ない日常に潜んでいる“狂気”との「紙一重」「表裏一体」を感じていただければ、と思います。

相葉裕樹さん、鯨井康介さん、相馬圭祐さんの3名は、 瑛司、蒼佑、侑李というキャラクターをそれぞれ2役ずつ演じるWキャスト。さかいかなさん、松村龍之介さんはシングルキャスト。
同じストーリー、キャラクターでありながら、演じるキャストによって「愛と執着の違い」の断片が 違った形で舞台上に展開する予感も!
(公式HPより)
 
<概要>
原案:森奈津子「ノンセクシュアル」
公演期間:2020年6月6日(土) ~ 14日(日)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
脚本:潮楼奈和
演出:西沢栄治

<キャスト>
♤ 瑛司:相葉裕樹 蒼佑:鯨井康介 侑李:相馬圭祐
♣ 瑛司:相馬圭祐 蒼佑:相葉裕樹 侑李:鯨井康介
 
<チケット>
【抽選受付】 2020年1月11日(土)10:00 ~ 16日(木)23:59
【抽選結果】 2020年1月17日(金)16:00 ~ 19:00
【一般販売(先着)】3月発売予定
 
 
 
 

【2020年1月29日】舞台版「帝都メルヒェン探偵録〜幽霊屋敷のブレーメン〜」

 
 
第6回ネット小説大賞グランプリを受賞した黒崎リク著のミステリー作品『帝都メルヒェン探偵録』が舞台化!
舞台版は原作小説を基に、黒崎リクが書き下ろしたオリジナルストーリーをクラシカルロックミュージカルとして上演されます。
 
◆『帝都メルヒェン探偵録』とは――
舞台は、伝統とモダンが、新たな市民文化を花開かせる帝都。
ドイツ人の母を持つ華族の青年・千崎理人(せんざきまさと)は、職を得ようと訪れたサロンで、謎の美少年と出逢う。
少年は、理人の望み――職と住まいを用意する代わりに、グリム童話に擬えた『名前当て』の賭けを持ち掛け……。
さらに「自分が事件を解決するから、『探偵』として表に立ってほしい」と頼むのだった。
華やかな昭和の初めを舞台に、理人は「少年助手を従えた美貌の探偵」として、様々な事件に巻き込まれていくのだった。


◆舞台『帝都メルヒェン探偵録』とは――
これから語る物語は、僕らが解決した事件の一つである。

とある日――千崎と美少年・カホルは明治末期に活動した窃盗団「音楽隊」と、その手口を模倣する強盗団の話をカフェー・グリムで耳にする。
ちょうど同じ頃、新人画家・宇崎善太郎(うざきぜんたろう)と新人音楽家・吉永侑哉(よしながゆうや)に出会い、「幽霊屋敷」の怪談話を聞いた一行は屋敷へ…そこで巻き起こるのは…
 
 
<概要>
原作・原案:黒崎リク「帝都メルヒェン探偵録」(宝島社)
公演期間:2020年1月29日(水) ~ 2月2日(日)
会場:シアターグリーン BIG TREE THEATER
脚本・演出:林将平
作曲・音楽監督:cotarainyisland

<キャスト>
千崎理人(せんざきまさと):冨森ジャスティン
小野カホル(おのかおる):渡部大稀

一谷高正(いちやたかまさ)/大橋篤
花村宗介(はなむらそうすけ)/REON
桐原隼(きりはらしゅん)/安部光希
宇崎善太郎(うざきぜんたろう)/古畑恵介
ほか
 
 
 
 

【2020年1月29日】ゲーム連動型舞台「SHINOBI NOW!!」


 
【INTRODUCTION】
舞台キャストがゲームのCVも担当する連動企画!舞台を観て気になった後日談やサイドストーリー、更にifストーリーもゲームで追体験できます。
ゲームアプリはiOSとAndroidで舞台公演と同時に配信予定!(公式HPより)

【STORY】
目覚めよ、古の血の元に--
主君を守ることこそ、忍びの運命(さだめ)--

歴史の裏舞台で暗躍してきた忍たち。
令和になった現在も彼らは密かに活動を続けていた。
現代の忍を養成する学校『忍ノ学園』。 その水戸校に通う堀部香也は、日々、忍の修行と任務をこなしながらも、 君主である将軍の水戸光や同じく忍の楯岡熊乃助、鉢矢叉吏たちと遊んだり、バカ話をしたりして学園生活を楽しんでいるどこにでもいそうなちょっとおバカな高校生。

そんなある日、いつものように楽しく過ごしていた堀部たちの元に東京校から1通の招待状が届く。 招待に応じ、東京に向かった堀部たちを待っていたのは、忍社会に渦巻く混沌と、時空を超えた謀略の数々だった......。

忍として生きることを運命付けられた若き忍たちの戦いを描いた現代風SHINOBIストーリー。

「ごめん、今、任務中。SHINOBI NOW!!」(公式HPより)
 
 
<概要>
公演期間:2020年1月29日(水) ~ 2月2日(日)
会場:光が丘 IMAホール
演出:扇田賢
脚本:守山カオリ、和海育実

<チケット>
◆プレミアムシート※ 前売 10800円/当日 11200円
◆一般席 前売 8800円/当日 9300円
※特典付き。舞台『SHINOBI NOW!!』主要キャスト集合限定ビジュアル写真(全1種)

<キャスト>
堀部香也:SHOYA(ANFiNY)
水戸光:小松ゆう(VOYZ BOY)

出浦豪:坂垣怜次
横谷星宙:松本ひなた
蜂矢叉吏:竹田亮
服部半蔵正成:江本光輝
真田義幸:安東秀大郎
柘植灯希:小俣一生
藤林蓮司:岩佐祐樹
鵜飼笑:SHUN(BUZZ-ER)

自来也:結城駿
大蛇丸:若菜太喜
綱手:網代将悟

ほか
 
 
 
 

【2020年2月22日】舞台「少年陰陽師 現代編・遠の眠りのみな目覚め」


 
【ストーリー】
時は現代、東京。
かつて平安時代に人の世を脅かす数多の悪鬼・怨霊を制した
稀代の陰陽師・安倍晴明や、その孫と同じ名をもち、
同じように十二神将を式神として朋友とする陰陽師たちがいた。

現代でも陰陽師を生業とする安倍家の三男・安倍昌浩は
14歳の中学2年生。
祖父の晴明や、騰蛇をはじめとする十二神将の力を借りながら
陰陽師として修行を重ね、依頼をこなす日々。
幼馴染みの藤原彰子、九流比古、小野螢とともに
時に笑い合い、時にバケモノを退治しながら楽しく過ごしていたが
とあるレストランからの幽霊退治の依頼をきっかけに、
今まで平穏だった昌浩たちの周辺に暗い影がさしはじめる。

原因を探る昌浩たち。
しかし時すでに遅く、敵の魔の手はなんと、
彰子に向かって伸ばされようとしていた——!

現代に生きるもうひとりの“少年陰陽師”の物語、開幕! (公式HPより)
 
 
<概要>
原案:「少年陰陽師 現代編・遠の眠りのみな目覚め」(角川ビーンズ文庫)
原作:結城光流
イラスト:伊東七つ生
公演期間:2020年2月22日(土)~ 3月1日(日)
会場:築地本願寺ブディストホール
 
脚本:藤原 良
演出:田中優樹
 
チケット:特別シート(オリジナルグッズ特典付き指定席)8,500円/一般シート(自由席)6,500円
エントリー受付期間:2019年12月16日(月)19:00 〜 1月5日(日)23:59
 
<キャスト>
堀之内仁、輝海、松田裕、高橋希来、和泉元彌、植田慎一郎、松本梨香 ほか
 
 
 

【2020年5月30日から】劇団東京都鈴木区『朗読劇BLT〜ボーイズラブツクール〜』

 
 
 
<概要>
日程:2020年5月30日(土) 〜 31日(日)
会場:座・高円寺2
料金:6,300円(全席指定/抽選)
チケットはCNプレイガイドにて2020年4月発売予定
 
<キャスト>
間島淳司(アイムエンタープライズ)
佐藤聡美(青二プロダクション)
田丸篤志(シグマ・セブン)

山口智広(B-Box)
菅原慎介(クレアボイス)
山口キヨヒロ(SSP)

相羽あいな(響)
鈴木絵理(俳協)
広瀬ゆうき(A応P)
倉知玲鳳(株式会社S)
日野まり(シグマ・セブンe)
 ・
斎賀みつき(賢プロダクション)
 ・
鈴木区の人ら+ゆかいな周辺住民
 ・
and more…
 
 
 
 

【公開中】朗読劇「てだれもんら」おつかれさま特番

 
 
去る11月23日(土)・24日(日)に永山情報教育センターにて上演された朗読劇『てだれもんら』の「おつかれさま特番」が、12月16日(月)にライブ配信され、現在も公開中です。
出演声優が公演を振り返り、感想や本番時の裏話など、アフタートークではお伝えできなかったエピソードを語る本特番は必聴です…!
 
<出演>
河西健吾/熊谷健太郎/菊池勇成/井上雄貴/土岐隼一/市川太一/井上宝/松本忍
天の声(さんたく!!!アルバイト)

<公演概要>
朗読劇『てだれもんら』
原作:中野シズカ『てだれもんら』(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
公演期間:2019年11月23日(土)・24日(日)
 
 
 

【2020年7月18日から】舞台「ボーイズ・イン・ザ・バンド~真夜中のパーティー~」

 
 
今年度「第73回トニー賞 リバイバル演劇作品賞」に輝いた『The Boys in the Band(ボーイズインザバンド)』が日本人キャスト版として上演されることが決定!
1968年の初上演から今年で50年。「同性愛を真正面から描いた」作品として、これまでに1,000回以上も上演されてきました。
そんなLGBTの最高傑作が新訳、新演出、超豪華キャストで上演!要チェックです…!
 
 
<公演概要>
原作:Mart Crowley『The Boys in the Band(真夜中のパーティー)』
演出:白井晃
公演:2020年7月
出演:安田顕 ほか
 
 
――――12/12 追記ーーーー
 
【STORY】
真夏のニューヨーク。アッパー・イーストサイドにあるマイケルのアパートでは、ゲイ仲間のハロルドの誕生日を祝う準備が進められていた。次第に仲間たちが集まりパーティーが始まろうとしている時、マイケルの大学時代の友人、アランがやってくる。唯一のストレートであるアランの存在はマイケルたちの感情に変化をもたらし、雰囲気が徐々に険悪になりつつある中、パーティーの主役であるハロルドが現れる。パーティーは更に荒れ、マイケルは強引に「告白ゲーム」を始める。それは、心から愛している、または愛していたと思う相手に電話をかけ、直接「愛している」と告げると言うものだった。これをきっかけに、それぞれの過去や本音が暴露されていく。(公式HPより)
 
<CAST>
安田顕 as マイケル
馬場徹 as ドナルド
川久保拓司 as ハンク
富田健太郎 as カウボーイ
浅利陽介 as エモリー
太田基裕 as ラリー
渡部豪太 as バーナード
大谷亮平 as アラン
鈴木浩介 as ハロルド
 
<公演日程>
◆東京公演:2020年7月18日(土)~7月28日(火)
会場:Bunkamura シアターコクーン
チケット:S席12,000円/A席11,000円/コクーンシート6,000円(全席指定・税込)

◆仙台公演:2020年8月8日(土)~8月9日(日)
会場:東京エレクトロンホール宮城

◆札幌公演:2020年8月15日(土)~8月16日(日)
会場:カナモトホール(札幌市民ホール)

◆大阪公演:2020年8月21日(金)~8月23日(日)
会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

◆東京凱旋公演:2020年8月27日(木)~8月30日(日)
会場:なかのZERO 大ホール
 
<チケット一般販売>
2020年4月4日(土)
 
 
 
 

【2020年3月1日】コミックシーモア15th Anniversary★シーモア会員限定 朗読イベント Ficus Party

 
 
コミックシーモア15周年を記念して、描き下ろしBL×声優!参加費無料のオリジナルBLレーベルFicus朗読&トークイベント「Ficus Party」が開催決定!
さらに、コミックシーモア公式ページでは限定グッズが当たる抽選キャンペーンも開催中。お見逃しなく!
 
<Ficus Party無料ご招待イベント概要>
イベント日程:2020年3月1日(日) 昼・夜
応募期間:2019年2月3日(火)10:00 ~ 12月22日(日)23:59
 
<キャスト>
白井悠介・高橋直純・河西健吾・酒井広大
 
【昼公演朗読作品】
世尾せりな 『君想いエレジー』
みちのくアタミ 『ねこでねこのねこです』
波真田かもめ 『エトワールにキス』
ひなこ 『俺の臆病なオオカミくん。 』
中田アキラ『上司はネコ』
山田2丁目 『そこまで見せるとは言ってない 』
ヤマヲミ『お尻が恋する診察室』

【夜公演朗読作品】
ウノハナ 『怒った顔もエロいです。』
佳門サエコ 『いわくつき物件で、エロい目に遭いまして』
佐倉リコ 『ひねくれ猫の甘え方』
高城リョウ 『安黒先生と白井先生のグレーな恋』
高永ひなこ 『クズの取り柄』
中川カネ子 『自惚れミイラとり』
文川じみ 『恋する教師はお帰りください』
 
 
<Special② Ficus Party開催記念!限定グッズプレゼント概要>
応募期間:2019年12月3日(火)10:00 ~ 2019年12月22日(日)23:59
 
【限定グッズ詳細】
・缶バッジ20種類(ブック付き) 2名様
・ポストカード4枚セット 6名様
・高永ひなこ 『クズの取り柄』マグカップ1個 1名様
・コースター8枚セット 5名様

※限定グッズの種類は選べませんのでご了承願います。
※限定グッズのデザインは変更する可能性がございます。
 
 
 
 

【2020年4月9日】詳細発表!舞台『あおざくら』来年4月から東京・大阪で上演

 
 
本郷奏多主演、舞台「あおざくら 防衛大学校物語」の詳細情報が公開されました。
主要キャストをテレビドラマ版そのままに、2020年4月9日から東京・大阪にて上演されます。
先行チケットの申し込みは11月28日(木)より開始。
 
 
<公演概要>
東京会場:三越劇場
公演期間:2020年4月9日(木) ~ 13日(月)
 
大阪会場:COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
公演期間:2020年4月17日(金) ~ 19日(日)
 
 
<チケット情報>
チケット:一般席 8,000円(全席指定・税込)
公式HP 第1次先行申込 受付期間:2019年11月28日(木)23:25 ~ 12月15日(日)23:59
 
<キャスト&スタッフ>
近藤勇美:本郷奏多
原田忠:結木滉星
沖田蒼司:小澤廉
武井寅明:小園凌央
西脇鷹史:伊阪達也
松平容介:狩野健斗
坂木龍也:高崎翔太


原作:二階堂ヒカル(小学館「週刊少年サンデー」連載中 )
脚本:吉田恵里香
演出:伊勢直弘

企画:エイベックス・ピクチャーズ株式会社
 
 
 
 

【2020年1月30日】オールメールでおくるシェイクスピア作の喜劇『十二夜』

 
 
オール男性キャストでおくるウィリアム・シェイクスピア作の喜劇『十二夜』が、
2020年3月6日から3月31日にかけて東京・大阪で上演されます。
公式HPでは2013年版『十二夜』のダイジェスト動画が公開中。ぜひチェックしてみてくださいね♪
 
 
<公演概要>
東京会場:本多劇場
公演期間:2020年3月6日(金) ~ 22日(日)
 
大阪会場:近鉄アート館
公演期間:2020年3月29日(日) ~ 31日(火)

作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:松岡和子
上演台本・演出:青木 豪
チケット:8,000円(全席指定/税込)
 
<キャスト>
ヴァイオラ:前山剛久
オーシーノ:新納慎也
オリヴィア:納谷 健
セバスチャン:三好大貴
マルヴォーリオ:坪倉由幸
フェステ:清水宏
アントーニオ:木場允視
フェイビアン:根本大介
船長/ヴァレンタイン:宮澤和之
マライア:阿南健治
サー・アンドルー・エイギュチーク:春海四方
サー・トービー・ベルチ:小林勝也
 
【楽隊】
ギター:助川太郎
アコーディオン:佐藤芳明
 
 
 
 

【2020年1月30日】同性愛、ドラッグ、宗教……衝撃のロックミュージカル『bare -ベア-』

 
 
【STORY】
全寮制のセント・セシリア高校。校長でもある神父の言葉が響くミサでは、
卒業を間近に控えた生徒たちが祈りを捧げている。
平凡な生徒ピーターにはある秘密があった。
それは、学校一の人気者であるジェイソンという同性の恋人がいること。
いつかは自らを-bare-さらけ出し、愛し合いたいと強く願っていた。
学内の演劇公演のためのオーディションがシスター・シャンテルによって開催され、
美しいアイヴィ、ジェイソンの双子で皮肉屋のナディア、主役を狙うマットも参加し、配役が決定する。
リハーサルが開始されると、ピーターの気持ちはより強いものとなっていく。
ドラッグと酒でトリップするパーティーの中、気持ちが募るピーターはジェイソンとキスを交わすが、
それをマットに目撃されてしまう。
社会、親、友人の目を怖れるジェイソンは自身のイメージを守るため、
ピーターを突き離しアイヴィと一線を越えてしまうのだった。
-bare-になることを求めた彼らの心が絡み合い、そしてついに、一つの終焉を迎える…
 
 
<公演概要>
公演名:オフブロードウェイ・ミュージカル『bare -ベア-』
公演期間:2020年1月30日(木) ~ 2019年2月9日(日)
脚本:ジョン・ハートミア/デーモン・イントラバルトーロ
演出:原田優一
チケット(全席指定):1階席 9,000円/2階席 6,500円/学生席(3階)2,000円 ※数量限定・当日のみ
 
<キャスト>
ジェイソン:安井一真/小谷嘉一
ピーター:田村良太/大久保祥太郎
アイヴィ:増田有華/茜屋日海夏
マット:神田恭兵/宮島朋宏
ナディア:谷口ゆうな

シスター・シャンテル:北翔海莉
神父:林アキラ
クレア:伊東えり

ルーカス:おでぃ
ターニャ:井坂茜
ザック:石賀和輝
カイラ:仲里美優
アラン:高木裕和
ダイアン: 露詰茉悠
ローリー:小林風花
 
 
 
 

【10月28日発売】「ホモソーシャル」に『男色大鑑』も…!?「ユリイカ 2019年11月臨時増刊号 総特集=日本の男性アイドル」発売!

 
 
10月28日に日本の男性アイドルを特集した「ユリイカ2019年11月臨時増刊号」が発売されます。
目次にはジャニーズから舞台俳優・研究者・歴史上の人物まで幅広い層の名前が並び、
「ジャニーズの関係性はホモソーシャルか――〈絆〉の表現が揺るがすもの」「人形の恋――『男色大鑑』巻八「執念は箱入りの男」 / 井原西鶴」の項目も。気になる方は要チェックです…!
 
 
【概要】
彼らはなぜ歌って踊り、わたしたちはなぜそれを愛するのか

男性アイドルは語られてこなかった。多くのアイドルについての著述がなされるなか、どれだけ総体としての男性アイドルを捉えようとされてきただろうか。あるいはひとつの事務所やメジャーなグループに代表され、それを敷衍しながら論じられることはあっただろう。いや、ほとんどそうであったと言っても過言ではない。およそ戦後の男性アイドルとはその別名であったのだから、けれどもいまそれは超歴史的に俯瞰されなければならない。男性アイドルは批評されなければならない。(公式HPより)
 
 
<商品概要>
商品名:ユリイカ 2019年11月臨時増刊号 総特集=日本の男性アイドル
発売日:2019年10月28日(月)
定価:本体1,600円+税
 
 
 

【発売中】「舞台観劇を2.5倍楽しめる手帳」グレードアップした2020年版が発売中!

 
 
「舞台観劇を2.5倍楽しめる手帳」2020年度版が全国アイメイトなどで発売中!
 
新年度版は2019年度版を使用したファンの意見や、舞台観劇ファンの女性スタッフの意見をもとに、
用紙の軽量化や書き込みスペースの増加、ページの開きなどをグレードアップ!
 
 
<商品概要>
発行:株式会社ホーム社
発売日:2019年10月18日(金)
仕様:A5判 144ページ ファスナーポケット付き特製カバー、特製スケジュールシール1枚付き
価格:本体 2,000円+税
販売方法:全国アニメイト、他イベント等で販売
 
 
 

【2020年4月より】『デュラララ!!』舞台化決定!

 
 
成田良悟原作の群像劇 『デュラララ!!』が舞台化決定!
TVアニメ放送開始から10年の節目となる2020年、“非日常”がまた始まるーーー。
 
 
<公演概要>
原作:成田良悟『デュラララ!!』(電撃文庫刊)
原作イラスト:ヤスダスズヒト
公演期間:2020年4月・5月
開催会場:東京・愛知・大阪
脚本:高木 登
演出:毛利亘宏
 
 
 

【2020年2月14日より】舞台『おおきく振りかぶって』初演作再演&新作 ダブルヘッダー特別公演

 
 
舞台「おおきく振りかぶって」伝説の初演作の再演がついに決定!
そしてシリーズ第三弾となる完全新作を同時上演!
2020年2月、ダブルヘッダー特別公演開開幕!!
 
 
<公演概要>
公演名:ダブルヘッダー特別公演『おおきく振りかぶって』『おおきく振りかぶって 秋の大会編』
公演期間:2020年2月14日(金)~ 2月24日(月・祝)
脚本・演出:成井豊
詳細はこちら
 
 
 

【2020年春上演予定】『あおざくら 防衛大学校物語』舞台化決定!

 
 
少年サンデーにて大人気連載中の『あおざくら 防衛大学校物語』が舞台化!
主役の近藤勇美役を演じるのは、映画やTVドラマで活躍中の本郷奏多さん。

また、同キャストでTVドラマ化も決定しており、MBSドラマ特区枠にて10月31日(木)から毎週木曜深夜0:59~放送スタートです。
 
【あらすじ】
主人公の近藤勇美(高校3年)は成績優秀だが、実家の経済的事情から進路の選択を迫られる。
そんなある日、入学金・学費が免除される上、毎月手当が出るという防衛大学校を知り、同校への進学を志望する。
高校を卒業して防大に着校した近藤は、対番を務めることになった松平容介や、それぞれ様々な目標を持つ沖田蒼司、原田忠、武井寅明といった仲間と出会い、新たな生活の一歩を踏み出すが、入校式を終えると部屋長の坂木龍也やサブ部屋長の西脇鷹史をはじめ上級生たちの態度は激変し、厳しい指導が始まる。
そんな防大生活を、仲間たちと共に、時に苦しみ、時に喜び、成長していく疾風怒濤の青春物語である。
ドラマ公式HPより)
 
公式Twitter
 
 
 

【12月より】「AD-LIVE」2018&10周年公演がテレビ初放送決定!全4公演、合計20公演をお届け!

 
 
『AD-LIVE 2018』&『AD-LIVE 10th annivery~とてもスケジュールがあいました~』
12月より全20公演をテレビ初放送決定!
記念すべき10周年を彩る公演の数々を、余すことなくお楽しみいただけるこの機会にぜひご期待ください!
 
 
『AD-LIVE 2018』(2018年・全16公演)
【放送内容】
<埼玉公演(1日目)昼・夜公演> 寺島拓篤 × 中村悠一
<埼玉公演(2日目)昼・夜公演> 関 智一 × 福圓美里
<埼玉公演(3日目)昼・夜公演> 蒼井翔太 × 岩田光央
<埼玉公演(4日目)昼・夜公演> 梶 裕貴 × 羽多野渉
<神奈川公演(1日目)昼・夜公演> 石川界人 × 鳥海浩輔
<神奈川公演(2日目)昼・夜公演> 櫻井孝宏 × 前野智昭
<大阪公演(1日目)昼・夜公演> 小野賢章 × 下野 紘
<大阪公演(2日目)昼・夜公演> 浅沼晋太郎 × 津田健次郎
※全日出演:鈴村健一


【作品概要】
2018年のテーマは「究極のアドリブ」。決まっているのは「世界観」と「最後の行動」のみ。
「ストーリー」自体も、出演者が「アドリブ」で生み出していきます!さらに総合プロデューサー・鈴村健一さんは、なんと全公演にストーリーテラー役として出演!


『AD-LIVE 10th annivery~とてもスケジュールがあいました~』(2018年・全4公演)
【放送内容】
<仙台公演(1日目)昼・夜公演>
蒼井翔太 × 浅沼晋太郎 × 梶 裕貴 × 下野 紘 × 寺島拓篤 × 鈴村健一
<仙台公演(2日目)昼・夜公演>
岩田光央 × 小野賢章 × 櫻井孝宏 × 鈴村健一 × 森久保祥太郎 × 浅沼晋太郎

【作品概要】
10周年記念の特別公演となった本公演の出演者はなんと……5人!
過去最大でも3人だった「AD-LIVE」を前代未聞の5人で敢行。さらにそこへ、ストーリーテラー役の1名を加え、物語が描かれます。また、10周年記念公演では、森久保祥太郎さんも出演!
 
 
 
 

【2020年12月】映画「チョコレートドーナツ」舞台化

 
 
実話から生まれた感動作、映画『チョコレートドーナツ』が2020年12月に舞台化決定!
 
こちらは2020年3月13日(金)にグランドオープンするPARCO劇場(渋谷PARCO)のオープニングシリーズラインナップ14作が発表された際に明らかになりました。
詳しい情報は未発表のため、気になる方は公式サイトを随時チェックです…!
 
 
公演名:『チョコレートドーナツ』
公演日程:2020年12月
作:トラビス・ファイン
脚本:谷賢一
演出:宮本亞門
 
 
 

【2020年3月12日から】ブロードウェイミュージカル『レント』JAPAN TOUR 2020

 
 
伝説のブロードウェイミュージカル『レント』、オリジナル演出版であの感動が再び蘇る!
 
【STORY】
ACT ONE

ニューヨークのイーストヴィレッジに暮らす、シンガーソングライターのロジャーと映像作家のマーク。
夢を追い求める人生に現実は厳しく、二人はアパートのロフトの家賃も払えずにいる。
ロジャーは、共にHIVポジティヴと知った恋人が自殺して以来ロフトにこもりっきり。
一方のマークは、女性弁護士ジョアンとつきあい出した元恋人のパフォーマンスアーティスト、
モーリーンに今も振り回されている。

今日はクリスマスイヴ。

しかし、ロフトの大家で元ルームメイトのベニーは「家賃が払えないなら立ち退きを」と迫ってくる。
ロジャーとマークの親友コリンズは路上で強盗に遭うが、
ストリートドラマーでドラァグクイーンのエンジェルに介抱され、
共にHIVポジティヴの二人は恋に落ちる。

ロジャーはSMクラブのダンサー、ミミに惹かれるが前に進めない。
しかし「大切なのは今」というミミの言葉に揺り動かされ、
彼女もHIVポジティヴであると知ったロジャーはようやく心を開き、
降りしきる雪の中、二人は優しいキスを交わす。



ACT TWO

新年を迎え、新しい生活が始まる。
ロジャーはミミと、コリンズはエンジェルと暮らし始め、
マークは家賃を稼ぐためワイドショーと契約。
しかし、ロジャーはドラッグに依存するミミを受け入れられず、
AIDSを発病したエンジェルは永遠の別れを迎えた。

季節は巡り、離散する仲間たち。
元恋人のベニーと再びつきあい出したミミから逃げるように、
ロジャーはサンタフェへ旅立つ。

二度目のクリスマスイヴ。

マークはついに自分の作品を完成させ、ロジャーは大切な曲を書き上げようとNYへ戻ってきた。
そこへ、行方不明になっていたミミが瀕死の状態で運び込まれる。
つのる想いを歌にして聴かせるロジャー。
命の灯火が消えかけたミミの心に、そのメロディーは届くのか……。


<公演詳細>
公演期間:2020年3月12日(木) 〜 29日(日)
劇場:東京建物 Brillia HALL
脚本・作曲・作詞:ジョナサン・ラーソン
初演版演出:マイケル・グライフ
出演:アメリカカンパニー
チケット:S席14,000円/A席11,000円/B席9,000円/エンジェルシート 7,000円(当日会場にて抽選販売(枚数限定)。前売・予約販売はございません。)
 
詳細はこちら
 
 
 

【2020年3月27日から】ハダカ座公演 vol.2『ストリップ海峡』

 
 
2020年3月27日から4月3日まで東京・新宿FACEにて、ハダカ座公演 vol.2『ストリップ海峡』の上演が決定!
出演は、石田隼、古谷大和、芹沢尚哉、藤原祐規が続投。
前代未聞の激熱ステージ!続報が楽しみです♪
 
【前作、ハダカ座公演 vol.1『ストリップ学園』のあらすじ】
常識禁!?
good morning N゜5の澤田育子が作演を手掛け、CLIEとタッグを組んだ
前代未聞のドラマチック&乙女チック&エキセントリックなストリップステージ、誕生。
常識なんか捨てて丸裸になれ!
 
 
<公演詳細>
公演期間:2020年3月27日(金)~ 4月3日(金)
劇場:新宿 FACE
脚本・演出:澤田育子
音楽:金子隆博
 
<キャスト>
石田 隼、古谷大和、芹沢尚哉、藤原裕規
ロッキン=ヨーコ、久保田南美、千代田信一、藤田記子、小林顕作、ほか
 
 
 
 

【2020年1月10日】舞台「憂国のモリアーティ」

 
 
2020年1月10日より、舞台「憂国のモリアーティ」が東京・大阪の2都市で上演決定!
今年の5月にはミュージカル版が上演されていました。
 
【INTRODUCTION】
時は19世紀末、大英帝国最盛期
パクス・ブリタニカのロンドン――。
古くから根付く完全階級制度により、上流階級の人間達に支配されている「大英帝国」。
生まれ落ちた時から一生涯の身分が決まるこの社会制度は、必然的に人間同士の差別を生んだ。
そんな中、階級制度による悪を取り除き、理想の国を作ろうとする青年がいた。

これはジェームズ・モリアーティ、
或いはシャーロック・ホームズの敵の話――。
 
<公演日程>
■東京公演:2020年1月10日(金) ~ 1月19日(日) EX THEATER ROPPONGI
■大阪公演:2020年1月31日(金) ~ 2月2日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
 
<スタッフ>
原作:構成 竹内良輔/漫画 三好 輝
脚本・演出:西田大輔
主催:舞台「憂国のモリアーティ」製作委員会
制作:バンダイナムコライブクリエイティブ/Office ENDLESS
 
<キャスト>
ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ:荒牧慶彦
アルバート・ジェームズ・モリアーティ:瀬戸祐介
ルイス・ジェームズ・モリアーティ:糸川耀士郎
ほか
 
 
 
 

【4月5日から】「髑髏城の七人」全6作を<ゲキ×シネ>連続上映!

 
 

2017年3月から1年3ヶ月にわたり、花・鳥・風・月(上弦の月/下弦の月)・極(『修羅天魔』)と5シーズン6作品に分けロングラン上演された劇団☆新感線の『髑髏城の七人』。

作品ごとに集まった日本を代表する豪華キャストに加え、日本初の360°回転シアター「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演として上演された事でも話題を集め、全6作品累計55万人を動員した人気舞台が、演劇の映像を映画館で楽しむ 《ゲキ×シネ》 の最新作としてついに登場!

今回上映される『髑髏城の七人』の《ゲキ×シネ》版では、作品ごとに映像版の監督を擁立、映像はスクリーン向けに新たに編集、音声も劇場向けにリミックスされています。すでに実施されたライブビューイングや放送とは一味違う、洗練されたクオリティと臨場感溢れる映像を、映画館の大スクリーン&高音質で体感することができます。

今年39周年を迎える劇団☆新感線。その活躍をぜひ全国の映画館でもお楽しみください!(公式HPより)
 
<概要>
2019年3月8日(金)より新宿バルト9他にて《花》の上映がスタート!
その後、年間を通じて全6作を各館で順次上映します。《鳥》以降の上映はスケジュールは順次発表予定

【チケット】一般2,000円(税込) 

・特別興行料金につき、各種割引は適用不可となります。
また、各種招待券や無料鑑賞券等もご使用いただけません。
・各上映館窓口及びオンラインシステムにて発売予定。
・発売日は通常上映の3~4日からとなります。詳細は各上映館にてご確認ください。
 
 

コメント11

投稿順|最新順

1番上の2作品、キャストが全然違いますよ…何か別のをコピペしちゃってる…

10/9〜ミュージカル「ストーリーオブマイライフ」も載せて欲しいです。
男性二人のミュージカルで非常に文学的で美しい作品でした。(ちるちる的にも載せるべき芝居かなと。)

矢代じゃなくて八代拓じゃね?

舞台情報を載せてくれるのはありがたいけれど、一度の情報量が多すぎです。
いくつか、公演時期とか作品内容とかによって、記事を分けてアップしてもらいたいです。
スクロールが長すぎて、せっかく記事にして情報を載せてもらっても最後まで見ない気がします。

怜々蒐集譚、キネマもキノドラマも良かったですよね。
舞台は南達3人のやり取りが可愛かったし、キネマの方は烏鷺と乙貝に萌えたし、キネマは匂い系BLの実写化としても最上の出来だと思う。
イヴ・サンローランはイヴとピエールを演じた東山さんと大山さんの体格差と佇まいに萌えました。
もちろん皆さん歌もすごいし、ガッツリとミュージカルでした。

怜々蒐集譚、キネマもキノドラマもとても良かったです。
見終わった後にしんどくなるのが大丈夫な方にはおすすめです。

「スリル・ミー」観てきました。
すごくよかった。
劇場の大きさもちょうどいい位にこじんまりしていて、二人の歌とピアノ1台のシンプルな舞台に合っていました。
席も、平日の昼なのに補助椅子まで埋まってました。
登場キャラが二人きりだったりすると、普段使っているぴあやe+の出演俳優さん由来のおススメからは情報を見逃しがちなので、ここで見つけて良かったです。
これ、別キャスト組でも観てみたかったけど、1公演しかチケット取れなかったの。
人気なのも納得の作品でした。

個人的に舞台化されないか心待ちにしているのが、「古書店街の橋姫」です。2.5でなくお芝居として見たい。これほど舞台との親和性が高い作品は無いと思うんだけどな…。
もし演出家に生まれ変われたら、こういう作品を手掛けたいな。果てしなくやり甲斐ありそう、、。

疲れるならツイ見なきゃいいし公式のお知らせ部分だけ読めば良い
情報の取捨選択は自己責任

2.5好きだけど・・好きなんだけど・・・界隈で諸々疲れるんですよね・・・
商業BLのように、もっと気楽に楽しめたらいいのだけれど・・(ネガ発言ですみません)

舞台の情報は見逃しがちなので、こういう風に事前にニュースでお知らせしてもらえるのいいですね(*^^*)

PAGE TOP