BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

汚されたメガネ♥ エリートメガネ受けBL4選

2018/05/27 10:15

澄ました表情がグズグズに崩れる…そんなギャップがたまらない‼

 

普段はプライド高く、クールな身のこなしで日々を過ごすエリート。しかしエッチになると途端にその仮面が剥がれ、快楽でトロトロに……♥ そんなエリートメガネ受けはお好きですか?

 

今回はそんなギャップがヤバい! エリートメガネ受けBLをご紹介致します!

 

 

乱れた髪から漂う色気…

はつこいの死霊』作:草間さかえ

 

 
☆コメント
エリートメガネさんが強引にされちゃう展開があり! エロがかなり充実している作品の上、読後になにか語りたくなる、まさにちるちるユーザーさん向けの作品です!
かなり前の作品になりますが、ぜひ読んでみてください。
恋愛から距離をおき、ドライな関係を築くことを心がけていた裕一。しかし智に強引に攻められるたび、どんどん絆されてゆき……。無理やり襲われていた関係から、智にご奉仕するまでになってしまう関係性の変化がたまらんです!  そして撫で付けた髪が乱れる様が色気バツグン。お話はシリアスですが痛々しさもなく、色気たっぷりな裕一に萌えが止まりません!

☆あらすじ
母親の浮気に嫌気がさしていた智はアパートの隣人である裕一と仲良くなる。誰かを好きになることはない、無意味だ、という智に「それでもきっと誰かを好きになるよ」と慰められた夏休みのある出来事。それが10年後に初恋の死霊となって息を吹き返すとは思ってもいなかった…。全ての不幸の元は初恋の祟りである。
 
 

エリート役人の本性は面食い魔性ビッチ⁉

あまえるケダモノ』作:筋

 


☆コメント
年下DKにここまで痴態を晒すか? というエリート官僚メガネが楽しめます。そして、えっ? これが筋先生……と思うくらいエロのてんこ盛り!
「80%はエロ」とレビューにかかれていますが、そのスピード感あるHでどんどん物語に引き込まれていくというノリがすばらしいです。
神童と呼ばれる秀才高校生×文科省勤務のサラリーマンというエリート同士のカプ。しかし本性は非童貞のチャラ男×童貞食いの淫乱で!? 夜になると快楽に溺れ、トロトロになってしまう冴木がえろすぎます! 普段見せる物腰柔らかい仕草とのギャップにも注目。普段はこんなにデキるエリートなのに、本城の前になると”おねだり”してしまうその姿に萌え死にそう……♥

 

☆あらすじ
文科省勤務のエリート・冴木の真の姿は、ノンケの童貞ばかりを漁って食い散らかす超絶ビッチ!そんな冴木が、上司からとある超名門男子高校への潜入調査を命じられる。そこの生徒会長である本城圭が、国を代表する交換留学生に相応しいかどうか見定めるためだ。
童貞食い放題♪と浮かれていた冴木だが、その夜頭のユルそうなチャラ男(非童貞)に誘われ、屈辱的にも一方的に弄ばれてしまう。身体の疼きが引かぬまま迎えた本城との初対面、あまりに隙のない笑顔と所作に何故か妙な違和感を覚え――?

 

 

ゴミを見るような目で俺を見てくれ!!!

蔑んでください、泉川さん』作:村上キャンプ

 

 

☆コメント
エリート社員・泉川さんに蔑まれながら騎乗位されたり、アソコをなじられたりする妄想で自慰をしている阿久津。しかしそんな泉川さんは妄想で、実際はクールで落ち着いた美人メガネ。控えめながら敏感に感じちゃう泉川さんがえろかわいくてときめきます! 描き下ろしでは実際に、阿久津を蔑みながら襲う(!?)彼の姿も楽しめますよ♪ 


☆あらすじ

俺の妄想はふくらみ放題…!! 蔑まれると興奮しちゃうヤバイ性癖を持つお笑い芸人の阿久津は、清掃バイト先で働くエリート社員・泉川に、騎乗位で責められる妄想をしながら一人エッチするのが日課。ある日、俺の出演するお笑いライブを泉川に観てもらうことに。彼の人柄に触れ、阿久津の妄想はさらにエスカレートして…!?

 

 

淫猥な美しさに思わずため息…

グラン・ギニョール』作:本仁戻

 
 
☆コメント
同性愛が罪悪とされていた時代、互いに惹かれ合いながらも体を交えることを避けていた須蛾子爵とコンラート。そんな子爵がセックスの代替手段として行ったのが、他の男性と交わるところを眺めるというもので……。美人執事のコンラートは二人の男性に肢体をまさぐられてしまうのですが、それでもなんと美しいことか……。激しく乱れながらも高潔さを失わない彼の美しさにため息が漏れてしまいます。

☆あらすじ
「僕の執事になって欲しい」
ドイツ旅行中の須蛾子爵に請われ、国を捨て彼の忠実な僕となったコンラート。「男娼」と噂されるが、互いへの愛の"高潔さの証"として決して交わろうとはしなかった。
だがある晩、コンラートは怪しげな屋敷に連れて行かれ、主人の欲望を満たすために目前で、「醜悪な痴態」を演じることを強要される…!!
 
 
 
気になる作品は見つかりましたか?
クールなメガネ受けはなんとも言えない背徳感と耽美さを感じさせられますよね。これからも増えろ、エリートメガネ受け‼
 

 
記者:大福

関連作家・声優

PAGE TOP