BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

韓国の本屋さんのBLコーナーってどうなってるの? 突撃レポート!

2018/06/17 17:44

BL漫画には韓国だけの特典も…!? 韓国のオタ活スポットに迫る!

 

今年初めには大人気のアイドル育成ゲーム「あんさんぶるスターズ」の韓国版がリリースされるなど、お隣の国韓国でも日本発のオタクカルチャーは大人気!
日本のBL漫画やBL小説の訳書も多数出版されており、BL専門の漫画雑誌も出版されているほど。
韓国にもたくさんのBLを愛する女性たちが存在しているのです。

韓国の腐女子はプニョジャと呼ばれており、直訳すると婦女子の意なのですが、韓国では漢字を日常的に使う文化がないため、日本でいう元ネタをそのまま使っているようです。
今では使っている人はあまり見かけませんが、やおいと女を掛け合わせたヤオニョなんて呼び方も。

では、そんな韓国腐女子の集うオタクスポットはどうなっているのか!?

韓国腐女子の生活を垣間見るべく、今回は韓国・ソウルの「アニメイト」と漫画専門店「ブックセトン」に行ってみました!


アニメイトソウル龍山

2017年12月にオープンしたこちらは、韓国第一号となるアニメイト。龍山駅のI'Park MALL6階に軒を連ねています。
韓国のショッピングモールにありがちな店と店の間に壁がないタイプの店構えとなっており、日本でよくみるアニメイトとはかなり印象が違うような……。なんだかオシャレな感じがします。

 


しかし、トレードマークの青色の棚は健在! アニメ店長とアニメイトのロゴもしっかり入っています。

 

 

 


訪問時は「おそ松さんショップin韓国」の期間中だったため、ビビンバをバックに韓国の伝統衣装に身を包んだ6人がお出迎えしてくれました。

 


アニメイトお馴染みの人気投票とふせんの交流コーナーもありました。

ショッピングモールの中ということもあり品揃えはグッズに特化されていましたが、女性向けも男性向けの比率は同じくらいの印象でした。
残念ながらほぼ全て日本からの輸入品なので韓国お土産をゲットすることは難しいですが、韓国限定キャンペーンなども開催されているので、ぜひぜひ観光気分でお立ち寄りください♪



ブックセトン文庫

若者の街、ホンデにある「ブックセトン文庫」は漫画やライトノベル、画集などのオタク向けの本を取り扱う専門書店。韓国では書店の実店舗は珍しく、大きな総合書店が無い代わりに本の種類を絞った本屋さんが多い傾向にあります。その中でもここブックセトン文庫は漫画系書店の中でも韓国有数の品揃えを誇っているのです。

 

 


この書店の特徴はなんといってもBLコーナーの広さ!
年齢制限に厳しい韓国では過激なBLは20禁となっているため売り場が隔離された形になっており、なんとこの一角全てがBLコーナーなのです。

 

 

 



日本でも見慣れた表紙がズラリ。
やはり日本の訳書が多い傾向にあります。

 


こちらは韓国オリジナルのBL漫画「ナムチンイッソヨ」。
韓国語の台詞は横書きで書かれるため、日本の漫画とは違って左綴じになっています。

 


BLレーベル「BLovers comics」のコーナーは手作り感あふれる飾り付けが。

 


ただ翻訳するだけではなく、韓国オリジナルの特典がついた訳書も!
オリジナル特典であるクリアカードのついた上田規代先生の『王子様の受難』とさがの先生の『働き蜂は誰に蜜を捧げるか』が陳列されています。

 

 

店内の売上ランキングはBL漫画が上位にズラリ!
BL売り場の広さを裏付ける人気が伺えます。

 

 

 


レジ横には同人誌即売会などの持ち寄りチラシコーナーが。
様々なジャンルが並ぶなか、ナマモノであるK-POPアイドルのカップリングオンリーのチラシが並んでいるのも韓国ならではかもしれません。



韓国でしか買えない訳書やオリジナル特典などなど、韓国お土産に持ってこい!?
ホンデは観光地としても人気の街なので、ショッピングの選択肢にBL漫画をいれるのもアリではないでしょうか♡



以上、韓国のオタクスポットである「アニメイトソウル龍山」と「ブックセトン」を紹介しました!
韓国旅行の際にはぜひぜひ行ってみてくださいね♪

関連外部サイト

PAGE TOP