BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

3分でわかるボーイズラブとは何か…!? 誰でもわかるBLの魅力を解説

2018/06/19 15:46


これまでボーイズラブと腐女子の説明にはあまたの言葉が費やされてきましたが、なかなか本質を理解してもらえていないような気がします。かといって

ボーイズラブ】…男同士の恋愛を表わしたものである。
腐女子】…ボーイズラブ(BL)を好きな女性のことを「腐女子(ふじょし)」と呼ぶ。

と紋切り型の説明になると、そんなこと知ってるよ、と言われてしまいそうです。ボーイズラブと腐女子を短時間で的確に説明するのは難しいのでしょうか?

そこでこれから誤解を恐れずボーイズラブ(BL)と腐女子の理解ポイントを、たった3分で理解してもらう、という超俺様説明をしてみようと思います。

世の女性達を魅了するBLの特徴は以下の5つに尽きると思います!

これを熱心に語れば、BLと腐女子のことをイッパツで理解してもらえる!
もしくはドン引きして二度と口を聞いてもらえないか!
のどちらかですが、きっと腐女子の世界を今まで以上にわかってもらえるはずです。

 

女はイケメン同士が絡んでるのが好き→ここがBLの原点



女性って、男性アイドルなどを見るのも好きですよね。美少年同士が絡んでいると「キャー」と黄色い声が上がったりなども珍しくないです。
漫画やアニメなどの二次元でも、イケメン同士が仲良くしているとなぜだか嬉しくなります。(顔年齢10代~20代)
そんなところからBLにハマっていく女性達が続出するのです。つまりここがボーイズラブの原点というわけです。

でも個々人でハマり度は当然違いますね。
そこで「ガチ腐女子」と「ソフト腐女子」とハマり具合で分別されるのです。
ソフト腐女子は絡みを見てキャッキャと楽しめる方々。テレビやライブなどでアイドルが絡んでいて「萌える~!」となる方がこのあたりに当てはめられるでしょう。
ガチ腐女子はそこから妄想を繰り広げて深いところまで掘り下げてしまう方々です。「このシーンでこんな台詞吐いた! 絶対この二人はデキてる…」という腐女子から「ガチムチBLに目がない」などと自らBLを探しだす腐女子など…。
腐女子といっても幅広いので、「腐女子だからこう」と決めつけるのはあまりよくないですね。

 

 

BLは性行為を伴う(尻の穴を使う)

 

 

BLはエッチなものもあれば、全くそうでないものも、幅広く存在しています。BLだからといってエロ本なわけではありませんが、ほとんどの作品は性行為が伴います。では
「男同士の恋愛って言うけど、性行為とかってどうするの?」という疑問がわくかもしれません。
BLで性行為を伴う場合、お尻の穴を使用します。


お尻の穴に挿れられる側が「受け」、挿れる側が「攻め」と呼ばれます。
「攻め」×「受け」がこれでわかりましたね。
性別が同じだからこそ役割を振らなければならないのですが、同じ性別だからこそ逆にもなれるというのが対等な関係を表せたりなどしてそこにキュンとする女性達もいらっしゃるのではないでしょうか?

受けか攻めか…それも男同士だからこそ最初から決めつけられていないところがいいのです。

ジェンダー…「らしさ」からの解放ですね。


キャラそれぞれに【属性がある

 

 

「属性」と言うと難しく感じますが、【年下×年上】【俺様×健気】など、そういったことです。少女漫画であれば【後輩×ヒロイン】【俺様×ヒロイン】となりますね。
BLではキャラを属性化、記号化して表現することがほとんどです。
ボーイズラブはクズやビッチ、少年愛(ショタ)やゲイ、ノンケ(元々恋愛対象が女性の人)など、色々な人が登場します。少女漫画ヒロインは、元気でいい子キャラでないと読者に嫌われてしまうことが多いですが、BLは他の恋愛漫画で実現できない様々なキャラ属性とシチュエーションのラブが可能になりやすいのです。

学園ドラマ(高校生、大学生)、社内ラブ、売春、SFなど…。あげていたらキリがありませんがBLの世界でもたくさんの物語が繰り広げられています。


壁を乗り越える愛は時代を超えて好まれる

 

 

「禁断の愛」って今も昔も切なくて好きな方も多いですよね。
BLはそんな禁断の愛の象徴でもあります。日本では男同士だから最終的に結婚が出来ないというつらさ、人前での行動が制限される背徳感…様々な要素が女性達を虜にします。同性愛ならではの切なさやときめきなどがあるのです。

今ではLGBTなどで同性愛は身近なものになってきていますが、ファンタジーや物語の世界として、壁を乗り越える愛は時代を超えて好まれるものです。

 

 

女が居ないことによって現実逃避ができる世界→読んでいる自分は傍観者である

 

 

ついつい自分を投影してしまう「女キャラが居ないこと」というのも重要なポイントです。ボーイズラブは基本的に男同士で恋愛をしてくれます。

登場する女性は当て馬や良いアドバイスをするポジションにいることが多いです。
感情移入することはあれどあくまでも自分は傍観者なのです。

傍観者だからこそ純粋に二人の幸せを願うことが出来ます。その純粋さがたまらなく心地よく、現実逃避にとても良いのでしょう。

そのように少女漫画を読んでいる時とは違った癒やしがBLにはあるのだと思います。

 

以上、5つのポイントからボーイズラブを説明してきました。

男同士の恋愛はハードルがいくつもあります。それを乗り越えてまで一緒になるそれこそが本当の「純愛」として捉えられ、様々な女性を虜にしているのではないでしょうか?

PAGE TOP