BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

夏の文庫100冊に隠されたニアBL! 腐女子にオススメの10冊ご紹介します♥

2018/07/31 14:52

バディものやツンデレイケメン、名作まで 夏は読書で優雅に過ごそう!

 

 

新潮文庫の100冊、集英社文庫の#ナツイチ、角川文庫の#カドフェス を駅の本屋さんから調達してきました! 文庫ごとに黄、青、緑とカラーが違いますが ゆるキャラ2冊VS細川アニメ1冊の対決です! #角川文庫 は、角川だけにどことなくラノベってる内容です。 そしてカテゴリーの付け方もほかの2冊とちがいます。 #新潮文庫 と#集英社文庫 は、どことなく似たカテゴリー。 新潮文庫は「シビレル本」「ヤバイ本」とハードBLっぽいカテゴリーですが 集英社文庫は「ほっこりする本」「切ない本」などピュアBLっぽいカテゴリーです。 夏の文庫小冊子、最近ちょっと時間と心の余裕ができて手にとってみましたが 違いがありますね。 この選書をBL記事ネタにつかってやるぞ! #BL#腐女子#ちるちる

ちるちる 腐女子のポータルサイトさん(@chill2bl)がシェアした投稿 -2018年 7月月18日午前2時11分PDT


集英社の「ナツイチ」、新潮社の「新潮文庫の100冊」、KADOKAWAの「カドフェス」の3社の小説おすすめ小冊子が出揃いました!
夏にオススメの本を発表する企画「夏の100冊」フェア。本屋さんに行ってこの企画を見ると、「夏が来たな~」と感じる人も多いのではないでしょうか。そんな夏の風物詩「夏の100冊」フェアに紹介されていた本の中から、ブロマンスや萌え男子などBLファンの琴線に触れるであろう作品を10作品ピックアップしてご紹介! 夏の読書の参考になれば幸いです!

集英社「ナツイチ」はバディものの宝庫!


集英社の「夏の100冊」フェアで要注目な作品は、ズバリ「バディもの」!! 2人の男性が事件を解決するにつれて深まる信頼関係に、ついつい深読みしてしまいます。ご紹介するのはいずれもミステリー作品ですので、続きが気になる怒涛の展開に、夏バテしてしまい頭が働かない……という方でもスラスラ読めます!

『宝石商リチャード氏の謎鑑定』作:辻村七子



美しいけれど、正義の前では子供っぽい一面を見せるリチャードと、天然でリチャードを尊敬しまくる正義の関係性には、腐の匂いがそこはかとなく香ってきます♥ ミステリーですがエピソードが重すぎないので、腐を求めるBLファンにうってつけの一冊です!

STORY
酔っ払いに絡まれる美貌の外国人・リチャード氏を助けた正義。彼が国内外に顧客をもつ敏腕宝石商と知り、誰にも言えない曰くつきのピンク・サファイアの鑑定を依頼する。祖母が死ぬまで守っていたその宝石が秘めた切ない“謎”がリチャード氏により解かれるとき、正義の心に甦るのは…?美しく輝く宝石に宿る人の心の謎を鮮やかに解き明かすジュエル・ミステリー!!

『うずら大名』作:畠中恵

 


女性人気が非常に高い『しゃばけ』シリーズの作者が描く、江戸ものバディ作品。身分は違えど、かつて同じ道場に通っていた旧友同士の吉之助と有月の友情になごみ、マスコットキャラクターのうずら・佐久夜の可愛さにひたすら癒されます!

STORY
泣き虫でへっぴり腰の吉之助。東豊島村の豪農で名主の彼は、ある日、辻斬りに襲われたところを、一羽の鶉とその飼い主に助けられる。飼い主の名は有月。自称大名で、吉之助とはその昔、同じ道場に通った仲だった。一方、江戸では、大名に金を貸す大名貸しと呼ばれる豪農らが、次々と急死。有月が真相を探ることに…。二人と一羽の異色トリオが、幕府を陥れる謀略に挑む!新たな畠中ワールドの開幕。

『浮雲心霊奇譚 赤眼の理』作:神永学



大人気小説シリーズ『心霊探偵 八雲』と対をなす物語ですが、単品でも十分に楽しめる作品。テンポの良さと登場キャラクターたちの濃さで、サクサク読み進めることができます。何といっても、ひねくれ者だけど優しい浮雲と、共に行動する真っ直ぐな八十八の正反対コンビが魅力的!

STORY
時は江戸末期。絵師を目指す青年・八十八は、夜道で幽霊に出くわして以来、奇妙な行動を取るようになった姉を救うため、憑きもの落としの名人に会いに行く。肌が異様に白く、両眼を覆うように赤い布を巻いた男。名を、浮雲という。布の下に隠した赤い両眼で死者の魂が見えるという破天荒な浮雲と行動を共にするうち、八十八の前には新たな世界が見えてきた―。幕末ミステリー、堂々開幕!

 

KADOKAWA「カドフェス」のカワイイ男子たちにキュン♥


KADOKAWAの「夏の100冊」フェアでは、心ときめく男性キャラクターが登場する作品がラインナップされています! ツンデレイケメンや黒猫王子など、かわいい男子に癒されたい方は要チェックですよ!

『黒猫王子の喫茶店 お客様は猫様です』作:高橋由太

 


主人公の崖っぷちアラサー女子が、人間に変身できる猫たちと喫茶店を切り盛りすることになるゆるふわ系コメディ。登場する猫たちは総じてイケメンで、人に化けるときはみんな素っ裸になります!(笑) イケメンと猫と同時に戯れることができて、一石二鳥な作品です♥

STORY
就職難にあえぐ崖っぷち女子の胡桃。やっと見つけた職場は美しい西欧風の喫茶店だった。店長はなぜか着物姿の青年。不機嫌そうな美貌に見た目通りの口の悪さ。問題は彼が猫であること!?いわく、猫は人の姿になることができ、彼らを相手に店を始めるという。胡桃の頭は痛い。だが猫はとても心やさしい生き物で。胡桃は猫の揉め事に関わっては、毎度お人好しぶりを発揮することに。小江戸川越、猫町事件帖始まります!

『キケン』作:有川浩



理系大学生男子の「機械制御研究部」略して「機研(キケン)」という部活動が舞台の物語です。女性キャラクターの登場数は少なく、ほとんど男子学生しか出てきません! 全力投球で無茶をする男子ならではの青春と友情にワクワクが止まらない! 男子校のようなワチャワチャした空気感が好きな方にオススメです。

STORY
ごく一般的な工科大学である成南電気工科大学の「機械制御研究部」。略称「機研“キケン”」のこのサークルは、犯罪スレスレの実験や破壊的行為の数々から「キケン=危険」とおそれられていた。激しすぎる「新入生歓迎実験」、学祭での『奇跡の味』の模擬ラーメン店、驚愕の戦法で挑んだロボット相撲大会…。「キケン」な理系男子たちが繰り広げる、事件だらけ&爆発的熱量の青春の日々。本書は、その黄金期の記録である!

『おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん』作:竹岡葉月

 


ベランダで家庭菜園をする人使いの荒いイケメン・亜潟さんが非常に良いキャラクター! 一度読めば、ギャップ萌えの塊といっても過言ではない亜潟さんの虜になること間違いなしです♥ 家庭菜園の仕方や調理法も作中登場するので、読後にはお腹も胸もいっぱいになっていること請け合いですよ~!

STORY
進学を機に一人暮らしを始めた大学生の栗坂まもりは、お隣住まいのスーツの似合うイケメンデザイナー亜潟葉二に憧れていた。ある時ひょんな事からまもりは葉二に危機を救ってもらうのだが、それは憧れとはほど遠い、彼の真の姿を知る始まりで…!?普段着は黒縁眼鏡にジャージ。ベランダは鉢植えとプランターにあふれ、あげくに草をむしって食いながら「会社辞めてきた」って大丈夫このヒト!?ベランダ菜園男子&野菜クッキングで繋がる、園芸ライフラブストーリー、スタート!

「新潮文庫の100冊」は世界的な名作が勢ぞろい!


新潮社の「夏の100冊」フェアでは、海外の作家が手掛ける名著、日本人作家が手掛ける世界的作品に注目! 長い間世界で読み続けられてきた作品たちは、匂い系でありつつストーリーが重厚なものばかりです。夏の間、集中して読書の世界にどっぷり浸かりたい方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

『車輪の下』作:ヘルマン ヘッセ



神学校に入学した主人公・ハンス少年と親友のハイルナーがキスするシーンがBL界隈では有名な作品。そこにはいやらしさがなく、ピュアな美しさが繊細に描かれています。竹宮惠子先生の『風と木の詩』など、切ない耽美系が好きな方にうってつけの一作です!

STORY
ひたむきな自然児であるだけに傷つきやすい少年ハンスは、周囲の人々の期待にこたえようとひたすら勉強にうちこみ、神学校の入学試験に通った。だが、そこでの生活は少年の心を踏みにじる規則ずくめなものだった。少年らしい反抗に駆りたてられた彼は、学校を去って見習い工として出なおそうとする…。子どもの心と生活とを自らの文学のふるさととするヘッセの代表的自伝小説である。

『シャーロック・ホームズの冒険』作:コナン ドイル



腐的な人気も高い、バディものの最高峰ともいえる作品です! 2012年に放送された映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』でのBL的な展開にときめいた記憶が新しいですが、実は原作は読んだことがないという方も多いのではないでしょうか? 当作品は短編集ですので、長編はハードルが高いという方にもお楽しみいただけます!

STORY
ロンドンにまき起る奇怪な事件を追って神出鬼没する名探偵シャーロック・ホームズは、その怜悧な推理と魅力的な個性で読者を魅了する。近代探偵小説を確立したホームズ物語の第一短編集。赤毛の男が加入した奇妙な組合のからくりを追う『赤髪組合』、乞食を三日やったらやめられない話『唇の捩れた男』など10編。意表をつく事件の展開、軽妙なユーモアがあふれる作品集である。

『キッチン』作:吉本ばなな

 


美しい表現描写と哀しさ、優しさが同居する名作です! 主人公の友人の母親・えり子さんは、なんと元父親でオカマバーに勤めているというという一風変わった登場人物。BL要素はほとんどありませんが、このえり子さんが物語において重要なキーパーソンで、美しく力強い魅力的な人物です! 心を落ち着けて、澄んだ気持ちになりたい時におすすめです。

STORY
私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う―祖母の死、突然の奇妙な同居、不自然であり、自然な日常を、まっすぐな感覚で受けとめ人が死ぬことそして生きることを、世界が不思議な調和にみちていることを、淋しさと優しさの交錯の中であなたに語りかけ、国境も時もこえて読みつがれるロング・ベストセラー、待望の定本決定版。“吉本ばなな”のすべてはここから始まった。

番外編:集英社、KADOKAWA、新潮社すべてで紹介された名作ブロマンス!!


なんと、3社すべてが「夏の100冊」に選出した作品がございました! 選ばれたのは、BLファンの皆様はすでにご存じの方も多い、匂い系の代表格のあの作品! 未読の方は必見ですよ~!!

『こころ』作:夏目漱石

 


言わずと知れた匂い系文学作品『こころ』。 教科書に載るほど有名な作品ですが、「私」と「先生」の師弟を超えたただならぬ関係とやりとりに、ときめきを禁じ得ないBLファンが続出すること間違いなし!

STORY(集英社版より)
「私」は、鎌倉の海で出会った「先生」の不思議な人柄に強く惹かれ、関心を持つ。「先生」が、恋人を得るため親友を裏切り、自殺に追い込んだ過去は、その遺書によって明らかにされてゆく。近代知識人の苦悩を、透徹した文章で描いた著者の代表作。

ライトなものからヘビーなものまで、BLファンにオススメの10冊をご紹介いたしました! 暑くて外に出るのが億劫な時は、ぜひ自宅でゆっくりニアBL一般書籍を読んでみてはいかがでしょうか?

担当BLソムリエ:月町ぴょん  
痛エロ好き黄昏の腐女子兼、not地雷な核シェルター腐女子。どんな破天荒設定でも美味しく頂く低燃費設計だ!!

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント2

投稿順|最新順

こうやって見るとイラストの力って偉大だな。
何冊か気になるし読んでみよう。
どうでもいいけど新潮文庫の紙質がめちゃめちゃ好き。

リチャード氏~はその内アニメ化されそうな気がしてならない

PAGE TOP