BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

巷の腐女子はどこでBLを購入している!? アンケート調査

2018/09/08 14:49

やっぱりトップは通販、2位はアニメショップ!

 
自分以外の腐女子はどこでBL本を買っているのだろう…とふと疑問に思ったことはありませんか?
 
「わたしはいつも通販だけど、地元の書店にお仲間が居たりするんだろうか」なんて思ったり…。他の人に聞いたりなんてしないから、わかりませんよね!
 
そんな訳で、今回ちるちるでは皆様がどこでBL本を購入しているのかアンケートいたしました!
その結果がこちら!
 
 
 
 

新刊の入荷が遅い地域組の通販勢の多さ!

第1位 通販

 

「田舎に住んでいるので、発売日になっても新刊が入荷しない、特典がつかない、入荷に偏りがありすぎるという理由です。都会の本屋の近くに住んでみたいです。」

「特典が付くから。田舎なので近くの書店はほぼ特典ペーパーが付きません。」

「欲しい作品が必ず手に入る。書店では置いてない。」


などなど、やはり「田舎だから書店での入荷がほとんどない」という声が多く上がりました。

特典がつくからという理由の方も多く、なるほど! と唸りました。

 

第2位 アニメショップ

 

「特典のペーパーが付いて来るから、それとポイントの還元率大きいからです。」

「BLをレジに持っていく抵抗感が、書店よりも少ないため。」


との声が多く上がっています。

アニメショップ限定のペーパー特典などが今は豊富!

その上アニメショップなので店員さんにも同類、理解のある方が多いという印象なのでしょう。

また、某アニメショップではポイント還元率がかなり良いのでこつこつ貯めているといつのまにか一冊買えちゃったり…なんてことも。

 

第3位 電子書籍

 

電子書籍が3位なことに筆者は驚きました。今のご時世、もう少し高い順位かとばかり思っていました。電子書籍ではやはり「紙だと嵩張る、スペースがない」「人にバレたくない」「その場で読める」「買うときに恥ずかしくない」などの電子書籍ならではのメリットがそのまま反映されていました。

 

電子端末でしたら人にバレる可能性は限りなく低いですしね。

隠れ腐女子に多い印象です。

 

第4位 大型書店

 

大型の書店では品揃えの豊富さがダントツでした。

たしかに大型の書店ではBLコーナーとしてきちんと棚作りしている所が多いですよね。また逆も然り…。

行き慣れていて本を探しやすいという理由もありました。大型書店となると端末を使い、自分で本の在庫を確認できたりするので、それも大型書店を選ぶ理由なのではないでしょうか。

 

第5位 近所、通勤駅の近くの書店

 

「近い方が行きやすいし本は自分の手に取って買いたい、欲しい本が置いてなくて取り寄せてもらっても割と早く手元に来るから。」

「買ってすぐご褒美にできるから」


などの理由があがりました。確かに家の近くだとすぐに帰って読むことができますね。今日は何を買って帰ろうか…など考えているとモチベーションを保つこともできます。

 

第6位 その他

 

 「中古本屋。ズバリお値段」


などという意見が。また、昔刊行された作品だったりすると手軽に新しくは入手できなかったりしますよね。

 中古本屋も一種の手なんでしょうか…。

 

それぞれの腐女子がそれぞれの場所で楽園を繰り広げているのがわかりましたね。

買う場所は違えど、目的は皆同じ…。そんな腐女子の皆様にどんな書店ならBLを買いやすいか聞いてみました。

 

現在書棚に出ているか出ていないかをリアル連携でスマホから問合せできるようにしてほしい。


確かにリアルタイムで連携していたら、無駄に足を運ぶこともなく済みますよね。素晴らしいハイテク化。電話一本で済む話でもありますが、電話でBL本のタイトルを読み上げるのは恥ずかしかったり…。

 

特に気になったのが

アダルトコーナーのような仕切りが欲しい」「セルフレジにして欲しい


です。たしかに最近のBL本は過激なものが多いので大人向けと分けて欲しかったり、誰にも見られず、他者の視線を気にしない空間で本を選ぶ空間が欲しいですよね。

 

セルフレジが欲しいとの声が多く上がりましたが、皆様よっぽど買ってる商品を見られたくないのだなあと思いました。筆者をセルフレジ推奨派ですが、やはりセキュリティーの事を考えると難しいかもしれませんね。
ほかに印象的な意見はこちらです。

 

「店内を2つに区切る」ことです。
1つ目の区画は、一般的な書籍を置いた空間にする。
2つ目の区画は、オタク系な書籍を置いた空間にする。
書店としては2つでひとつですが、スペースは完全に区切り、それぞれの区画でレジは別々です。(漫画喫茶の喫煙ゾーンと禁煙ゾーンのようなイメージです。)
そうすればそのゾーンにいる人はみんな似たような趣味だと思えるし、レジの店員さんも毎回似たようなジャンルの商品を扱うと思うので、購入側は「レジに持っていくのが恥ずかしい」という思いを少し払拭できるのではないかと思います。


なるほど! と思いました。区画でコーナー分けをすればレジの恥ずかしさは軽減されるかもしれませんね。

ただ、一般の書籍も購入したい場合、レジに二回並ばなくてはならなかったりと課題は山積みですね。フロア分けをして、女性向けフロアでも購入可、一階総合レジでも購入可などにすれば良いのかもしれません。

 

近い未来、誰の目も気にせずに書店で本を購入できるようになれば良いですね。

 

コメント7

投稿順|最新順

ほとんど通販です。紙派なので表紙が過激なものだと迷わず通販です。

以前は一般書店でも多く購入していたのですが、
レジで支払いをしたあとに店員同士が私のほうを見てコソコソと話をしたのを目にして以来、
何となく気まずくというか不快になりまして。
もちろん相手がプロフェッショナルに欠けているし私のせいではないです。
でも不快になる可能性があるのをわかっていて回避しない手はないでしょ、という気持ちです。

それから、他のお客さんへの配慮という意味もあります。
(偽善と感じるかたもいらっしゃるかも知れませんけれど)
BLも認知されてきたとは言え、やはり抵抗がある人もまだまだ多いと思うんです。
他人が買ったものを見るつもりがなくてもレジに並んでいたらつい目に入っちゃうとか。
私も男性がレイプや監禁ものだとわかるような官能小説を堂々と買っていたら不快になりますしね。

平置きじゃなくて平積みっていうんだっけ。間違えちゃった。

近所にある大型書店で新刊は買います。手に入りにくい物はネット購入もしますが、平置きで美しい表紙がたくさん並んでるのを見るのが好きなんです。予定外のジャケ買いもしちゃったりして。私は小説好きなのですが、BL小説はTL小説に明らかにスペースを侵食されてきているので、これ以上取り扱いを減らさないで欲しいという願いも込めて細々とでも買い続けていきます。発売日の開店直後に行って平置き前の台車にあるやつから取って行く時、我ながらオタクだなって感じます(笑)

一般書店でBLをレジにもっていく抵抗感を感じたことがないのですが、それはマイノリティなのかな、、とちょっとさびしく思いました…。

最近はほとんど電子書籍です。実家暮らしなんで親に見つかるのが嫌で(笑)。

普段通販とコミック専門店(アニメショップ含む)の両方を活用しています。入手出来ない本に限って中古ショップです。古い本だと新品は入手不可能だったりするので、中古ショップの存在も有難いです。

リアル書店はどうしても旧刊の在庫が少ないのが難点ですね。年々一般の書店でレジに持って行くのは敷居が高過ぎて。これでも十代、二十代は全然平気でしたねー。

昔は書店のBLコーナーに少数でしたが、よくサラリーマン風男性も見かけましたが、最近は目にする事がないです。通販の普及でしょうか・・。

通販はほとんど利用しないのでこの結果に少しびっくりしました。
前はわざわざアニメショップまで買いに行ってましたが、地元になく不便なので地元で買うようになって、今は電子限定作品を読むことが多いので電子書籍を利用しています。

PAGE TOP