BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

【in台湾】台湾腐女子の性癖バトル、地雷なの?萌えなの?貴女はどっちなの?

2018/09/15 14:37

台湾腐女子の地雷、日本腐女子と意外な共通点が…!

 
先日開催した第801回 ちるちる座談会では、日本腐女子が地雷を大暴露していましたが、台湾のSNSでも似たような話題が取り上げられ、計1,000以上のリプライが届いていました!
 
中国語圏のBL界隈では、日本の漫画だけではなく中国語のオリジナル作品の多さで日々盛り上がっています。
 
その中、いろんな作品の種類があるわけですが、特に読者のベースが多い中国では、気にくわない作品に出会えれば作家さん本人に凸るという失礼な行動をとる読者がたまにいます。
日本ではネット上で「学級会」という議論、または吊し上げの場ができることがありますが、直接行動に出る方はあまりいないのではないかと思います。
中国語圏では作家と読者の間は「あなたの飴、わたしの毒薬」という言葉がよく語られています。作家不可侵の日本とちがって、何かをきっかけにお互いが緊張関係に突入してしまうこともあるようですね。

では日本の腐女子に多く見られる地雷と中国圏の腐女子の地雷はいったいどこまでちがうのか。
地雷についての考え方を今回は紹介していきたいと思います。
 
では、見てまいりましょう!

 

歪んだ・不平等な関係性

 

合意ではないセックス(強姦)、暴力、しかも愛が生まれる

血が繋がっている父子・兄弟

不平等な力関係性

 

これが普通に男女の間でも嫌われますが、特に女性の意識が強い台湾では、こういった相手の気持ちを尊重しない、あるいはないがしろにする関係性を好まないそうです。

日本の10年前のBLを読むと、押し倒しから愛が生まれるストーリーが王道パターンだったように思います。
10年前のような弱みを見せない俺様攻め最近少なくなりましたが、いまでもちるちる検索のキーワードでは「強姦」需要がとても高いので、BLストーリーには欠かせないシチュエーションなのかもしれません。
近親モノはコミックではまれですが、小説では定期的に刊行されています。
また日本ではコミックでは地雷になるけど、小説ならOKという内容があるような気がします。


不合理なシチュエーション


出てくるキャラクターみんなBL

男娼なのに童貞/処女

間違った生理知識

 
 BLはファンタジーだとよく言いいますが、それでもリアルを大事しなきゃ!と思う腐女子もいます。なかなかバランスが難しいですね。
こちらも日本では、かつての商業BLは学園、または会社の男性がみな男好き!というパターンが王道でした。最近この傾向が減っているようですが、2018年に放映され一世を風靡した『おっさんずラブ』の圧倒的なゲイ在籍率。
そうしたファンタジー空間はBLが生き残るには必要な要素なのでしょう。

風俗をしているのに童貞/処女という設定も、そんなキャラいたら人気なんだろうな…というファンタジーの最たるものですね。
でも処女なのに妊娠する系の話も長く語り継がれ勢いを失っていないので、気持ちはわかります。

そしてお尻をいじれば濡れる
かつて「やおい穴」といわれるような器官を創造した日本腐女子ですが、いまでは自然にアナルが濡れることへの違和感は誰も問題提起しようとはしません。しっかり潤滑油を塗り込むシーンなどリアルとファンタジーが折り合いをつけられるシーンが生まれるとよいかもしれませんね。

また洗わないで挿入など、衛生的に問題がありそうですが
BLのHはそうした手間ひまをすべてカットしていますので、事前に腸内をきれいにしておかないとウンがつきます。間違った知識を伝授するのもいけません!

「女性」っぽい受け

 

女みたいに喘ぐ、腰を振る

お母さんみたいな受(なんでも許してしまう)

女体、性転換、男の娘

女性キャラクターを無駄に貶める

 
BLを読んでいるだからこそ、“女性に見える男性”を見たくありません。男性は男性らしく振舞ってほしい、と考える方は多いのではないでしょうか。このような表現をするとちょっと問題かもしれませんが…。
またBLだからといって、女性キャラクターだけ悪役、捨て役みたいな扱いを見たくもありませんよね。

台湾ではBLにおける「女」に敏感

 

「男性であるはずなのに女性に見える/描かれる」のは一番よく取り上げられた地雷ですが、スレッドの中で異議を唱える方がいました。

 

スレッドを要約すると
「女みたいだから嫌い」
と言ってしまうこと自体はれっきとした女性差別になるのではないか。いわゆる「女性らしさ」はしばしネガティブな要素(女々しい、泣き虫、わがまま、軟弱…など)としてとらえられ、社会的な差別を受けているものの、BLを読む女性ですら自分自身が受けた「差別」をBL作品のキャラクターに当てはまってしまうのではないか、という内容です。

 

「男性」だって軟弱であってよいし、泣き虫であってよいのに、それを「男らしくない」、「女みたいだ」で反発するのはその「差別」を受け入れてしまっているのに等しいのでは…と、議論が繰り広げられました。

このあたりの問題はとてもセンシティブなところですね。

 

番外編:性癖の炸裂

 

また地雷スレッドの傍らに、不満を持つ腐女子たちが「性癖を語り合おう」というスレッドが立ちましたが、腐女子が萌えを語りだすと奔放になる一面が伺えます。


ヤンデレ、ツンデレ受、王道だけど定番じゃん、一番好きだわ

ドライオーガニズム、そのあともガンガン突くがよい

お尻は確かに濡れないけど、いっぱい濡れてほしいな~

失禁プレー、尿道プレー、おもちゃプレーたのしす

雄っぱい責め、乳も出していいのよ♡

Dirty talk、淫乱とか雌猫とか最高にそそるぜ

3P、NP、輪姦、乱交とか二輪差しとかたまらんよ

女装、女体化最高かな…

父子、兄弟、血が繋がっているとなお良し

報われない片想い、片方が死ぬ(BAN END大好きですが何か?)

ABに見えるけど実はBA、依存関係とかリバとか、すき。

少年受け、大人と子供の間にある色気がたまらないよ

受×受(百合BL大好き!!!)

クズな男、男の不甲斐なさが、とてもええ

 

◆◆◆

 

最後の最後に、筆者は「もしかして地雷と性癖、両方のスレッドに似たようなこと書かれてません…?」と思い、楽しくリプライを追っていました。

 

最初にも書きましたが、作家さんによって作風は十人十色ですし、読者による性癖も星のように数え切れません!

 

嫌いな人がいれば、好きな人も必ずいる。嫌いなものでも敬遠しつつ敬意を払い、好きなものを読んで盛り上げて満足、萌えれば結果オーライな腐女子HAPPY LIFEを過ごすのは世界のどこでも一緒です♪

 

記者:首長鹿

PAGE TOP