BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

一滴残らず味わいたい!!厳選「精液ごっくんBL」特集☆

2018/09/24 16:23

口移し、ゴムから、すくってペロリ…十人十色の「ごっくん」集めました。



フェラ、口内発射、からのごっくん…。煽るような眼で見上げてくる点そんなシーンにドキドキしてしまう方、多いんじゃないでしょうか? ごっくん描写と言っても様々なパターンがありますよね! 受け攻め関係なくゾクゾクしてしまう行為なのではないでしょうか。中にはきっとアナタが想像のつかないようなものまで…? 今回はそんな「精液ごっくん」の描写がある作品を、小説・コミックス共にご紹介いたします!


ド天然でカワイイ受けの行動に大興奮!!

小説『花嫁は愛の宝石』作:水瀬結月/イラスト:明神翼

 


【あらすじ】
宝石の研究一筋でおまけにゲイゆえに出会いもなく恋愛経験ゼロの渡は、「一生の思い出に残る脱バージン」を決意して男同士の高級風俗店を訪れる。そこで出会ったブラックダイヤモンドのようにセクシーで完璧な色男の鷹城に一目で恋に堕ちてしまう♥ゴージャスなホテルに連れられ、甘いキスと熱く淫らな愛撫に啼かされ続ける渡。濃厚すぎるHに懸命に応える渡の初心な反応は、百戦錬磨の鷹城には新鮮で、気づけば渡に夢中の彼からますます情熱的に求められ!しかし鷹城の正体は!?

「百万円で、どうかお願いします!」ロストバージンの為に風俗へ向かった受け、一目ぼれした相手はかなりの俺様ドS! 受けは29歳童貞と言うことで全ての行動が可愛い!! 天然タラシな面もあるので、百戦錬磨の俺様が落ちるのも納得。30目前にもなって経験のない自分で攻めが達してくれたのが嬉しくて、自分の身体に付いた精液をぼんやりとしながら指で掬って舐める―タチの悪い天然(褒め言葉)すぎます!! さらにその指をしばらくしゃぶっている描写まであるので本当に可愛い…としか言いようがない!!



父と息子の愛。タガを外したのは…

小説『誘春』作:吉田珠姫/イラスト:笠井あゆみ

 


【あらすじ】
それは、二人だけの秘密の儀式――。人気料理研究家の父・清明に十歳まで施された赤ちゃんごっこが最も幸せな記憶である暁は、実の息子でありながら清明へのくるおしい欲望を抑えきれず、山奥の全寮制学園で生徒教師を問わず性交を重ねる毎日。息子の演技にも限界を感じていた誕生日の夜、暁は清明の秘密を暴き、父子の真実を知ることに…。

狂気! の一言。近親相姦モノなのですが、父親が小さい頃の息子に自分の精液を飲ませているシーンが収められたビデオを見てしまいます。それをきっかけに2人の押さえていた感情が溢れてゆきます。お互いに好いていた父と息子が愛し合うまでの描写、そして今までの行為など、変態性と歪んだ愛情が詰まった作品でした…。背徳感、異常愛などが好きな方には超×3オススメです!!


童貞×AV男優!煽るような表情が堪らない…!

コミックス『ビッチなあの子の言うとおり!』作:橈やひろ

 


【あらすじ】
1人暮らしの大学生・純考がある晩に介抱した酔っ払いの正体は、カリスマ的な人気を誇るAV俳優・八坂楓だった! お礼の代わりにと押し倒された純考は、巧みな舌技と自慢の“ナカ"でイカされまくって脱・童貞。そのまま居座ってしまった楓と同居生活がスタートして…!? お人好し草食男子×淫乱襲い受けのエッチでピュアなハイテンション・ラブコメディ!

2人の初行為の際に、受けが童貞の攻めにコンドームをつけてあげるシーンが(しかも口で…!)。付け終わる前に我慢できず発射してしまった攻めの精液を、受けがゴムからとろり、ぺろり、ゴクリ!! その表情がたまらなくエロいです…。童貞相手に容赦ない!! 読者の心のち〇こも我慢できないくらいの煽り顔は必見です!!



コミックス『ラベルド・タイトロープ・ノット』作:緋汰しっぷ

 


【あらすじ】
同級生の結婚パーティで再会したのは 10年前に告白され振った男、榛臣。嫌いだったわけでも 男同士に抵抗があったわけでもなくただ自分のヨコシマな考えを知られたくなくて逃げたのだった。榛臣の様変わりした見た目と挑発的な言動に戸惑いを隠せないでいると、嫉妬する資格もないくせに、自分の知らないところで会っていたという友人・雁屋と榛臣の距離の近さに苛立たしさを感じてしまう。そのうえ、二人に「ある場所」に連れてこられた夏生は、初心だと思っていた榛臣の淫らな姿を見せつけられて――?

最初のシーンはフェラからのキス…なんと攻めが受けが出したのを口移しで飲ませちゃう!! 2人は過去にわだかまりがあるので「嫌がらせ」のような意味に近かったのかもしれません。しかし最後に収録されている話で冒頭のセックスシーンを彷彿とさせるように、受けが攻めのゴムを外して手に取って舐めるシーンが…。心が繋がったからこそ同じ行為でも最初とは意味の違うモノになっているのが…エモい……。



いかがでしたでしょうか?「精液ごっくん」と言っても作品によってシチュエーションの意味合いも多種多様。どんなシーンであれ、興奮してしまうこと間違いなし!! あなたがゾクゾクするようなシーンがあれば嬉しいです!! アナタのベスト・オブ・ごっくん、是非探してみて下さい☆

 

 

width=

担当BLソムリエ:つちのこ
あまあまもぴゅあぴゅあも大好きな私だけど、気づけばグロいのもエグいのも痛いのも大好きマンになっていた!もう自分の立ち位置がわからないわ~!!

関連作家・声優

PAGE TOP