BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

秋…気力の湧かない貴女に…人生を考えるBL4選

2018/09/24 14:34

 ここらで「人生」をBLで考えてみませんか?

 

秋の気配漂う頃。夏の疲れがどっと出て、何もやる気が出ない…。年末まであと走り抜ける体力が尽きて体調も崩しがちですよね。

 そんな時期に、BLで「人生」の意味を今一度問い直してみてはいかがでしょうか? 様々な人生を何かを抱えながら、またそれを乗り越えながら生きる登場人物たちの姿に涙しながら、「ああ、もうちょっと頑張ろう…」と思えるような作品を集めてみました! もちろん萌えも盛りだくさん! 色んな意味で「尊い」作品の数々をご堪能下さい!

 

 

俺の好きな人は、憧れの作家の恋人で…

藤原征爾君追悼特集に寄せて』作:吉池マスコ

 

 

書籍編集者の宮本は、ある日担当作家である藤原征爾宅で憧れの作家・薔田と遭遇します。というのも、実は薔田は藤原の恋人。編集者を目指すきっかけとなった薔田先生を目にした宮本はすっかり恋に落ちてしまいますが、関係を察し二人を静かに見守ります。しかし突然、編集部に藤原の訃報が知らされ…。

 

藤原と薔田の恋模様と、薔田に想いを寄せる宮本の想いが並行して描かれる少し変わった作品。交錯するようで交わらない独特な三角関係が展開されます。恋人との突然の別離を告げられた薔田先生は新しい恋に踏み込めるのか。停滞した想いに決着を付け、「追悼特集」の原稿を書き上げることはできるのか―。感情が静かに零れ出すような心理描写はもちろん、雄み溢れる薔田先生の攻めっぷりも見どころです!!

 

二人だけの、閉ざされた生活

この世のふたり』作:夏目くも(くも)

 

 

妻に不倫相手と心中されてしまった男と、その不倫相手の愛人だった男。同じ孤独を抱える二人はひょんなことから身体を重ね、気付けば一緒に住むことに。寝食を共にし次第に愛を育む二人ですが、その幸福ゆえに不安が募ってゆき…。

 

明治時代を舞台に、古い家で暮らす小説家と美人な青年の日常が淡々と描かれるクラシカルなラブストーリー。終始低体温で物語が進みますが、次第に互いへの愛が膨れ上がる様がたまりません! 大事にむつみを愛する「先生」と、そんな先生に撫でられるのを心地良く思っているむつみ。二人だけで紡がれる耽美な生活にうっとりしてしまいます。

しかし恋人に先立たれた者同士、過去が胸に引っかかってしまい…という心の葛藤も。愛する者と死ぬとは、生きるとはどういうことなのか。甘いラブストーリーながら、人生を考える作品にも仕上がっています。

 

何気ない日常がこの上ない幸せ

よりよりそいあい』作:ハシスミオ

 

 

同性カップルである日里と都の、仲良し同棲ライフを描いたほのぼの生活記。一緒にご飯を食べ、風呂に入り、同じ布団で眠る、そんなつつがなく続く二人の日常と想いは今日もゆっくりと流れてゆき…。

 

まるで夫婦のような距離感の二人に、恋と愛の狭間のような感情が流れているのを感じます。当たり前のように抱き合って寝ているかと思えば、時々色っぽい雰囲気が流れ出したり手をつなぐのを恥ずかしがったり…。そんな絶妙な関係にドキドキ! それでいてほろりとさせるエピソードも盛り込まれていて愛しさが止まりません。

近くで暮らしているからこそ見えないもの、隠してしまうもの…。読了後は、忙しい日々の中で置いてきてしまった生活を大事に、丁寧に生きていこうという気持ちにさせられます。毎日の隙間に読みたい、まさに「人生を考える」BLです。

 

この世で最も甘く、ささやかな「監禁」

キーリングロック』作:ymz

 

 

寒い雪の日、一人の青年を拾ったフリーターの唯。何故かその男を放っておけない唯は彼を家まで送り届けますが、目を覚ますと鍵のかかった部屋に閉じ込められていて⁉ 「監禁が趣味」だというその男・十識に閉じ込められるうち、次第に彼の心の傷が浮かび上がってゆき…。

 

おしゃれな美青年二人が「監禁」という名の共同生活を過ごしている様を眺めているだけで、既に眼福…! そんなオアシスみたいな空間で、登場人物の過去のトラウマや傷が優しく癒されていきます。ありきたりな恋愛とは一味違う、相手を包みそっと救うような、そんなプラトニックラブがしっとりと描かれた傑作。胸の内にこびりつく忘れられない痛みや孤独が誰かによって満たされていく…そんな優しい二人の「愛」に、生きる活力をちょっぴり得られるような作品です。

 

 

気になる作品は見つかりましたか? 心身ともにすり減り力尽きてしまいそうな毎日ですが、人生を考えるBLを読んで改めて立ち止まってみてもいいのかも? 優しい物語と二人の大きな愛が、あなたの背中をそっと押してくれるはずですよ。

 

担当BLソムリエ:塩田大福
ハッピーエンド至上主義な超光の腐女子。三度の飯より同棲モノが大好き。最近おじさん受けに目覚め始める。



関連作家・声優

コメント1

投稿順|最新順

小説版もして欲しい…。

PAGE TOP