BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

際立つ切なさ痛々しさ… 「女子」というスパイスで拗れるBL5選!

2018/10/29 18:29

女の子になれない僕、彼女のせいで崩れた友情、好きなあの子の彼氏に犯される…


BLは男同士の物語ですが、女性キャラクターの存在で、一味違ったドキドキが楽しめる作品もあります。今回は、そうした「女子」というスパイスが利いた、切なく痛々しいBLコミックを5作品、ご紹介しようと思います! 際立つ男同士の関係に、注目です!

 

失った友情、初めて気付いた欲望

溺れる』作:恋煩シビト

 


あらすじ
腐れ縁のヤンキーは不変の仲…と思いきや、馳男の幼なじみ・次郎に彼女ができた。その日から、馳男の心中は嫉妬でヒリつき始める。そんな馳男の変化に、仲間のハチだけが気づき「なぐさめてやろう」と押し倒してきた。なし崩しで始まった2人の関係は、次郎にも見せつけるように自室やラブホテル、果ては教室…と奔放に続く。女に奪われた親友を追ううちに、女のように抱かれるようになった馳男の本性とはーーー。

オススメポイント
友情というのは、それまでは上手くいっていたのに、一人に恋人ができるとあっけなくバランスを崩してしまうこともあります。幼馴染で親友だった次郎に彼女ができて苛立つ馳男、その傷心につけ込むハチ。馳男の気持ちも知らずに初彼女に浮かれる次郎は、なんだか最近馳男がハチに取られたようで気にくわない。三角関係が浮き彫りになり、すれ違う仲良し「だった」三人組にハラハラさせられること間違いなし! ドロドロな心理描写が好きなBLファンは必見です!

同じ顔の僕を抱いて… 不穏なラストがまたクる!

『夢子になりたい』(『第一倉庫にて』収録) 作:冬辺

 


あらすじ
夢二は幼馴染の祐が好きだが、祐は夢二の双子の姉・夢子と付き合うように。夢二は、夢子と同じ顔をしているからと言って祐に迫るが……。

オススメポイント
冬辺先生の美麗なイラストレーションで繰り広げられる三角関係。思春期になり、好きだった祐が夢子と付き合ってしまい、壊れていく三人の関係が耽美に描かれていきます。双子の夢子と同じ美しい容貌を利用し、愛する祐に抱かれようとする夢二が健気で痛々しい。不穏な余韻を残すラストがまたクセになります。

大好きなあの子の所有物だから、手に入れたい!

残骸はあさってのほう』作:エマオ

 

あらすじ
ドルオタの沼田は、好きなアイドルに似ているという理由でクラスメイト・みーたんのストーカーをしている。文具や髪の毛、みーたんのモノを盗んでは至福のときを満喫していたが、ある日盗みがバレてしまう。みーたんの彼氏のぎゅーちゃんに酷くお仕置されて――…。

オススメポイント
短編集の表題作。これはBLと言っていいのか⁉ 意見が分かれる作品でしょう。なぜなら主人公「沼田」が好きなのは、好きなアイドルに似ているクラスの女子。攻めの「ぎゅーちゃん」も、沼田の好きな「みーたん」の彼氏で、沼田がみーたんのストーカーをしているのを暴いて「お仕置き」します。ここまで愛のないBLセックスシーンも珍しい! 大好きなあの子のものだから…歪んだ執着が萌えなのです。

 

おんなのこになって、君に「可愛い」と言われたい…

『おとこのこ』(『僕と』収録) 作:岸虎次郎

 


あらすじ
想いを寄せる彼が好きなアイドル「ゆみぽん」に似ているといわれ、文化祭で女装することになった「僕」。ところが実際に女装してみると、「男はやっぱり男だな」と言われてしまい……。

オススメポイント
主人公は、好きな彼に「お前は可愛いから文化祭で女装すればゆみぽんにそっくりになる」と言われ舞い上がってしまい、女装を決意。いざしてみると、自分ではなかなかいけたと思うにもかかわらず、彼には落胆されてショックを受けるのです。もっと可愛いと思ってもらえるのではないか…という期待が砕かれた悲しみや、いくら頑張っても「ゆみぽん」のような可愛い女の子にはなれないという諦めが、引きつった笑顔の描写にはよく表れていて、胸が締め付けられます。

こちらの短編集『僕と』には、他にも『全員、片思い』のキャッチフレーズ通り甘酸っぱく切ない男子高校生の青春の物語が収録されています。是非読んでみてください!

男2人と女1人。交差する思いは…

凪子の話』作:後藤

 


あらすじ
真面目で品行方正な海原和也。派手で少し軽いところのある山治浩平。幼なじみで親友のふたりは、高校でも目立つ存在だった。和也と初めて会った瞬間、凪子は彼に恋をしていた。だから、彼の幼なじみの浩平が和也に恋していることに気づいてしまう。そして、和也を好きだからこそ、彼の心が誰を想っているのか気づいてしまう。交差する想いの行方は……

オススメポイント
凪子という女性キャラクターの視点もまじえて物語が展開。BLの枠には収まりきらない人間ドラマと言えます。ある理由で凪子は和也と結婚しますが、その後の三人のお話は必見。凪子を介し、長い時を経て変わっていく、切なくも幸せな浩平と和也の関係は、涙なしには見られません。

 

いかがでしたでしょうか? 女子の存在によって拗れるBLは、男同士で完結したBLとはまた違った切なさ、面白さがあるかと思います。気になったものがあれば是非、お手に取ってみてください!

記者:廣

関連作家・声優

PAGE TOP