BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

馬鹿な子ほどかわいい♥ 愛すべきおバカなワンコ受&ワンコ攻6選

2018/10/24 17:23

真っ直ぐで忠実で危なっかしい… 放っておけない「バかわいい」ワンコ大集合

 


一般的に賢いイメージのある犬たちですが、遊びに夢中になるあまり壁に激突したり、ある時は飼い主の気を引きたいがためにすぐにバレるいたずらをしてみたり……時々「大丈夫?」と思ってしまうほどのおバカな行動で私たちを和ませてくれますよね。でもその「おバカ」の根底には、「ご主人様が大好き!」という真っ直ぐな気持ちがあるのです♥

そしてそれはBL的ワンコも同じ! 「忠実」だったり「好きな人に尻尾を振っている」イメージだったり、色々なタイプのワンコ攻め&ワンコ受けが頭に思い浮かびます。なかには恋や快楽に溺れてどんどんおバカさが際立っていくワンコたちも……。

今回はそんな、恋をするほどおバカになる愛すべきワンコ受け&ワンコ攻めをご紹介します!

 

受けがおバカワンコ

 

この飼い主にしてこの犬あり♥

バカな犬ほど愛おしい』作:ゆいつ

 
あらすじ
住所不定・無職の綿貫還(わたぬきめぐる)は無一文になるたびに友人・辰巳要(たつみかなめ)の家に転がり込んでいる。要のことが好きな還だが、居心地の良い今の関係を崩さないため気持ちを伝える気はない。ある日、怪しげな男に紹介された運び屋の仕事でヘマをして、怪しげなクスリを飲まされてしまう。朦朧(もうろう)としながら家に辿りつくも、昂った体を持て余した還は要の寝込みを襲ってしまい…!?

記者コメント
なんやかんやと面倒ごとに巻き込まれる受け・環のおバカ犬具合もさることながら、そんな環の性質に拍車をかける攻め・要の飼い主レベルもなかなかに振り切っています。おバカであるが故に可愛くて仕方ないのでしょう……。過保護になってしまうのも頷けます。この主にしてこの犬あり! と言いたくなる作品です。

ちるちるレビューより

受けの還が、ド天然のおバカさん笑!!度を超えると可愛すぎる(〃ω〃)全く反省しない、悪びれない、でも気にはする…真面目なヒモ笑!読みすぎて、私は全然スパダリ感ゼロの人間ですが笑、ほっとけなくて還を助けたくなりました!!──まななまんさん


受けさんの綿貫還が、本当におバカな犬なんです。バカだなぁとしか思えないのですが、思いつつもなんだか憎めない人柄です。トラブルに巻き込まれても自力で脱出したり、いつまでもヒモではいけないとバイトを探したり、要に頼るばかりでは嫌だと頑張るところは好感が持てます。──悟っちさん

 

天真爛漫な思春期ワンコ

マインドインベーダー』作:黒木えぬこ

 


あらすじ
大好きなオナニーが気持ち良くない! 困ったヤマトは親友・てっぺーちゃんに泣きついた。するとてっぺーちゃんが作ってくれたのはバーチャル自慰装置!!! 下半身すっぽんぽんでVRゴーグルを装着。すると目の前に現れたエッチな映像に合せてすっごくリアルなフェラチオの感覚が!? 「何コレ、すっげぇ気持ちいいぃぃぃ!!?

記者コメント
勉強が苦手で無邪気で天然。初めからちょっとおバカが垣間見える受けのヤマトは、オナニーの相談まで親友にしてしまう天真爛漫さ。しかしそのおバカワンコさが、攻めの閉じた心を開き、恋に目覚めさせていくのです。勉強の成績がいい攻めの方が、恋をしてどんどんバカになっていく様も微笑ましいです♪

ちるちるレビューより

受けがツッコミ所満載のワンコ系のお馬鹿ちゃんなので愛らしくてアホっ子受けスキーのツボをついてくれます♪ 親友に072相談しちゃう素直さが良いですね!んで言われるがまま装置着用して足開いて、攻めの誘導を全て信じて身を委ねきって、「てっぺーちゃんスゲー!スゲー!!」ってしっかり騙されてる姿がとっても可愛い(﹡´◡`﹡ )──いるいるさん


受けは、アホだけど、オトコマエというかいさぎよい子です。攻めのほうが賢いし優位に立っているように見えますが、全然受けにはかなわない感じで、そこがおかしくもあり、この先一生振り回され続けるんだろうなと微笑ましくもありました。──はるぽんさん

 

これぞおバカ受けの教科書!

かわいいおバカくん』作:文川じみ

 


あらすじ
巨乳に見とれてヤクザの高級車を凹ませてしまったギャル男・太一(たいち)。修理代を払うため、ネットの掲示板で売春相手を募集するハメになる。呼び出されたラブホテルで待っていたのはボサボサ頭のやぼったい男。しかし、そのダサ男から「服従するならお金を工面してあげよっか」と言われる。切羽詰まった太一は、お尻のバージンを失う覚悟を決めたが──…。

記者コメント
受けの太一は、読んでいるこちらが心配になってしまうほどのあほさとチョロさを併せ持つおバカ受けの代名詞。序盤こそワンコ感は薄いものの、喜怒哀楽の豊かな表情、餌のためなら切実に言うことを聞く姿勢、攻めの気を引こうと自ら犬の真似まで始めてしまう純真ぶりは、飼い主の愛情を得ようと必死な小型犬そのもの! ゼロから躾けたくなるような、不思議な魅力の持ち主です。このネジの緩さ、クセになります。

ちるちるレビューより

ギャル男くんが純粋で、おバカでとにかく可愛かったです。気持ちいいことにもお酒にも弱くて、不幸体質なのがまたかわいそかわいい…。表情も豊かで、大人だけど本気の愛に疎い攻めと、いいバランスでした。まさかのバニーボーイ姿もかわいくて…、このお店に通うおじさんに私はなりたいです。──1212さん


明るく元気で素直、裏表なく短絡的快楽主義=おバカ=かわいい、な太一くんの魅力全開! 褐色金髪のチャラ系ってそんなに好きではなかったのですが、太一くん見てたら好きになっちゃう。天使か。性癖強制拡張天使。──zwwさん

 

攻めがおバカワンコ

 

男前受けの躾けが行き届いています

なりっぱなしの愛の鐘』作:阿部あかね

 


あらすじ
昔はケンカばかりしていた亮達(りょうたつ)だが、今は調理師免許を取り、祖父の中華料理店を手伝っている。しかし、祖父が騙されて作った借金のせいで、店はヤクザの嫌がらせを受けていた。そんなある日、出前を届けにヤクザの事務所に行った亮達は、高校の後輩・秀丸(ひでまる)と再会し──?

記者コメント
難しいことはさておき先輩が大好き! ただただ従順で、叱られれば落ち込んでみたり、褒められれば尻尾を振って大喜びしたり。そんなザ・ワンコ攻めの秀丸と、彼に絆されてしまった亮達は、まさに絵にかいたような主と飼い犬。エッチの時には、亮達が精神的攻めとも言える男らしさを発揮します。ワンコ攻めをしつける男前受け……このバランスの良さが際立つのもおバカワンコの魅力です♥

ちるちるレビューより

「せっせんぱいっ、入っちゃう入っちゃう」と言いつつ攻める秀丸の馬鹿攻加減がかわういぞー!ワンコに加えて馬鹿攻なところがひじょーに可愛かったです。──クレタコさん


受けの一挙一動にドキドキしてる攻めがむちゃくちゃ可愛い!受けは美人ですが性格はとっても男前でかっこいい!精神的には攻めっぽい感じかな。エチシーンの「奥までブチ込め!」というセリフはなかなかの衝撃でしたw──なつめさん

 

世間知らずな天然素材の大型犬

ラムスプリンガの情景』作:吾妻香夜

 


あらすじ
ラムスプリンガ──アーミッシュが、敬虔なキリスト教徒として彼らのコミュニティに残るか、家族を捨て外の世界で生きるかを決めるための、俗世を体験する期間。 ──80年代アメリカ。 ブロードウェイの夢破れ、田舎の街でウエイターと男娼をしているオズは、ある日、バーに来たラムスプリンガ期の青年・テオを“客”と間違え部屋に連れ込んでしまう。行くあても無いテオを放っておけず、つい面倒を見てしまうオズ。アーミッシュであることを馬鹿にされても怒ることも、疑うことも知らない純粋な彼に触れるうちにオズはニューヨークで擦れていた気持ちが絆され、彼を愛するようになるが…。

記者コメント
宗教上の理由もあり天然素材のように育ったテオは、オズと出会って遊びを知り快楽を知り、そして恋を知っていきます。ただただ無邪気かと思えば、心擦れたオズすらも温める慈愛に満ちた包容力を備えていたり、その姿はまるで懐の深い大型の忠犬……♥ 愛を貫くということ、生きる道を自ら選び取るということ、その強さと脆さが描かれた物語です。

ちるちるレビューより

普段甘えん坊の大型犬のくせにいざと言う時は底無しの包容力で心も体もすっぽり包み込んでくれる攻めって良いなホント、と改めて実感。テオの見た目からしてゴールデンレトリバーって感じで最高です。笑──ルキさん


ちょっぴり世間にスレたオズと、まさに純粋培養で世間知らずなテオ。二人でラムスプリンガ(自由期間)を過ごす過程が、丁寧かつ魅力的に描かれ、互いに惹かれ合って行くのがすごく自然に感じられます。また、テオのワンコ丸出しの言動と、クールなふりをしながら実は世話焼きなオズという図式にも萌えます。可愛いな、この二人!!──ぴれーねさん

 

忠犬であり危うい狂犬

ジュリアが首ったけ』作:扇ゆずは

 


あらすじ
銀髪、ブルーグレーの瞳、光り輝く美貌…トップモデルの樹里亜が愛するのは、フツメンリーマンの紗良くん。紗良くんのすぐ近くに住んで、仕事も休みも合わせてマス。「男となんて付き合えない!」と拒まれても、アタック! アタック! 片想いなのに強気、でも「嫌われたら死ぬしかない」!? ラブシーン描き下ろしで、世界一厄介なモデルとの恋物語、登場!

記者コメント
攻めのジュリアは、受けのことになると周りが見えなくなり、息をするように全てを投げ出せてしまう「受け様バカ」なワンコ攻め! 常識では測れない執着で、読み手は萌えながらハラハラもさせられます。切ない展開もある未完のシリーズですが、桁違いの忠犬っぷりを堪能したい方には全力でオススメします!

ちるちるレビューより

私の執着攻め好き、ワンコ攻め好きの原点はジュリアです。ジュリアはワンコで忠犬でありながらもかなりの狂犬だし、執着の度合いも並大抵ではありません。この人を試金石にしてしまったため、たいていの執着攻めでは満足できない・・・。困ったことになってしまっています。──フランクさん


本当にどこまでも忠犬なジュリアに萌えます!!誰もが羨む容貌を持ち合わせながら、とことん従順なM気質でありながらもいざ絡めば攻めになるなんて…最強過ぎやしませんか!!──うりうりさ

 

おばかワンコ特集いかがでしたか? 一見複雑な恋も、ワンコたちのまっすぐな愛情表現があると、なんだかほっこり読めてしまうのが不思議です。いつまでもその素直な心とちょっと笑える言動で、パートナーも読者も癒していてほしいものです♥

記者:神谷浩未

関連作家・声優

PAGE TOP