BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

これが古(いにしえ)のテンション? どこか懐かしさを感じるノリの作品特集♥

2018/10/30 14:30

ツッコミ役なし! キャラ暴走必須! 何だかこのノリ知ってるぞ!!



こちらの作品を見て、皆さんはどんな印象を受けますか? まず目がいくのが、どこかアンニュイな空気をまとった黒髪男子ですよね。シリアスな感じなのかな、と思いつつ全体に目を向けてみると……?
「えっ、なんか”命”とか頬に書いてあるんですが……。ていうか今更だけどタイトルのパンチが強いな!?」

藤原旭先生忍べよ!ストーカー、読む前の予想をことごとく裏切られた作品でした。とにもかくにもギャグです! スパダリ領主に一途すぎる忍が暴走しすぎてエンヤコラ的なアレです(笑) 愛が強すぎて間違った方向に突っ走る受の紅丸と、常識人かと思いきやかな~り天然な攻の獅子之介。ツッコミ不在で進む物語に笑いが止まりませんでした。

ところで、古の腐女子世代の筆者は本作を読みながらどこか懐かしさを感じておりました。そこで、今回思い立って『忍べよ!ストーカー』に近い作画・テイストの作品をいくつかピックアップしてみました。あくまで筆者の主観にはなりますが、どこか同系列のにおいがするな~と共感して頂ければ幸いです。

覆面係長』作:斑目ヒロ



あらすじ
新入社員の町田が上司として紹介された立花係長は、謎の覆面男。でもある日、偶然見てしまった係長の素顔は、なんと金髪の超絶美男子で……!? その美しい顔をもう一度見たい町田はアノ手コノ手で係長に迫り倒すが……!?

オススメポイント
覆面あるいはマスクなどで顔を覆っている男性がBLにはしばしば登場します。が、本作の覆面男は表情がMAJIDE見えない系! 表紙からは分からないかもしれませんが、作中での描写は例えるならば、『名探偵コ●ン』の犯人から表情を奪った感じといったところでしょうか……。そんな係長、やっぱり相当の変人でして(笑) スパダリ的な部分もあれば、時折キザっぽくもあり。読者に代わって係長にツッコミを入れる町田くんが愛おしく思えるハズです。
徹底して立花を覆面男として描くからこそ、素顔を曝け出した時の感動もひとしお♥ 流行りの「顔隠しBL」を楽しんでくださいね!

緊縛パッション』作:永井三郎



あらすじ
ダサいDT公務員シチサン(愛称)は、ワイルドなイケメン美大生・武蔵の緊縛絵モデルを、しぶしぶ務めることになった。武蔵もその友人たちもエキセントリック過ぎて、平平凡凡なシチサンには、まるで人智を超えた生き物!
シチサンは平穏な生活を乱されたくないと願うが、武蔵の視線に体が熱くなり…。一方、野獣のような性欲を持つ武蔵は、これまでリビドーの赴くままモデルとまぐわっていたが、ピュアなシチサンには決して手を出せず、高まる呼気…熱気…。この熱どうなるの――!?

オススメポイント
実は筆者、本作に関しては表紙のインパクトが強すぎて手に取るのを一瞬ためらったという過去が……。しかし、表紙だけでなく内容もぶっ飛び展開続き! 緊縛フェチで性欲も強い武蔵と、彼の愉快な仲間たちを見ているだけでも笑えてくるのに、そこに平凡すぎる地味リーマンが加わるともう大変! ツッコミどころ満載で逆に読むのに時間がかかるレベルです(笑)
エッチ自体はほとんどないのですが、シチサンが徐々に色気を開花させていく様子は生唾モノのエロさ……! 学ランやフンドシ姿での緊縛に加え、本編の一番最後のコマもぜひお見逃しなく!!

『狂犬ハチ公(1)(2)』作:ミキライカ

 


あらすじ
番長キラーと名を馳せる八王子丞、通称’ハチ公’の次のターゲットは、姫宮が番長代理を務める朝凪高校。突然現れたハチは姫宮の唇を奪い、熱い夜を過ごす。一方の姫宮はハチの姿に懐かしく切ない面影を重ねていたーー。
好きすぎてどうしていいかわからない!
Rentaで話題沸騰中! ワンコと姫の青春狂想曲。

オススメポイント
スタイリッシュな作画に短ラン&ボンタン。硬派なヤンキーBLかと思いきや、実は実はのコミカルBL。ギャグ漫画だとどうしてもエッチシーンも笑える展開多めになってしまいますが、本作はしっかりがっつりエッチしてます! エロいというよりも艶っぽい……! トーンの使い方が絶妙で、思わずゴクリと喉が鳴るほどです♥ また、ところどころに登場するワンコやにゃんこの作画も可愛く、動物好きの人ならキュンとくること間違いなし。
全体的にどこか懐かしい雰囲気を感じる作風となっていますので、古の腐女子層にもオススメです♪

イマドキだけど、古(いにしえ)っぽい?

 
いかがでしたか? どれもイマドキの作品ですが、筆者はどうしてもノスタルジックな何かを感じざるを得ませんでした。ある意味全世代に対応できる作品と言えるかもしれません。
他にも似たような雰囲気の作品があれば、コメント欄などで教えてくださいね♪

 

 

担当BLソムリエ:白米盛子
拗らせ気味な古の腐女子。色素の薄いロン毛受が好物。夜明けも黄昏も嗜むが、よく心が折れる。

関連作家・声優

PAGE TOP