BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

全ページ萌えの塊… は本当だった!『春と夏となっちゃんと秋と冬と僕』

2018/11/07 18:37

帯のコピーは嘘じゃない!甘々な日常に悩殺される、殺し文句の応酬に瀕死寸前…!

 

この作品がBLアワードにノミネートされなきゃ死ぬアンケート」にたくさんのご応募ありがとうございました!本日からすごい勢いでみなさんから推薦をいただいたBLを紹介していきます!まずはこちらから!

春と夏となっちゃんと秋と冬と僕』作:佐岸左岸

 



9月24日に発売された佐岸左岸先生のコミックス春と夏となっちゃんと秋と冬と僕。2018年度のBLアワードに向け、ユーザーの皆様から熱いおすすめコメントが多数届いております!

2人のプロフィールは掘り下げられていないけれど読んでいくうちにどんどん引き込まれていく。
萌とギャグのサンドイッチ!

 

萌の塊です。
幼馴染高校生の恋人同士が殺し文句の応酬です。
全ページ、全話に必ず萌が詰まっています。

 

1頁にひとつ萌えがあって、じわじわ染みてくる。田舎のピュアな高校生の恋愛で、狭い世界での恋であることを本人が充分認識しているからこその、一瞬一瞬の尊さ輝き美しさに涙してしまう。

 
ちるちるの作品レビューでも「萌え死ぬ」「尊さの極み」と絶賛されている本作。筆者も拝読したところ、あまりの可愛さに転げ回りそうになってしまいました。まさに「萌えの塊」…!
そこで『君と僕となっちゃんと秋と冬と僕』の萌えポイントを、筆者なりに紹介してみたいと思います!

youtube番組「答えて!BLソムリエ」でも紹介しています。


ポイント① 4コマ形式で紡がれるショートラブストーリー

 
この作品はBLではかなり珍しく、4コマ形式で男子高校生二人の一年が紡がれていきます。エピソードは本当に些細な日常。一緒に登下校したり、部屋でダラダラしたり…。そんな何気ない生活だからこそ際立つ、胸キュンシーンの数々に悩殺必至! ほのぼのとした空気の中、突如として甘い雰囲気が漂う瞬間が何ともたまりません。
一つのお話が短い分、そんな二人の甘々な日常をたっぷり眺められるのがこの作品最大のポイント。続きをもっと見たい! というところで終わってしまう"寸止め"エピソードも多いのですが、かえって行間を妄想させられ萌えてしまうというドS仕様…罪深いです。
 

ポイント② 殺傷能力が高すぎる殺し文句の数々


ユーザーさんからのコメントでもいただいたように、殺傷能力の高い殺し文句がとにかく二人の口から飛び出しまくります。相手の殺し文句に一方がいちいちキュンキュンしているのもまた可愛い!! もう永遠にやってろ!と叫びそうになってしまいます。
特にキュン死したのが、ナツオを起こすために投げかけた「布団と俺どっちが好きなの」というシマの問いかけに対し、寝言のように囁かれた「んー…ふとん…の……中のお前」というセリフ。その後シマがナツオを布団の中で抱きしめ眠る、というコマも相まって激しく悶えてしまいました…!!

ポイント③ アナログタッチな絵柄と田舎の風景

 
そんな本作のほのぼのあまあまな空気感を、アナログタッチな絵柄がさらに演出します。素朴な画風だからこそ伝わる、この物語の温もり。シマとナツオの表情もとても血色豊かに描かれています。
また、この物語の舞台が田舎であることも重要なポイント。自然豊かな美しい景色が、移りゆく四季と二人の関係を鮮やかに彩ります。人目を憚ってイチャイチャできるのも田舎ならでは。単線の電車で肩を寄せ合ったり、海辺でキスを交わしたり。素朴な風景の中に漂う濃厚な恋人同士の空気感に、とてつもないエロスを感じます!

 

こんな作品のファンにおすすめ! テイストの似ている作品をピックアップ

 
では、本作は具体的にどんな作品が好きな方におすすめなのでしょうか。ユーザーの皆様からいただいたコメントを参考に、テイストの似ている作品をピックアップしてみました! 以下の作品が好き、という方は要チェックです!



波真田かもめ『おはようとおやすみとそのあとに』シリーズ

 

 

一つ屋根の下で暮らす二人のとびきり甘く、少し切ない日常。この作品のそんな空気感が『春と夏となっちゃんと秋と冬と僕』に共通しています。ほのぼのあまあま、だけどそれだけでなく背景に「いつか崩れてしまうかもしれない危うさ」のようなものを感じさせる作品が好きな方には、ピンポイントで刺さること間違いなし! 甘々なだけの日常にとどまらない余韻を感じさせるところが『おはようとおやすみとそのあとに』好きの方におすすめしたいポイントです。


ymz『ハイ・ファイ・ランデブー

 

「田舎で暮らす幼馴染二人の日常」を描いているという点で、『春と夏となっちゃんと秋と冬と僕』と共通点の多い作品。この作品のように、田舎の風景や二人の日常がゆっくり流れていくような雰囲気が好きな方にはかなりおすすめです。
また、手描き感のある絵柄という部分でもこの作品と共通しています。どちらかというとアナログタッチ派だという方には尚更おすすめいたします!


ダヨオ『YOUNG GOOD BOYFRIEND

 

 

甘々な日常を短編形式で読める、というところがこの作品好きにおすすめしたいポイント。特にお互いがベタ惚れ…というバカップル好きにはたまらない作品です。お互いがお互いの行動に悶え合う、という関係性もこの二人と共通しています。『YOUNG GOOD BOYFRIEND』のように「矢印が同じくらい多く向き合ってるラブラブな二人を見たい!」という方にはうってつけの作品です!



ほのぼのした作品からパンチの効いた作品まで、非常に多様な作品が発表された2018年。一体どんな作品がノミネートされるか、今から楽しみですね!!


この記事の担当BLソムリエ:塩田大福

ハッピーエンド至上主義な超光の腐女子。三度の飯より同棲モノが大好物。最近おじさん受けに目覚め始める。

 

年末も間近に控え、そろそろ2018年度BLアワードのノミネート作品選定が近付いて参りました。ノミネート候補作品アンケートにもご協力いただきありがとうございました! 今後も「ぜひノミネートされてほしい!!」と思う作品がありましたら、レビューページで評価をしていただければ幸いです。

BLアワード2019の投票は来年の1月下旬から。例年は、年末までに得点が200ポイント以上の作品がノミネートされます。
評価の仕方はこちらをごらんください


作品の評価ボタンが、ページの真ん中ぐらいにありますので、ここで評価をします。


評価すると一石三鳥のお得


1:評価をつけることでAI(BLソムリエ)の精度がアップします。評価がついた作品は次回からAIのおすすめ対象から外れますので、常に新しい作品がAIから紹介されます。


2:誰でもくじびきが引ける!ひと月で作品評価ボタンを 5回以上押してくれたユーザーには誰でも参加できちゃいます。レビューお役立ちボタンを 月に15回以上押していただいた方も参加できます。


3:さらにレビューをつけると作品への注目度が集まりますし作家さんが見てくれることも。

レビューポイントがつくので、一定のポイントが貯まるとギフト券がもらえます。ポイントレースのご説明はこちら

新作ですとレビューで8Pもらえますのでぜひ挑戦してみてください。


ちるちる評価は
神=5
萌萌=4
萌=3
中立=2
趣味じゃない=1

となっています。
評価をつけてボタンを押すだけで評価が入ります。



トップページには直近30日間の得点ランキングが表示されます。
こちらにランキングされると注目度が一気にアップしますよ。
ぜひともおもしろい作品があったら評価をつけてみてくださいね!
先生への応援にもなりますし、毎年4月開催されるBLアワードに選出されますよ。

関連作家・声優

コメント1

投稿順|最新順

BLアワードノミネート作!ってポップをつけて売りたいマイナー作品用のステマ枠

PAGE TOP