BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

世界で一番読みやすい耽美BL小説はコレだ!!『花吸い鳥は高音で囀る』

2018/12/12 13:46

美しい鳥人『眼白』をめぐる、スリリングで妖しい展開に手に汗握るッ!!


耽美系のBL作品って興味あるけど、なんだか難解で読みにくい……。そんな苦手意識がある方もいるのでは!?
こちらは繊細で麗しい表現描写を堪能できるだけでなく、厚みのあるサスペンスストーリー要素もプラスされ、非常に読みやすいんです!! スラスラ読めるお耽美系、ぜひ皆さんにチャレンジしていただきたい作品です♥

 

花吸い鳥は高音で囀る』作:中原一也 イラスト:笠井あゆみ

 


「この作品がBLアワードにノミネートされなきゃ、死ぬ。アンケート」に寄せられた作品の中から今回ご紹介するのが、中原一也先生の『花吸い鳥は高音で囀る』。早速頂いたコメントを見てみましょう!

 

笠井あゆみ先生のイラストと相俟って、囀る声の美しさが聴こえてくるような、そこはかとなく漂う耽美な世界観が何とも言えず妖しく美しかったです。
眼白や妖鳥化という設定からして最高でした。

 

「鳥」を主にした独特の設定が新鮮です。その設定がストーリーにしっかりと根付いているので、読んでいて物語に引き込まれました。
受け様は美人だけど女性っぽさのない案外タフな男性、攻め様は男臭さのある男前な男性で、確かな文章力で綴られる二人のやり取りや物語の主軸となる眼白(めじろ)と呼ばれる鳥人達が絡んだ事件など、読み応えがあるのにすらすら読める作品だと思います。

JUNE的な耽美な作品が好きな方。笠井あゆみ先生のファンは勿論、鳥人モノ繋がりで「鴆 -ジェン-」が好きなコミックユーザーさんにも手に取って頂けるのでは?と思います。


どちらのコメントにもあるように、とにかく美麗な世界観と笠井あゆみ先生のイラストがベストマッチしているんですよね! ストーリーや設定の斬新さに置いてけぼりにされることなく、力強い文章にリードされて、中だるみ無く読めるところに、中原一也先生の実力を感じます……!

◇あらすじ

美しい高音で囀り、時には人を喰らう妖鳥に変化する──。高値で闇取引される眼白の保護に奔走する警視庁捜査官の白井。実は眼白の証である隈取りを化粧で覆い、己の正体を隠していた。そんなある日、人身売買の黒幕の手がかりを求めて訪れたのは、伝説の『鳴かせ屋』調教師の鵙矢。初めは一切協力しないと豪語していたのに、白井を見た途端、なぜか潜入捜査を買って出て⁉


ポイント①
耽美な世界観×ドキハラなサスペンスのギャップ!!

『眼白』は、その名の通り目の周りの皮膚に白いアイラインを引いたような文様があることが特徴の鳥人。その神秘的な容貌と、誰もが聴き入ってしまうほど美しい鳴き声は、闇ルートで取引されるほどに貴重で人気が高い存在です。そんな危うく妖しい眼白の存在、眼白を飼うご主人様、加えて眼白を美しく鳴かせるための調教師『鳴かせ屋』の関係性は背徳的で、魅入ってしまうこと間違いなし!
そして、そんな美しいけどちょっぴり複雑な設定を読みやすくしているのが、骨太なサスペンスストーリーです! 本作は強気美人な主人公・白井が、闇取引の元締めを逮捕するまでをきっちり最後まで描いています。エロスや美しい表現が多くても、中原先生の凄まじい文章力で本筋がブレることなく、迷いなくスラスラと読めます!! 美麗さとストーリー性をどちらも味わえちゃう一石二鳥な作品となっています♥

 

ポイント②
麗しい『眼白』の表現描写にうっとり……♥

ポイント①にも挙げられるように、とにかく『眼白』の美しさが半端ないんです……!! その美貌はもちろん、囀りの表現も繊細に描写されています。白井が幼少の頃にはじめて会った眼白についての回想シーンでは、その出会いをまるで不思議な世界にトリップしてしまったかのように妖しく描いています。囀る澄んだ声を、「空を飛べそうな気がする」「世界はこんなにも素晴らしい、と言われているような……」と、この世のものとは思えない美しさを表現していて、読んでいるだけで白井と一緒に世界観にトリップしているような気さえしてきます……♥

 

こんな作品のファンにおすすめ! テイストの似ている作品をピックアップ

 

では、本作は具体的にどんな作品が好きな方におすすめなのでしょうか。ユーザーの皆様からいただいたコメントを参考に、テイストの似ている作品をピックアップしてみました! 以下の作品が好き、という方は要チェックです!

 

鴆 -ジェン-』 作:文善やよひ

 


『花吸い鳥は高音で囀る』と同じく、鳥人がテーマのコミックス『鴆 -ジェン-』。ちるちるのレビューでも人気の高い本作は、ご存知の方も多いのではないでしょうか? 眼白は主に鳴き声の美しさが際立って描かれていますが、鴆はその羽の美しさがポイントとなっている作品。鳥人・ツァイホンがこれまたツンデレで健気で可愛いのです! これは種族の壁も超えますわ……と読みながら愛おしくなること間違いなし! 観賞用の鳥人と、人間がどのように思いを結ぶのか――切なく耽美な作品です♥

 

箱庭』 作:国枝彩香

 


妖艶で、ちょっぴり怖い印象を受ける表紙ですよね。ですが、内容はかなりピュアな人外モノ! 不老不死な美しい吸血鬼・きぬと、彼の眠りを覚ましてしまった青年・豪太の恋物語です♥ 無知で儚げなきぬと、そんなきぬの世話を焼く豪太の掛け合いが明るく楽しく、耽美なだけでは終わらないところが魅力的です!!
こちらは短編集で、人外系の作品がまとめられています。ふり幅の大きさで有名な国枝先生らしくバラエティー豊かな作品の数々、ぜひ一読してみてくださいね♪

 

担当BLソムリエ:月町ぴょん  
痛エロ好き黄昏の腐女子兼、not地雷な核シェルター腐女子。どんな破天荒設定でも美味しく頂く低燃費設計だ!!

 


BLアワード2019の投票は来年の1月下旬から。例年は、年末までに得点が200ポイント以上の作品の中からノミネートされるていることが多いです。
評価の仕方はこちらをごらんください


作品の評価ボタンが、ページの真ん中ぐらいにありますので、ここで評価をします。


評価すると一石三鳥のお得


1:評価をつけることでAI(BLソムリエ)の精度がアップします。評価がついた作品は次回からAIのおすすめ対象から外れますので、常に新しい作品がAIから紹介されます。


2:誰でもくじびきが引ける!ひと月で作品評価ボタンを 5回以上押してくれたユーザーには誰でも参加できちゃいます。レビューお役立ちボタンを 月に15回以上押していただいた方も参加できます。


3:さらにレビューをつけると作品への注目度が集まりますし作家さんが見てくれることも。

レビューポイントがつくので、一定のポイントが貯まるとギフト券がもらえます。ポイントレースのご説明はこちら

新作ですとレビューで8Pもらえますのでぜひ挑戦してみてください。


ちるちる評価は
神=5
萌萌=4
萌=3
中立=2
趣味じゃない=1

となっています。
評価をつけてボタンを押すだけで評価が入ります。



トップページには直近30日間の得点ランキングが表示されます。
こちらにランキングされると注目度が一気にアップしますよ。
ぜひともおもしろい作品があったら評価をつけてみてくださいね!
先生への応援にもなりますし、毎年4月開催されるBLアワードに選出されますよ。

関連作家・声優

PAGE TOP