BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

「王道」×「極端」で惹き込むストーリー! 川唯東子作品特集

2019/01/08 13:17

『Marble』から入った川唯ファンも必見♥ ラブコメ、非BL、痛切ない… 人間ドラマの詰まった作品まとめました

 


昨年の4月、川唯東子先生のコミックス『Marble』が発売されました。とあるフレンチのビストロを舞台に、料理の腕は超一流なのに極度に愛想がないシェフ・近森と、そんな彼の料理に惚れ込み、細やかなサポートをするソムリエの梶が、ゆっくりと恋を自覚していくお話です。

380ページを超えるボリュームのなかには、恋愛はもちろん、個性溢れる脇役、美味しい料理の描写も魅力的に詰まっており、発売から9カ月となる今も高い評価が続く2018年指折りのヒット作となっています!

実はこの作品、川唯先生にとっては6年ぶりとなる新作コミックス。2013年から雑誌連載がスタートし、2018年に待望のコミックス発売となりました。そういった事情もあり、今作で初めて川唯先生の漫画を読んだという方もいらっしゃるのでは。

川唯作品の魅力はなんと言っても、無条件で萌えてしまうような王道のストーリー! そして一際不愛想な近森のように、終始無口だったり、ものすごくポジティブだったり、超乙女だったりと、どこか極端な性質をもつキャラクターたち♥ 今回はそんな「王道」×「極端」で萌えさせてくれる作品たちを、『Marble』以前からピックアップしてご紹介したいと思います!

 

お仕事×BLならこの作品

love holic ~恋愛中毒~



あらすじ
我が儘でいい加減な西岡は27歳で独立した気鋭のカメラマン。その彼と仕事で必ず成果を上げるのが広告代理店に務めるヤリ手の松川。一見、仲が悪く見える2人には、とびきりの恋のドラマが…!?(全2巻)

おすすめポイント
川唯作品を引き立てる大切な要素の一つが「お仕事」なのですが、本作の2人は、まさにお仕事で繋がったカップルです。我が儘と傲慢さで周囲を振り回しながらも、確かな才能とプライドをかけ写真を撮る西岡、優秀なビジネスマンで西岡と組む仕事に誇りを持っている松川。仕事に生きる男として、プライドを貫くのか、恋に翻弄されるのか……恋と働く男、どちらも堪能したい方にオススメです!

 

絵画にまつわる非BL… でも萌えるんです

胡桃の中

 

あらすじ
“坂を登った突き当たりにある、さびれた画廊──”その画廊の店主・谷崎は、実は… だらしないその風貌はどう見ても人間嫌いの変わり者だが、天然系の中居が傍に来てからは、彼の周囲が一変して…!?(既刊3巻)

おすすめポイント
谷崎が祖父から継いだ、知る人ぞ知る画廊「胡桃の中」。訳ありの客が訳ありの絵画を持ち込み、谷崎は毎度のように厄介ごとに巻き込まれます。といっても彼は彼で人には明かせない秘密を持っており、時には犯罪まがいのことも厭わず問題を解決していくのです。非BLレーベルの作品ですが、谷崎と、彼の画廊に出入りする中居は恋人同士。時々見え隠れする2人の甘い距離感も見どころです! 絵画についてのシーンが登場するたび、川唯先生がとても楽しんで書かれているのが伝わってきます♪

 

“不幸”だったから惹かれ合った

あの角を曲がったところ



あらすじ
事故でピアニストの夢を諦めた岸本と、恋人に捨てられて自暴自棄になっていた桐谷。不幸を共有する二人は、気付けば身体の関係を持つまでに気を許しあっていた。でも、この出逢いが思わぬ方向へ…!?


おすすめポイント
出会ってすぐ、素性を明かさぬまま身体の関係を持った岸本と桐谷。その後思わぬ形で「本当の自分」同士で出会うことになるのですが、ここで受けの桐谷視点から岸本視点へと切り替わる描き方がとても巧みです。岸本からも読者からも、途端に読めなくなる桐谷の本音。それが見え始めたとき、物語は二度幕を開けるのです。

 

純愛乙女攻めに癒される温かラブコメ

カフェラテ・ラプソディ

 

あらすじ
芹沢基はチビでそばかすの書店員。そんな彼が、時々お店に顔を出すノッポの青年とふとした事で知り合いに。皆が避ける程の超強面の青年は、実は少女のように可憐な性格で…!? 乙女な男子攻×気後れ年上受の心が温まる少女漫画のような恋物語♥


おすすめポイント
男前な性格の攻めが多い川唯作品のなかで、乙女攻めを堪能できる貴重な作品。ゲイである受けの芹沢は、過去変な男に引っかかった経験から、強面ながら優しい、しかも年下のノンケである攻めの分かりやすい想いに気後れしがち。多くの場合、ここで「まさか自分なんか」と卑下しがちですが、芹沢は「もしかして俺のこと好き?」と察して、奥手な攻めをリードしてあげるのです! 私的な趣味ですが、川唯作品に時々登場するこの「受けが突然見せる度量の大きさ」にとてもキュンときます。

 

男前攻め×天然健気受けの宝箱

雫 花びら 林檎の香り

 

あらすじ
酒が飲めない営業・榛名の使命は、頑固な造り酒屋との取引。だが怖いと評判の蔵元の代わりに彼を迎えたのは榛名好みのイイ男。後日、偶然職場で見かけた彼・中川に榛名は運命を感じて…!?(全3巻)

おすすめポイント
注目は、超硬派で無口な攻め・中川と、感情豊かなポジティブ受け・榛名の対比! 出会った当初は1ミリも靡きそうになかった中川が、榛名の裏表のない性格と真っ直ぐな健気さに触れ、少しずつ不愛想のなかに榛名への愛情を見せるように……♥ サブキャラ達も愛おしく、全編にわたり優しさの滲む作品です。
昨年4月には描き下ろしショートストーリー付の新装電子版が発行され、甘々すぎる描き下ろしに悶えまくるファンが続出! 既に全巻持っているという方は、描き下ろしのみでも配信されていますのでぜひご堪能ください♪
 
川唯東子作品まとめ、いかがでしたか? 他にも、デビュー作『形而上なぼくら』はじめ、闇を抱えた少年たちが、葛藤し、心の傷ごと恋を育てていく『CUT』、欲望の果てを求め、ゲームのように体を重ねていた大学生2人が本当の気持ちに気づく『[bond(z)]―ボンズ―』(短編集)など、読み応えある作品がまだまだあります!

コメディタッチな明るい作品でも、切なく痛い作品でも、キャラクターの内面が丁寧に描き出されているのが、川唯作品の魅力の一つです。ぜひ皆さんも、様々な色を持った人間ドラマに触れてみてくださいね♪

 

担当BLソムリエ:神谷浩未
嫉妬、当て馬、両片想い!その先がハピエンならどんな闇でも受け止める、夜明けを拗らせた腐女子。推しカプがすれ違うほどご飯が進む。王道系ストーリーが好み。

関連作家・声優

コメント2

投稿順|最新順

胡桃の中って非BLレーベルだったの?
バリバリBLだと思ってた

先生の本全部持ってます。
大好きです。

PAGE TOP