BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

両思いでも謙虚なまま!? 思わず抱きしめたくなる健気受け作品4選

2019/02/23 11:36

ただあなたが幸せでいてくれたら…そんな健気受けを抱きしめたい

 

(「おくびょうなディア」より。インタビュー記事はこちら

 

いっそ攻めに嫉妬してしまうほどとにかく羨ましい、自分ならもっと大事にするのに! 守りたい! とすら思ってしまう魅惑の健気受け。

でも不遇な健気よりは幸せそうな健気受けが読みたい…そんな方もいらっしゃいますよね。

 

ということで今回はそんな健気受けが、攻めにべらぼうに愛されながらも健気で居続けるという素晴らしく美味しい作品を4作選ばせていただきました!

新たな健気受けの魅力をみなさまにお届けします!

 

 

先生に漫画を描き続けてほしくて…

エロ漫画家とアシくん』作:博士

 

 

健気度★★★★☆

【あらすじ】

自分の生活をおざなりにしていたエロ漫画家の「加賀けんぢ」は、ついに自宅で意識を失った。

その事態を見かねた担当編集は、加賀の大ファンだという「文月るい」を加賀の身の回りの世話込みのアシスタントとして採用する。

しかし、人間嫌いな加賀は文月に自主的に辞めてもらおうと『オナニーしながら描くと調子が出る』というトンデモ発言とともに自分のブツを見せつけるが、、、

 

【おすすめヒトコト】

こんなに可愛くて尽くしてくれる健気なファンがいてくれたら自分ももう少し真人間になれた気がする…と読みながら自身の現実とのギャップにやられるくらいには、加賀が羨ましいです。不器用でダメダメに見える加賀の良さを文月だけは分かっていて、しかもその才能に惚れ込んでいる。

関係性が好きです。そして文月が精神面でのスパダリな予感。

 

 

お金だけの関係じゃない

いじめられっこクラブ』作:吉田ゆうこ

 

 

健気度★★★☆☆

【あらすじ】

媚びは売らないし思ったことをそのまま口に出してしまうが、その体とテクニックで指名はひっきりなしに入る人気ボーイの「奏」。

しかしある日向かったマンションで奏を迎えた男「有平」は、これまでの客とは何もかも違った……

(「ハッピーエンドも強引なんだね?」より)


【おすすめヒトコト】

「いじめられっこクラブ」働くデリヘルボーイたちのオムニバス。

登場人物それぞれの相手への接し方や関わり方が、不器用なんだけれど愛を感じます。絵柄とは裏腹にシリアスめで甘くはないんですが、そのギャップに引きこまれるし1話が短いので読むのに時間がかからず何度も読み返してしまう不思議な魅力のある1冊。

 

 

クレイジー! なのに憎めないド変態おばか

忍べよ!ストーカー』作:藤原旭

 

 

 

健気度★★★☆☆

【あらすじ】

丹葉国の領主である「獅之介」に助けられて惚れて以来、存在を悟られないよう、ひっそりとかつおそばで常に獅之介を見守る日々を過ごしていた抜け忍の「紅丸」。

しかしあるとき刺客から獅之介を守ったことで存在がバレてしまい、何故かそのまましばらく屋敷に留まることに!?

 

【おすすめヒトコト】

とにかく紅丸の暴走的なまでの愛がすごい。距離感がバグを起こしている。

しかし獅之介がレベル違いの天然というか鈍感というか、だからこそ紅丸が引かれることなく物語が進んでいきます。シンプルに相性が抜群なのでは。

 

 

健気受けの代名詞となりうる作品

おくびょうなディア』作:秋雨るい

 

 

 

 

健気度★★★★★

【あらすじ】

人気小説家の「百武勇虎」が一目で恋に落ちたのは、老舗和菓子店の若旦那「上条忍」だった。まるで未亡人のような風貌の忍がドストライクな百武は、忍へのアプローチのために店に通いだす。そしてついに部屋へ誘うとー…

 

【おすすめヒトコト】

前作「ふきげんなディア」で登場した百武と忍のスピンオフです。

前作も良かったですが、今作はまた雰囲気がちがう2人の人間性がきちんと見えてそれはまあ良かったです! 番外編、みたいに1話で終わらせずにきちんと描いてくださってありがとうございますの気持ちがすごい。

百武の書く小説を読むうちに、自然と調教されていき彼好みになっていた忍のエロさたるや…そういうの大好物です。

 

 

ということで今回は、酷くされても思いが通じなくても愛し続ける健気受けではなく、両思いなのにそれすらおこがましく思ってしまうような謙虚な健気受けをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

ぜひ、この時期にも読みやすい愛でいっぱいの健気受けで満たされてみてくださいね。


 

担当BLソムリエ:こばやし
私生活は暗闇街道まっしぐらな光寄りの夜明け愛好者。切甘に囲まれて召されたい。夜明けの一途ものにめっぽう弱いという、別段誰も知りたくないピュアな一面を併せ持つ。

 

関連作家・声優

コメント2

投稿順|最新順

全て既読&お気に入りだった。
健気受けスキーは自覚あったけど、両思い後も謙虚受けだったのは
無自覚だった。。
またひとつ自分の性癖のカテゴリが増えてしまった

紹介記事で知って「おくびょうなディア」読みました。健気受け最高でした。ずっと手元に置いておきたい一冊です。

PAGE TOP