BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

人はなぜ素股をするのか? シチュエーション別まとめ!

2019/02/09 14:25

素股好きは少数派!? そんなこと…ないよね?


挿入よりも素股の方にエロスを感じる――… そう気付いてしまった日から茨の道を歩み始めました。

前戯の一つとして捉えられることが多く、しっかりと描かれることはあまりないかもしれません。しかし、素股は挿入こそないものの、同等あるいはそれ以上の快楽を得られることができるというのです…! 視覚的なエロさや入りそうで入らないハラハラ感がいつもとは一味違う刺激を与えてくれるでしょう。

今回は、素股描写のある作品をシチュエーションごとに紹介していきます♥

 

①狭いところで…

 

 元恋人で、ライバル。

ハローモーニングスター』作:倉橋トモ

 

あらすじ
5人組アイドルユニットL.PLANETの中心メンバー・アツト。同じ事務所のバンドアイドルREALでカリスマ的人気を誇るボーカルのユキ。次期アイドルトップ候補のライバルと囁かれる二人は、候補生時代――恋人だった。先にデビューを掴みとったのはアツトだったが、デビュー後すれ違い始めた二人は別れ、ぎこちない関係に。でもアツトはずっとユキのことを想っていて――…!?倉橋トモの描くアイドル同士の切なくもピュアな恋!

某大手アイドル事務所を彷彿とさせる事務所内恋愛♥ 先生自身もアイドルファンということもあってか、出てくる男の子たちがみんなキラキラ輝いてる~!!!! アツトの所属するアイドルグループ「L.PLANET」のコンサートを観に行ったユキは、我慢できずにコンサート会場のシャワー室でライブ終わりのユキを襲っちゃう♥ 火照る身体と理性の葛藤、そんなときこそ素股の出番!! 狭いシャワー室で密着して、タイルに手をついて…♥ 手コキしながらというちょっと上級者向けのプレイです(笑)

不思議系寡黙男子に振り回され…

とろける噛み跡』作:羽純ハナ

 

あらすじ
派手なグループに所属する大学生・英智(えいち)。彼は飲み会の度、無言でこちらを睨んでくる仁野(じんの)が気に食わない。ある夜のコンパで英智は仁野を酔い潰すことに成功する。ところが、そのまま置いて帰るつもりがうっかり介抱を任されてしまう。更には、仁野に居酒屋のトイレで襲われてーー!?

ウェイ系大学生の英智はコンパで酔いつぶれた同級生・仁野に居酒屋のトイレで襲われる!! 首筋を噛まれて舐められて、パンツの中に手を入れられて…。気持ちいいことがしたいからと体の関係が始まるも、いつも素股止まり。…そうなんです!! このお話、素股の描写が多いんです!! バックで、正常位で、素股好きには堪りません♥

②焦らすために…

 

principle』作:さちも

 

あらすじ
腕の良い大工の山城の性癖は30歳以上のノンケの童貞を奪うこと。でもセックスの際には独自の細かいルールがあった。そんな山城が職場で出会ったのが一級建築士で謎多きエリート・八代。彼から見た山城の第一印象は変態。第二印象は食えない人。しかし、そんな二人が一度きりのセックスで終わるはずがなく…。男臭いビッチ、インテリとガテンのバトル…などコミカルにエロい展開から目が離せない!!
 
腹黒インテリ×ビッチなガテン系のラブバトル♥ principle<信条>と称したマイルールを持ち、ノンケの童貞を奪うのが趣味な山城。そんな山城に「童貞なんです(大嘘)」と近づく八代。本編は至る所に濡れ場があり、ねちっこく濃厚なセックス描写が魅力ですが、描き下ろしもイイんです!! セフレへと昇格(?)した2人のイチャイチャ素股♥ 「スマタとかすんな!」と喚く受けに「性欲を満たす行為はすべてセックスですよ」と平然と言ってのける攻め。そのまま大工を生業とする受けの逞しい太ももでヌコヌコ…♥ ムチムチでキツそうなところが◎
 
ツンデレ…いや、デレツン

妄想の指先はバラ色』作:山田二丁目

 

あらすじ
罰ゲームでキスしたときの真っ赤な耳も。部活中のオレを見つめる視線も。
高校時代からずっと、外角は先輩の愛須にイラついていた。こっちをチラチラ物欲しそうに見るくせに、決定打の一歩は踏み出さない。その一歩を待ち望んでいた自分にもいい加減腹が立つ。ある晩、外角のイラつきは限界を突破、ついに愛須を押し倒し……!?
 
高校の先輩でもある受けの愛須のツンデレ(デレがダダ漏れ)っぷりがとにかく可愛い! 先輩だし、キャラじゃないし、攻めは自分のことを嫌い(と思っている)し、と長年の片想いを拗らせてしまったが故のツンデレ♥ ですが、「俺のこと好きなのは分かってるんだよ!」と攻めが我慢の限界。最後の一歩を踏み出さなかった罰としてお尻の穴に指を挿れながら(!)素股されちゃいます♥

③攻めのがチ●コが入らない!?

 

もう決して戻らない遠い日の、追憶。

インディゴの気分』作:丸木戸マキ

 

あらすじ
官能小説の編集者・城戸は、大学の恩師の葬儀で、同級生だった純文作家の木島と再会。創作に行き詰まり困窮している木島に城戸はポルノを依頼してみるが、出来は濡れ場が5行で終わる始末…。そんな折、木島は城戸の頼みでポルノ作家の大家・蒲生田のもとへ弟子入りにやってくる。そこで悪趣味で鬼畜と有名な蒲生田に「あること」を命じられた二人は、一線を越えた関係になってしまいーー。
 
『ポルノグラファー』の過去編、城戸と木島の物語。大御所ポルノ作家・蒲生田の言いつけでフェラ&顔射、そしてそのままホテルになだれ込み…。どエロいムードを醸し出し、いざ! というところで「そんなデカいの入るわけない」と拒否する木島。それなら、とそのままバックで素股…♥ アソコが擦れ合う描写と木島のトロ顔が♥ 数年後、蒲生田先生の遺影の前で最初で最後のセックスをするのも切ないポイントです。
 

ほんわか系どエロ男子に骨抜き♥

エロ漫画家とアシくん』作:博士

 

あらすじ
自己管理ができず原稿締め切り間際の土壇場で意識を失ったエロ漫画家の加賀けんぢ。お馴染みの事態を見かねた担当編集は、加賀の大ファンだという文月るいをアシスタントとして採用し、原稿の手伝いに加え、加賀の身の回りの世話を命じる。しかし、人間嫌いな加賀は文月に自主的に辞めてもらおうと『オナニーしながら描くと調子が出る』と言って自分のちんこを見せつけて――!?
 
受けの文月くんが可愛すぎる!!! こんなきゅるきゅるの瞳で見つめられたらノンケでも目覚めてしまいそう♥ お互いが自然に惹かれていく様子と柔らかな絵柄が相まって、ついつい応援したくなってしまう初エッチ。…先っぽだけしか入らない(泣) BLで正常位の素股描写は珍しいと思います。受けの子が自分で足を抱えて持ち上げているのも健気でイイ♥
 
 
以上、素股が描かれている6作品をご紹介しました! 場所が狭いからといったやむを得ない事情だったり、受けのお尻の穴をヒクつかせるための意地悪だったり、チ●コが入らない!! といった死活問題だったりするのですね…! 挿入より余裕があるため、胸や耳への愛撫が増えるのも魅力の一つです♥
また、素股によって焦らされるのは受けだけではありません!! 挿入と同じ体位であり、十二分に気持ちが煽られているのに持て余してしまう、我慢に顔を歪める攻めがたまらなく好きなのです。
 
 
 

担当BLソムリエ:千夜子
ハッピーリリカル至上主義! 困難の数だけ萌えがある!! ナマモノから商業まで何でもイケちゃう節操なし。
BLを読む時の視点は、攻めに叶わない片想いをするモブ女。

関連作家・声優

PAGE TOP