BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

舞台情報2019【公演終了作品】

2019/05/16 17:01

2019年に公演された舞台


ちるちるスタッフが気になった2018年公演された舞台の情報をまとめたページです。
 
 

【4月20日から】浪漫活劇譚『艶漢』第三夜 キャラクタービジュアル解禁

 
 
【原作「艶漢」とは…】

ノーフン(フンドシをはいていないってこと!)がちで柳腰の美少年で傘職人の吉原詩郎(女ったらしの助平)と、
熱血正義感の巡査殿・山田光路郎(筋肉質で無類の猫好き)、
そして詩郎の兄貴分で無敵な色気を放つ吉原安里の物語を軸にした、
エログロナンセンスな昭和郷愁的アンダーグラウンド事件簿。

廃墟のようなバラックが建ち並ぶ不思議な街・幻灯町を舞台に、
ミステリありメロドラマありギャグありの波瀾万丈なストーリーが独特の演出で展開する。
最新刊「艶漢」12巻が現在好評発売中。

2016年3月に浪漫活劇譚『艶漢』、2017年12月には浪漫活劇譚『艶漢』第二夜を上演。
そして2019年4月、満を持して艶やかに、浪漫活劇譚『艶漢』第三夜 新作続編決定!(公式HPより)
 
 
<公演詳細>
公演名:浪漫活劇譚[艶漢]第三夜
日程:2019年4月20日(土)~ 29日(月・祝)
原作:尚月地『艶漢』/「ウィングス」連載中(株式会社 新書館)
脚本・演出:ほさかよう(空想組曲)
出演:櫻井圭登、末原拓馬(おぼんろ)、三上 俊、堀越涼(花組芝居)、村田恒、福井将太、岩義人、岡田あがさ、八神蓮 他
企画・製作:CLIE
チケット:特典付きプレミアムシート 11,000 円(税込)、一般席 6,900 円(税込)
 
 
 

【4月13日から】「Being at home with Claude ~クロードと一緒に~」2019年度版

W主演(松田凌・小早川俊輔)、W演出、Wキャストで4度、蘇るモントリオールを舞台にしたカナダ戯曲(R-15指定)
 
 
1967年 7月5日、月曜 午前10時 。
カナダ、モントリオール、裁判長の執務室。
容疑、殺人。

自首してきた若い男娼。
外には大勢のマスコミ。
刑事の取調べは36時間を超えた。

真実だけが、見付からない。
 
 
『Being at home with Claude〜クロードと一緒に〜』はルネ=ダニエル・デュボワによるカナダの戯曲です。2014年にZu々プロデュースで日本で初上演されて以来、形態を変えながら上演回数を重ねて参りました。
初演(2014年・青山円形劇場)のWキャストで主役の「彼」を演じたのは相馬圭祐・稲葉友。また再演(2015年・シアタートラム)では主演の松田凌を中心に「刑事」「速記者」が交互に役を入れ替わるスウィッチキャスティングの形式。3回目の上演(2016年・新国立劇場小劇場)には映像と生演奏を取り入れたLecture-Spectacle<読み聞かせ>として上演し、主演「彼」を松田凌が務めました。
 
4回目の上演となる今回は、新たな「彼」に小早川俊輔を迎え、3度目の主演となる松田凌とのWキャスト。更には二人の演出家:田尾下哲、保科由里子によるCyan(シアン)とBlanc(ブラン)のWチームでの上演です。
会場となる横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)との共催、後援は初演から引き続きカナダ大使館、ケベック州政府在日事務所です。
 
 
『Being at home with Claude〜クロードと一緒に〜』
2019年4月13日(土)~28日(日) 横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール

 
【作】 ルネ=ダニエル・デュボワ 【翻訳》イザベル・ビロドー/三宅 優
【総合演出】 田尾下哲 【上演台本・演出】 保科由里子 【演出補】木村巧三

<15歳未満入場不可>
映画のR-15と同程度のセクシュアルな表現があるため、15歳未満の入場をお断りします。
 
公式サイト:https://www.zuu24.com/withclaude2019/
公式ツイッター:https://twitter.com/withClaude
公式フェイスブック:https://www.facebook.com/withclaude

<チケット発売中>
「Being at home with Claude~クロードと一緒に ~」
一般 8300円
チケットぴあ(Pコード:492-669 ) https://t.pia.jp/
カンフェティ特設サイト https://www.confetti-web.com/withclaude 
イープラス https://eplus.jp/

学生(当日引換券):3900円
15歳未満入場不可
映画のR-15と同程度のセクシュアルな表現があるため、15歳未満の入場をお断りします。

プレビュー公演<4月13日(土)、14日(日>:3900円
有料の公開ゲネプロのため、4月16日(火)からの本公演と同様に上演致します。
本番と同じ条件(メイクや衣裳、音響、照明など)で、稽古の総仕上げとなります。ゲネプロという特性上、やむ負えない事態が生じた場合は、中断する可能性もご理解の上、ご購入ください。

カンフェティ特設サイトのみ www.confetti-web.com/withclaude
企業プレスリリース詳細
 
 
 

【2月16日受付開始】キネマ(映画)キノドラマ(舞台)連動興行「怜々蒐集譚 Reirei Syusyu Tan」DVD発売決定!

 
 
2月27日に千秋楽を迎えたキネマ(映画)キノドラマ(舞台)連動興行「怜々蒐集譚 Reirei Syusyu Tan」のDVD化が決定!
会場へ足をお運びいただく機会のなかった皆様、この機会にいかがでしょうか?
 
<商品内容>
商品名:キネマ(映画)キノドラマ(舞台)連動興行「怜々蒐集譚 Reirei Syusyu Tan」DVD
価格:キネマ 4,200 円(税込)/キネマ・キノドラマ二枚組 9,800 円(税込)
発売日:2019 年 5 月下旬発送予定
予約受付期間:期間限定Zuオンラインショップにて、2月16日(土)~ 4月30日(火)まで
詳細はこちら
 
 
 

【3月17日】舞台「銀河英雄伝説 Die Neue These」テレビ初放送

 
 
2018年10月25日~28日までZeppダイバーシティ東京で上演された舞台「銀河英雄伝説 Die Neue These」が、衛星劇場にて、3月17日(日)16:00に放送決定!
 
田中芳樹のベストセラー小説『銀河英雄伝説』の舞台シリーズは、2011年から2015年にかけて全11作品が上演された。累計動員数は約13万人に達し、2015年に惜しまれながらも幕を下ろした。その舞台『銀河英雄伝説』が新作アニメの放送にあわせて、2018年、新・舞台シリーズとして幕を上げた。
 
【あらすじ】
物語は数千年後の未来、宇宙空間に進出した人類が、銀河帝国と自由惑星同盟の二国に分かれていた。この二国家の対立は実に150年に及び、際限なく広がる銀河を舞台に、絶えることなく戦闘が繰り返されてきた。そして、ふたりの天才の登場によって歴史は動いていく…。「常勝の天才」ラインハルト・フォン・ローエングラムと、「不敗の魔術師」と呼ばれるヤン・ウェンリーである。ふたりは帝国軍と同盟軍を率い、何度となく激突する―。
 
<詳細>
本編尺:112分
製作年:2018年
演出:大岩美智子
原作:田中芳樹(東京創元SF文庫『銀河英雄伝説』シリーズ)
脚本:米内山陽子
構成:高木登
監修:高木登
出演:
・銀河帝国/永田聖一朗、加藤将、畠山遼、釣本南
・自由惑星同盟/小早川俊輔、米原幸佑、伊勢大貴、小西成弥、碕理人、汐月しゅう
放送日:2019年3月17日(日)16:00~18:15
チャンネル:CS放送局「衛星劇場
 
 
 

【2月14日】『THE STAGE ラッキードッグ1 first luck+』DVD発売決定!

 
 
『THE STAGE ラッキードッグ1 first luck+』のDVDが発売決定!
再演ベルナルドルートをベースに、ルキーノ、ジュリオ、イヴァンルートの分岐部分を収録。特典として約15分間のメイキング映像も!
 
<商品内容>
商品名:『THE STAGE ラッキードッグ1 first luck+』DVD
発売日:2019年2月14日(木)
価格:8,200円(税込)
枚数:2枚組
 
 
 

【3月放送予定】宮野真守ら出演!劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season月 下弦の月

 
 
回転する客席を囲む360°のダイナミックなステージ!!
宮野真守、鈴木拡樹、廣瀬智紀、木村了、松岡広大が壮大な舞台空間をエネルギッシュに駆け巡る!

「劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season月 下弦の月」が、3月にWOWOWにて放送決定!
声優としても活躍する宮野真守が主演の“下弦の月”をお送りする。
 
<内容>
今回の物語は理想に燃える主人公・捨之介の若さゆえの“失敗”、そして“絶望”が描かれている。《花》《鳥》《風》と続いた“髑髏城の七人”のベーシックなストーリーを同じくする物語のラストを飾る作品。先輩たちが作ってきた歴史に新しい息吹を吹き込む!(WOWOW HPより
 
詳細はこちら
 
 
 

【3月9日から】林翔太&松岡充が寄り添う ミュージカル「ソーホー・シンダーズ」

 
 
ロンドン・ソーホーを舞台に繰り広げるミュージカル
現代版“ボーイズ”シンデレラ(!?)
日本初演!!
 
【ストーリー】
ロンドンの街、ソーホーで洗濯屋を経営するロビーは、店のオーナーである義姉妹にしばしばいじめられ、家賃を上げられて追い出されてしまう。
お金に困ったロビーは、経済界の大物・ベリンガム卿からお金の援助と求愛を受けるが、実はロビーには密かに本命の恋人がいた。お相手はロンドン市長選立候補者、ジェイムズ・プリンスである。
ある日、ベリンガム卿は市長選資金集めのためのパーティーを企てる。そうとは知らず、高価な衣装やお金を贈られパーティーに招待されたロビー。気乗りしないまま、親友のヴェルクロやリキシャ屋のサイドサドルの応援で、夜中の12時に会場を抜け出す作戦を立て、パーティーへ出向くことに。しかしこのパーティーでロビーはジェイムズと鉢合わせてしまう! 二人の仲がばれ、ひとたび大スキャンダルとなり……!?
主人公は男性!王子様も男性(!?) そんな二人が“本当の幸せ”を見つける、新しいシンデレラ・ストーリー! (公式サイトより
 
<公演日程>
東京公演:2019年3月9日(土)~ 21日(木・祝)
大阪公演:2019年3月23日(土)・ 24日(日)
金沢公演:2019年3月26日(火)・ 27日(水)
愛知公演:2019年3月28日(木)
神奈川公演:2019年3月31日(日)
詳細はこちら
 
 
 

【2月15日から】イヴ・サンローランが初のミュージカル化

 
 
世界的ファッションデザイナー、イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)の人生を題材にしたミュージカル「イヴ・サンローラン」が公演される。
 
 
<イントロダクション>
『人は生きるために美を必要とする。』
 
トラぺーズライン、モンドリアン、スモーキング、サファリ・ルック、パンタロン…数多くの美の結晶を生み出した、フランスを代表する伝説のファッションデザイナー、イヴ・サンローラン。
 
誰よりも時代の喝采を浴び、
誰よりも孤独で壮絶に生きた ─── モード界の神。
 
プレタポルテの開拓によってもたらした、多くの人々への美の享受。
その偉大な功績と人生の足跡を、音楽に彩られた束の間の幻として浮かび上がらせる、ミュージカル「イヴ・サンローラン」。これはイヴのパートナー、ピエール・ベルジェが垣間見たイヴの人生のタペストリーであり、「能」のごとく死者が語る前世の物語である。

そして何よりも、美に囚われた「極度に神経質な、痛ましくも素晴らしい一族」の叙事詩なのである。(公式HPより)


■東京公演
日程:2019年2月15日(金)~ 3月3日(日)
会場:よみうり大手町ホール

■兵庫公演
日程:2019年3月26日(火)
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
 
詳細はこちら
 
 
 

12月初放送 「AD-LIVE 2017」2018年12月よりTV初放送決定!

 
 
「AD-LIVE 2017」がCSファミリー劇場にて、2018年12月より、TV初放送決定いたしました!
 
 
 

【8月8日より】 “テニミュ”15周年記念!ミュージカル『テニスの王子様』1stシーズン&春の大運動会 23作品 放送決定 WOWOW

 

<概要>
ミュージカル『テニスの王子様』シリーズ15周年を記念してWOWOWライブにて毎週水曜に放送
 
 
 
 

【3月上演】ミュージカル『プリシラ』

 
 
ミュージカル『プリシラ』が2019年3月に日生劇場にて待望の再演決定!
華麗なドラァグクリーン達が往年のディスコヒッツで歌い踊る超ゴージャスなミュージカル‼️乞うご期待(Twitterより)
 
 
 
 

【2月17日】新垣樽助主宰 朗読劇「ふたり芝居」 共演に古川慎

 
 
果てしなく広がる空のように
続くものだと思っていた。
振り返っても、君はいない。
もはや声も、届かない。
 
公演日:2019年2月17日(日)昼夜2公演
開場:ザムザ阿佐ヶ谷
詳細はこちら
 
 
 

【2月16日】WOWOWライブ 舞台「魔界転生」放送!

 
 
エンターテインメント時代劇の最高傑作が堤幸彦の演出、上川隆也、溝端淳平そして松平健らの出演でよみがえる。映像を駆使した豪華絢爛、空前絶後の世界が舞台を埋め尽くす
 
【ストーリー】
肥前国島原で起きた島原の乱では、幕府軍の総攻撃でおよそ3万7千人の民が惨殺された。やがて“魔界転生”という死者再生の術によって、乱の総大将・天草四郎(溝端淳平)がこの世によみがえる。
隻眼の剣豪・柳生十兵衛(上川隆也)は、北条主税(松田凌)、小栗丈馬(栗山航)、戸田五太夫(丸山敦史)ら配下と剣術の稽古に明け暮れていた。幕府惣目付の父・柳生宗矩(松平健)は、乱の後、怪しい動きをする軍学者・由比正雪(山口馬木也)を息子の柳生又十郎(木村達成)に探らせる。また、長崎に赴いた十兵衛は、真田十勇士の生き残り・根津甚八(村井良大)と四郎の姉・お品(高岡早紀)と出会う。
一方、“魔界転生”により荒木又右衛門(猪塚健太)、田宮坊太郎(玉城裕規)、宮本武蔵(藤本隆宏)らがよみがえり、武蔵と剣を交えた宗矩も魔性の者に転生。さらに淀殿(浅野ゆう子)も呼び覚まされ魔界衆が集結。十兵衛と魔界衆との死闘が繰り広げられる!
 
放送日:2019年2月16日(土)
詳細はこちら
 
 
 

【2月16日から】キネマ(映画)&キノドラマ(舞台)連動興行「怜々蒐集譚」

 
 
1998年刊行の石原理先生の人気コミックシリーズ『怜々蒐集譚』が初舞台化&映像化が決定しました!
 
公演期間:2019年2月16日(土)~ 27日(水)
会場:新国立劇場 小劇場
詳細はこちら
 
 
 

【1月13日から】「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」

 
 
大人気漫画「封神演義」がミュージカル化!!
 
藤崎竜氏による大人気漫画「封神演義」が「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」と題しまして
2019年1月13日(日)より1月20日(日)までEX THEATER ROPPONGIにて上演されることが決定いたしました。(公式ブログより)
 
<公演情報>
公演日程:2019年1月13日(日)~ 2019年1月20日(日)
劇場:EX THEATER ROPPONGI(東京都港区西麻布1-2-9)
 
脚本:丸尾丸一郎
演出:吉谷光太郎
 
出演:太公望(橋本祥平)、楊戩(安里勇哉)、哪吒(輝山立)、黄天化(陳内将)、武吉(宮本弘佑)、黄飛虎(高松潤)、太乙真人(荒木健太朗)、妲己(石田安奈)、紂王(瀬戸祐介)、王魔(青木一馬)、高友乾(武藤賢人)、申公豹(大平峻也)、聞仲(畠中洋)
 
詳細はこちら
 
 

PAGE TOP