BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

BLCDに出演する声優って減ってるの? 増えてるの? BLCDのこれからも予測してみた

2019/03/03 11:35

BLCD界には声優さんの出入りがありますよね…そこに注目してみました!

 

 


某声優さんがおっしゃっていましたが、年々声優さんの人数は増え続けているらしいのです。毎年新人さんが入りつつも、具体的に決まった定年とか声優さんにはないので、確かに言われてみればその通りです。

しかぁし!! BLCDはなんとな~くもうあの方が出演されてるの見ないなあ、という「BLCD定年」が人それぞれあるように感じます。そして毎年はじめてBLCDに出演される方が出てきてます(←新卒って感じですかね笑)。

ということで今回は1年間で出演してくださる声優さんの総数は増えているのか、減っているのかについて調査したいと思います(出演は受け攻め表記のあるいわゆる「メイン」を数えています)。

例えば2017年は古川慎さん、新垣樽助さん、興津和幸さんら計73名の方がBLCDのメイン役を演じています。

では早速グラフをどうぞ!


これは何を見せられているんだろう、と思われた方、その通りです。正直、これだけじゃ何が何やらという感じなので1年間に出たBLCDの数と比較して、色々な分析、発見をしていきたいとおもいます。


この「1年間に発売されたBLCDの作品数」と比較することで見えてくるものがあります。声優さんの方のグラフと同じような形をしていて、確かにBLCDの枚数が多ければ多いほど出る声優さんの人数も増えるのが当たり前な感じがします。が、他にもいろいろな発見があるのです!

 

2006年は1人当たり7枚メイン役をやっている!!


2006年は2001年から2017までで1年間で出されたBLCDの数が最も多いです。そしてBLCDに出演された声優さんの人数と比較すると……1人あたり約7枚メインをやっているんです(1枚のCDでメイン役が2役と仮定しています)!! 「その作品のツンデレ受けも○○さんだし、この作品のワンコ攻めもおなじ人で、あの作品の健気受けもおんなじ人だ~」みたいなことが、2006年にはめっちゃ起こっていたと思われます(笑)

2016年はBLCDの増え方に比べて声優さんの数が激増!!


2015年から2016年でBLCDの数も増えているんですが、声優さんの数はBLCDの増え方と比較してより増えています。2008年と比較すると、CDの数は3分の2になっているのに対し、声優さんの数はほとんど同じです。
つまり、CDの増え方よりも声優さんの増え方はもっと増えているんです。1人あたりの出演数も少なくなっていてですね、声優さんの多様度が高まっているのではないか! そしてこれからも声優さんの数が増えていく流れに見えます!

いかがでしたか? ひたすら声優さんの数を数えているときは「これで何が分かるんだ……?」と自分で数えはじめた割に諦めそうになりましたが、やってみて良かったように思います。好きな声優さんのお芝居をいっぱい聴きたい方も、その声優さんが色々な人と掛け合いするとその方の良いところがもっともーっと聴けると思うので、個人的にはBLCDに出演する声優さんの数も、BLCDの数もどんどん増えたらいいなあ、と思っています。

 

PAGE TOP