BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

全人類に読んでほしい!人間と人間の愛情の本質を問う衝撃作

2019/02/07 13:14



演劇部のマドンナは…なんと男!? 衝撃の話題作となったPEYO先生の初コミックス『ボーイミーツマリア』は全人類に読んでほしい!


◇メインカップル



ぶっきらぼうな演劇部マドンナ(男)  有馬優×ポジティブすぎる素直バカ・広沢大河


衝撃でした

最初は表紙のファンシーさに惹かれて購入したのですが、それだけじゃない!
周りの人も優しさに溢れていて、読んでいてじわっと暖かな気持ちになります。
綺麗な顔と男らしさをもっと有馬、正義と優しさをもつ大河のこれからも気になりました。

くーはち(ちるちるレビューより)




物語のあらすじ
幼い頃からヒーローに憧れる大河は、高校に入学し運命の女の子と出会う。
その相手は、演劇部のマドンナ・通称「マリア」。公演で一際目立つマリアに一目ぼれした大河は、出会ったその日に自分のヒロインになってくれと告白するも、あえなく玉砕。
評判の美女は実は男だった――。


マドンナ…? 男…? 矛盾するあらすじに興味を惹かれた方も多いのではないでしょうか。性の狭間で揺れる心を繊細に描きつつ、最後には美しい光を感じられる作品です。



息を呑むような美しい表現に冒頭から圧倒…!! 大河の衝撃の表情にも頷けます。


大河からのしつこいアタックにブチぎれた有馬。先ほどの優美さとは一転、"男"が際立っております…!(でもやっぱめっちゃ美人)


最初は険悪だった有馬も、大河の真っ直ぐさにあてられて演技指導をしてくれるまでに。雑だけども親愛のつまった頭の撫で方にきゅん…♥



「女」の部分に依存しないと舞台に立てない有馬。大河は今までの演技指導がどれほど勇気のいる事だったかに気付き、真っ直ぐに想いを伝えます。有馬は自分の葛藤を克服することができるのか、そして演技で繋がる2人の想いの行方は…。

 

さらに読む ポイント50%還元



最後にユーザーさんのコメントを一部抜粋してご紹介します。

有馬、大河それぞれの過去が「演劇」というものに影響を与えていて、複雑ながらにも丁寧に描かれていて心に刺さりました。
最初は表紙のファンシーさに惹かれて購入したのですが、それだけじゃない!
周りの人も優しさに溢れていて、読んでいてじわっと暖かな気持ちになります。
綺麗な顔と男らしさをもっと有馬、正義と優しさをもつ大河のこれからも気になりました。

 

作者様、これが商業デビュー作なんですよね…?ものすごく漫画描くのうまくないですか?絵がうまいだけじゃなく、漫画を構築する全ての要素において。人物の設定。性格づけ。描き分け。動かし方。これはキャラが立っていてよかったです♪というレベルを超えている気がする。BL以外の漫画もかなりの数読んでいるつもりですが…キャラクターの働かせ方のうまさ、展開力、描写力。うーん、すごい…


女とか、男とかじゃない。人間と人間の恋愛を繊細に描いた1冊に圧倒されたというお声がたくさん! コミカルな描写もありつつ、ジェンダーに対して投げかけてくるようなストーリーに心を動かされました。読んだ後に大切なものを感じられる1冊、是非多くの方に読んで頂きたいです!!


お得にお求めいただけるこの機会に、是非読んでみてくださいね!

 

さらに読む ポイント50%還元

 

 ひかりTVブックさまの紹介

PAGE TOP