BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

BLでも大変お世話になってます! でもエネマグラってどうしてこんな形なの?

2019/02/24 11:36

そもそもエネマグラはアダルトグッズではない!?

 

“前立腺マッサージ”というのはBLでもそうでなくても聞いたことがある言葉だと思いますが、元々この行為は快感を得るためのものではなく「前立腺液圧出法」という医療行為だということはみなさまご存知でしょうか?(ちなみに筆者はお恥ずかしながら、今回調べるまで知りませんでした…勉強不足ですみません…)

 

しかし前立腺マッサージ、なんて柔らかい言い方だとどうしても気持ちが良くて優しいものを想像してしまいますが、本来は前立腺炎という病気で著しい排尿障害がある場合に、医師免許を持った者がアナルに指を入れ刺激を与え中にたまった古い前立腺液を絞り出す治療の一種なんです。ひえぇ…!

もちろん炎症を起こしている状態なので全く気持ち良くありません。それどころか苦痛、、、怖いですね。

とはいえそれは逆にいうと、前立腺マッサージを受けて気持ちが良いのは正常の前立腺ということでもあります。

 

男性の4人に1人は発症する!?

前立腺炎がエネマグラを生んだ!

 

 

前立腺炎を患うのは主に成人男性(特に中年世代)のため、BLで読んでいるようないけない展開♡ はまあ当たり前に期待しづらいんですが、この処置は準備など手間がかかる割に医師側は全然儲からないのも関係している…のかどうかはさておき、1996年に患者が自らこの処置が行える器具を開発した医師がいるのです。

 

そう、それがエネマグラ!

 

なるほど、アダルトグッズとして気持ちよくなるために生まれたのではなく、自分で前立腺液を出すために考えられた医療器具だったんですね。

そこで本題です。なぜエネマグラってこんな独特な形をしているのでしょうか?

特に有名な“ドルフィン”を筆頭に、他のものを見てみてもあまり大きく形状が変わることはありません。しかしその理由は至ってシンプル。

 

(画像はAneros公式サイトより引用)

 

エネマグラの特許を持っている「Aneros(アネロス)」によると、これは直腸に挿入された先端部分が前立腺を的確に刺激するために必要な構造なんです。この構造が特許にも申請されているAnerosのこだわり。

そしてこれらが機能する限り、余計なものをつける必要がないのです。実に分かりやすい。決してアダルトグッズっぽいユニークさを取り入れたわけではなかったんですね。

 

ということで、今回はエネマグラが生まれたきっかけからその形状についてまでをざっくり簡単にまとめてみました。

今後どんなときにこの知識が生かされるかわかりませんので、ぜひみなさまも頭の片隅に入れておいてみてくださいね。

 

以上、「BLでも大変お世話になってます! でもエネマグラってどうしてこんな形なの?」でした!

コメント3

投稿順|最新順

匿名3番さん(1/1)

私も鬼畜眼鏡の御堂さんに教わりました
まだBLでしか聞いた事ないから、普通の(?)生活していたら知らなかったんだろうな~

匿名2番さん(1/1)

私が初めて知ったのは、池玲文先生の「ひんやり廊下、万華鏡」です!括約筋が動いて、勝手に当たるんですよね!凄く勉強になりました!(何の勉強なのか⁈)

匿名1番さん(1/1)

初めてエネマグラという単語を知ったのは鬼畜眼鏡(確か御堂さんルート)だったと思い出すと同時に鬼畜眼鏡が10年以上前の作品だという事に戦慄を覚えました(泣)

PAGE TOP