BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

【実話】ノンケなのに!?甘くて苦い、エッチな同性愛体験談♥

2019/03/02 14:25

リアルすぎて切ない…男同士の秘密の関係

 

Guy Counseling という男性に関する問題にフォーカスしたサイトが、自称ノンケ男性に聞いた「初めての同性愛経験」についての記事を公開しました。

 

実話だけあって、ドキドキするようなリアルなエピソード満載の内容になっています!

 

ということで今回はその中から筆者が萌えた、切なくてちょっぴりエッチな、珠玉のストーリーを紹介しちゃいます☆

Episode1:子どももいる既婚者、ペドロの場合

 

俺はイーストコーストでビルのセキュリティガードをしてる。2年前に俺と同い年のやつが夜のシフトに入れられた。この時間帯のシフトはすごく静かなんだ。それで時間つぶしのために一緒になってそのビルの人たちのゴシップなんかを話してた。

ある週末の朝2、3時くらいに、俺たちはすごく退屈してて、自分たちのこれまでのあっちの経験について話しはじめた。何が起こったのかは分からないんだけど、俺たちは二人ともそれで興奮したんだ。
ついには物置部屋でお互いのモノを慰め合った。同じようなことをその夏に何度もした―俺らのどちらかが「物置部屋」とつぶやいたら、もう一人はそれが何の時間かわかるくらいにはなってたよ。

夏が終わったころ、彼は別のビルに異動になった。俺は自分がそれを楽しんでなかったとも、彼がそういうことが好きだったとも言わないよ。

 
 

Episode2:ノンケとして人生を送っている、ロニーの場合

 

大学にいた頃、僕はサッカーをやってた。僕はほとんどベンチだったからそれ自体について特に話すことはないんだけど、そこにそうゆうことをよくしてた相棒みたいなやつがいたんだ。
最初からそんなことをしようと思ってたわけじゃなかった。ただ、ときどきあいつは(僕の部屋の前を)通り過ぎて、あいさつをした。そしたらあるとき話しかけてきて―そう、ちょっと出ないかって。

僕はあいつに、酷いプレーで肩を痛めたって言ったのを覚えてるよ。そしたら筋肉をリラックスさせるためにマッサージをしてあげるって提案してきた。その時あいつがすごい汗をかいてて、僕は欲情されてることに気づいたんだ。

その後は、言うまでもないよ。僕らは関係を持った。1年間以上、何回もヤったよ。彼は今は僕と同じように結婚してる。僕としては、もし経験があったとしてもそれはゲイってことにはならないと思う。

 
 

Episode3:自分は完全なノンケだという、フランクの場合

 

高校時代、僕には近所に付き合っていた女の子がいた。彼女には僕と同い年の兄が一人いて、僕らは友達になった。

ある日その兄と一緒に出かけたときに、彼は自分がバイであることを僕に告げてきた。そして僕にだれか男と関係を持ったことはあるか、と聞いてきたから、素直に本当のこと言った―まったく、と。

なんでそんなバカなことをはじめてしまったのかは聞かないでくれ。多分ちょっと興味があったんだと思うんだ。おかしいんだけど僕は付き合ってた彼女とはそうゆうことをしなかったんだよ―1回もね。

僕は自分のことをゲイとか、ましてやバイだとも思わない。あの時は、ただ知らないことを知ってみたかっただけで、たまたまその相手としてあの人がいただけだと思ってるよ。

 
 
いかがでしたでしょうか?
「事実は小説よりも奇なり」といいますが、どのエピソードもまるでフィクションのように魅力的。
 
Guy Counselingでは、これらのエピソード含め全部で25の「ノンケ男性の初めての同性愛体験」を英語で紹介していますので、気になる方はぜひこちらからチェックしてみてくださいね!
またこの記事の中では、セクシャリティーというのは簡単に白黒つけられるものではないというような事が書かれています。
 
たしかにゲイやバイ、ストレートなどセクシャリティーの区分をはっきりと分けるのって、本当はとても難しいことですよね。
 
ノンケの男性だって同性と関係を持つこともあるし、逆もしかり。
記事のなかではみなさんノンケとしてその後の人生を送っていましたが、ときにはそこから本当の恋におちることだってあるのではないでしょうか?

BL作品のなかには、ゲイやノンケの違いに苦しむキャラたちが描かれることも多いですが、本当の愛にセクシャリティーなんて関係ない!と筆者は個人的に思います。
 
 
 

PAGE TOP