BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

逆光源氏計画! 攻め育成BLまとめ

2019/04/28 15:25

スパダリのポテンシャルを秘めた逸材、集めてみました!

 

光源氏計画。それは…

自分が慕う年下の人物を自分にとって理想的な「大人の女性」に育てようとする計画のこと。(中略)その慕う相手は自分にとって年下で、ほとんどが男が年下の女子に対してすることに使われ、年上女性が年下男子に対しての場合、「逆光源氏計画」と呼ぶ。同性の場合もあり。(ピクシブ百科事典より)


成熟しきったスパダリもいいけど、発展途上のスパダリもいいよね☆ というわけで、ショタ時代からスパダリの片鱗を見せていた攻めが高校生・大学生へと成長する作品を集めてみました♥ 今はまだまだ可愛い年下ワンコですが、ゆくゆくは素晴らしいスパダリへと変貌を遂げることでしょう…!

1年ほど前にもTwitterで「#魔女集会で会いましょう」というタグがバズりました。自分好みに育成成功してご満悦の受や、攻がカッコ良くなり過ぎてこんなはずでは…! と狼狽える受の姿が目に浮かびます。それでは、どうぞ!

 

ショタαに抱かれたい

さよならアルファ』作:市梨きみ

 
 
あらすじ
完全無欠の生徒会長・千夏(ちか)は、その有能さゆえ自分の性別をアルファだと思い込んだまま、順風満帆の人生を謳歌していた! しかし、その人生はいたいけな子供・はるかによって一変してしまう。不良に絡まれていたはるかと目が合った途端、千夏に秘められていたオメガ性が爆発。強烈な「発情」(ヒート)が起こってしまう!
 
発売されるや否や、オメガバース界隈に激震が走ったこの作品! 小学生のα相手に発情ーー!? 過激過ぎる年の差ラブ♥ そ、そうか…運命の相手が同年代とは限らないのか……! オメガバースと言えば俺様系α×健気系Ωが鉄板だと思いますが、まさか未精通のショタがαとは!
自分のことをαだと思っていたけれど、αとの出会いによってΩ性が爆発してしまう…という一見シリアスそうな展開ですが、千夏が結構アッサリと受け入れているのですんなり読めちゃいます! 喧嘩も強くてたくましいΩですが、はるかに抱かれたいと思えば思うほど身体ビクビクと反応してしまう様子がとっても可愛いです♥ 未成年淫行に走ってしまいそうですが(!)、相手は「運命の番」という言葉すら知らない小学生なので大人になるまで我慢…(;_;)  離れている間、あどけなさが残るショタからスパダリ大学生へと華麗な変貌を遂げたはるか。「大きくなったら僕が守るから」という決意と11年という長い歳月が功を奏しましたね♥ 恋というものを知る前に運命の番と出会ってしまったαの方が人生を狂わせられてしまったのかもしれません。
 

自分好みの攻め育成計画

あなた、わたしの業なので』作:にゑ

 
 
あらすじ
元愛人からプレゼントされた一軒家。自堕落で優雅な生活を送る本城菫(ほんじょうすみれ)の元には、夕方になると学生服に身を包んだ恋人が現れる。神野晃央(じんのあきひさ)、十六歳。ヤりたい盛りの高校生。伸び盛りの肉体に押し倒され、激しくセックスをせがまれた菫は、早々に心も体も乱されてしまう。ふたりの出会いは六年前。幼い晃央は菫によく懐き、以来大事に大事に育ててきた。しかし、晃央は菫を散々愛して捨てた男、神野龍久(じんのたつひさ)の孫でーー。
 
愛した人の忘れ形見と愛を育む物語――。前口上から背徳感の匂いがプンプンします! 綺麗系和服美人と高校生ワンコという素晴らしい組み合わせ…! このワンコ、中2で童貞卒業(相手は受)して以来毎日受の家に押しかけてはセックス三昧という絶倫ぶりです。若さって素晴らしい。
そんな攻ですが、実は受を愛人として囲っていた男の孫なのです。かつて愛した人の面影を持つ晃央を半ば復讐の意味も込めて身も心も自分のものにしようとする菫。しかし、またいつか同じように捨てられる日が来てしまうのかと怯える日々。晃央も晃央で祖父のことを忘れられない(と勝手に勘違いしている)菫にヤキモキ。はー! このお互いがお互いを想うベクトルが少しズレているが故のすれ違い最高だー!!! 2人ともちょっと天然っぽいところが大好きです。特に菫の色気が凄まじく、耳かけフェラも着物を押し上げる怒張した性器も全てが淫靡で綺麗。晃央も長身ハーフのイケイケDKという風貌で受け一筋なところが最高にカッコイイです♥ 「業」という物々しい言い方といい、基本的に菫の愛情は重くて深いのですが(笑) そんな愛情を一身に受けた忘れ形見が6年の歳月を経て、立派なスパダリに成長しました♥
 

君の帰りをずっと待っていた

home』作:つゆきゆるこ

 
 
あらすじ
小説家・辰巳はある日家の庭に潜んでいた少年・澄晴と出会う。子供は大の苦手なのに、無邪気で子犬のような澄晴に懐かれ、一緒に過ごすうちに澄晴との距離感に慣れてしまった辰巳。でも澄晴はピタッと家に来なくなって? 子犬が超大型犬になるまで―― まっすぐな子供×捻くれた大人の極上幸せラブ♡
 
何と言ってもまず表紙が良いですよね! 昔撮った写真と同じポーズで撮り直したものを見ると、大人はそんなに変わらないのに子どもだけ成長していてとてもホッコリします。逆転した身長差と体格差が最高です◎
孤独な小説家・辰巳に懐いたのは陽だまりのように暖かな子ども・澄晴。穏やかな日々を過ごしたのも束の間、「大きくなったら絶対帰ってくる。だからこの家で待ってて」と言い残し、アメリカへと旅立っていく澄晴。10年という年月は澄晴を一回りも二回りも成長させますが、待っているだけだった辰巳はずっとあのときのまま。だからこそ、未来ある澄晴をこの世界に引きずり込んでよいのだろうかという葛藤が生まれます。また、小説家という職業からか、自分の想いを口ではなく文章で表すのが得意な辰巳。自分と澄晴をモデルにした悲恋の物語を書いてしまうほどの想いが切ない;; 成長した姿に戸惑う辰巳に「もう子供のときみたいに可愛くはないけど」と大きな図体でしょんぼりするワンコ素晴らしいです! 想いを再確認したあとはひたすらラブラブ♥ ゆっくりと本当の恋人になっていく様子に心が温まります。
 
 
いかがでしたでしょうか! 雛鳥が初めて見た動くものを親だと思い込むように、攻め気質を持つショタは初恋の相手(受け)を守るためにスパダリへと変貌を遂げるのですね…! 離れていた年月の分だけ互いの想いと絆が強くなっていく様子も見どころです♥
 
 
 

担当BLソムリエ:千夜子
ハッピーリリカル至上主義! 困難の数だけ萌えがある!! ナマモノから商業まで何でもイケちゃう節操なし。
BLを読む時の視点は、攻めに叶わない片想いをするモブ女。

コメント3

投稿順|最新順

答姐の探し物スレが上がると、同じ内容の記事作るよね

こういうのは小説で読みたい。

逆光源氏と言えば日高ショーコさんの「憂鬱な朝」の桂木→暁人ではないでしょうか。生まれの良さもあるけど10歳位からの桂木の教育のおかげであんないい男に育っちゃったんだから。桂木はそんなつもりで育てた訳ではないですが。

PAGE TOP