BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

平凡受けが一周回ってスパダリ受けにしか見えない件について

2019/04/13 14:19

ありがち…と侮るなかれ! 無限の可能性を秘めた平凡受け最強説


平凡【へいぼん】――ここと言うすぐれた点もなく、並なこと。

BL界の一大ジャンル「平凡受け」。
でも最近思うのです… 結局、平凡受け≒スパダリ受けなのではないか、と。
少年漫画の主人公なんかは平凡属性の皮を被っているけれど実は凄い能力を持っていた、みたいな展開が多いですが(それもまた一興)、BLにおける平凡受けは確かに「平凡」なんです。それでも対攻めとなると、攻めの人生や価値観を変えるほどのパワーを持っている…
そんな平凡受けって攻めにとってはもはやスパダリなのでは???

ということで今回は「平凡≒スパダリ受け特集」と題し、私の思う最強の5作品をご紹介します!

おじさん受の包容力が変人攻を救う?!

鬼と天国(上)(下)』作画:お吉川京子 原作:阿賀直己



あらすじ
高校勤務の青鬼は、最低限しかやる気を出さない省エネ教師。
先輩教師にどやされ、なかなか教室に来ない生徒の様子見のために向かった〝保健室〟で初めてまともに話した、どうにも掴めない養護教諭・天獄。熱心な教師を演じる青鬼の本性をあっさり見破って、にっこり笑顔。この出来事で天獄のことが苦手だと再認識したはずなのに、「赴任してきてからずうっと見てた」とカミングアウト。更に青鬼のことを〝純情〟だと言って、いきなりくちづけをされてーー?

コメント
攻めが受けを救ったように見えて、実は攻めも救済されている…そんなお話。
上巻では青鬼の過去が、下巻では天獄の過去が描かれます。流されおじさん→"精神で抱く"スパダリ年上受けへと変容を遂げるその理由が「恋」なのが尊いポイント!! 普段はパッとしないけど一本筋が通った、新しいタイプの男前受けを見ました。自分のトラウマや弱いところを認めながら、天獄を精神的にも身体的にも受け止める…。甘えさせ上手になっていくのは年上の余裕からでしょうか。愛だね…
歪な形で始まった関係に、お互いが「恋」という名前を付けられるようになるまでを描いたとってもピュアなラブストーリーだと思います。
天獄の「あなたは僕を傷つけるのがほんとうに上手いな」の一言にお前が言うか!! と青鬼と一緒にツッコミつつも、この作品の核心をついた台詞に感じられて痺れます。


受けの「○ね」は「愛してる」です

コミックパーティ ワンダーラブ』作:山野でこ



あらすじ
男だけどBL漫画家をしている雷蔵はひょんなことから同じく男でBL作家をしているTOSと知り合う。性格はリア充でイケメンだけど作風は闇BLで売れっ子の雷蔵に対し、作風はふわあまBLだけどコミュ障陰キャで人気はイマイチなTOS。なにもかも正反対な二人なのに、酒の勢いでなぜか付き合うことになってしまい…!?

コメント
BL漫画家×BL漫画家という異色の業界BLです。作画が少女漫画っぽくてかわいい!
正反対な2人のちょっと噛み合わない掛け合いが夫婦漫才のようでくすっと笑えます。そして油断していると後半怒濤のBL展開に撃ち抜かれます、気を付けて…!
攻めがBL漫画家になるきっかけとなったお姉さんとのエピソードが非常にしんどいのですが、リア充爽やかイケメンな攻めの闇深素顔にギャップ萌えを禁じ得ません。そんな攻めの苦悩を「好き」の二文字で吹き飛ばしてしまう受けの、愚直なまでの好意がグサグサ刺さる!!
凄く突飛な設定に見えるけれど、キャラクターの掘り下げが丁寧で引き込まれる作品です。


魔法のランプの怪人を連れ出すまでの物語

マイリトルインフェルノ(上)(下)』作:朝田ねむい



あらすじ
「まーくん」が何者かは知らない。
デカくて超怖いし、匿えとかいって居座られるし、112万盗られるし(300万になって返ってきたけど)、初めて会った日は…襲われて、泣かされて、殺されるかと思ったし、死にたい気分だった。でもまーくんは、朝メシに鮭を焼いてくれて、俺の話も聞いてくれるし、嫌いな奴らも追い払ってくれた…。
そんな得体の知れない男「まーくん」は、ハッカー時代の相棒(で元カレ)のナカモトに、何故か執拗に追われる身でーーーー?

コメント
「最悪な出会いから、スパダリ攻めになるまで。」というキャッチコピーが印象的な本作ですが、受けの仁こそ最強の平凡受け≒スパダリ受けだと思っているのは記者だけでしょうか…?
その真価が発揮されるのが下巻。タイトルにあるインフェルノには地獄の他に「強烈すぎて消せない業火」という意味があります。その意味を体現するかのように炎に包まれるクライマックスシーン。火をつけたのは誰か? 是非読んで事の顛末を見届けてほしいです。 
「アラジン」がモチーフになっている作品なので、それを踏まえて読むと受けが攻めに向ける「パワー」をよりひしひしと感じられるのではないでしょうか!


超格差BLここに爆誕

ショータ、君を愛してる!』作:にたこ



あらすじ
純朴な大学生のショータが拾った金髪の青年。謎めいたアメリカ人のジョッシュと過ごすうちに彼に惹かれていき…ジョッシュに初キスを奪われて!?
「俺の初キス牛丼味!?」
ゴージャスなアメリカ人×素直な田舎青年の恋の始まり♪

コメント
にたこ先生の初コミックスにして強烈なインパクト!!
ハリウッドスターな攻め様はもちろんのこと、上京大学生受け・ショータが意外すぎるくらい強引なのがただのシンデレラストーリーじゃないなって感じがして良い!! 攻めとの格差よりも攻めがモテモテなことに嫉妬する受けくん、可愛いけどそれ以上に肝が据わっていてすごい… 肝っ玉受けちゃん…
同時収録作品「いたずらなクリームパイ」は、元ヤンパン職人×ワンコなパン屋息子のピュアラブでこちらもおすすめです♪ どのお話も泣き顔の表現力が圧巻です、ご覧ください。


手取り足取り、恋の異文化交流!

マザーズ スピリット』作:エンゾウ



あらすじ
理事長に留学生の世話を命じられた大学職員・稜一郎。なんと留学生・カルタカは、言葉も通じない未開の地に住むネイティブ!! 一族の戦士で超美貌の持ち主だが、スマホやテレビ、果ては水洗トイレを恐れる彼に稜一郎はうんざり…。だが、つたない言葉で「リョウイチロー」と呼ばれ懐かれるうちに、次第に心が傾いて!?

コメント
言わずと知れたエンゾウ先生の人気作ですね! 褐色美男子留学生・カルタカの圧倒的スパダリ攻めについては解説するまでもありません。が、そうは言っても彼は18~19そこらの(推定)青年。全く言葉が通じない土地にやってきた彼にとって、稜一郎の存在はどれほど支えになっていたことか…
留学生と教育係という偶然の出会いを超え、カルタカの純粋で真っ直ぐな心に稜一郎の心が惹かれ、共鳴していく過程が尊いっ…! 2人が一緒に暮らした日々をアルバムに収めてこっそりプレゼントしたい…。相手を心から想い、強い意志を持って行動する稜一朗はまさにカルタカの人生を変えたスパダリ受けです!!


いかがでしたか? 「平凡≒スパダリ受け」として推したい5作品をご紹介しました。
まとめてみて、攻めが派手で目立つCPこそ平凡≒スパダリ受けの存在が際立つと感じました。この作品も当てはまるのでは? という作品を知っている方、この説に異議を唱えたいという方は是非コメントをお寄せください! BL属性にまつわる新たな説も募集中です(笑)


担当BLソムリエ:砂糖あべり
ハピエン厨な黄昏腐女子だけど、読んでみないとわからないしとりあえず何でも読む!最近はセッなし純情BLがアツい。

 



関連作家・声優

コメント1

投稿順|最新順

青鬼せんせーの絶妙なくたびれ具合たまらんんんんんん(≧∇≦)
仕事中にちゃっかり麻雀に勤しんでる省エネな所もGOODですっ!
スーツの似合う受ナンバーワンです!!

PAGE TOP