BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

BL業界裏側探訪 第2弾! ~シュークリーム「on BLUE」編集部取材編~

2019/05/13 19:00



最も注目度が高いBLレーベルは、「on BLUE」!


人気企画、BL業界裏側探訪!
今回はちるちるユーザーの皆さまの中にも、ファンが多いレーベル「on BLUE」編集部さんに取材に行って参りました!

「on BLUE」は、『春風のエトランゼ』や『百と卍』などの長編作品が大人気のBLコミックレーベルです。最近では、丸木戸マキ先生の『ポルノグラファー』『インディゴの気分』がドラマ化し、BL業界以外からも注目が集まっています! ファンの方なら見逃せない情報もたっぷりですので、是非最後までご覧くださいね!

 

目次

BL業界裏側探訪 第2弾! ~シュークリーム「on BLUE」編集部取材編~
1. シュークリームについて
  編集者紹介
2. 編集部のお仕事
3. on BLUEの魅力
 ・長い物語のダイナミズムを表現したい!
 ・BL業界のパイオニア
 ・読者を物語の泉に溺れさせたい
 ・on BLUEの見どころ・対談企画
3.5. (番外編)編集者オススメの号
4. 周年イベント
 ・on BLUE作家陣の魅力は画面の力
 ・こだわりのグッズ
 ・毎年大人気のコーナー作り
5. ポルノグラファー
 ・ポルノグラファーとの突発的な出会い
 ・実写化へのこだわり
6. 『僕のセックススター』イベント
7. on BLUEから目が離せない2ヶ月!


1.シュークリームについて


シュークリーム…って?

皆さまの中には、「on BLUEって祥伝社とシュークリームどちらが作っているの?」と疑問に思っている方もいるかもしれません。その疑問、今日で解決しましょう!
答えは、シュークリームです。発行元は祥伝社ですが、編集制作は株式会社シュークリームがとり行っています。そのため、今回はシュークリームにあるon BLUE編集部へ取材に伺いました。
シュークリームでは、on BLUEの他にmomentアメイロの計3つのBLレーベルの編集に携わっています。


今回は、on BLUE編集部の4名にインタビューさせていただきました!



鹿さん (onBLUE編集長)
目つきが悪いやつは全員受け!
『炎の蜃気楼』信者。孤高の萌えは「寂しがり屋のカリスマを愛し抜く狂犬攻め」。

ももんがさん
誰もが驚く尻軽腐女子
情が厚い尻軽(一度好きになったら忘れない)
BLが好きすぎるあまり、"腐女子"を背負いがち。腐女子を愛する魂の腐女子なのだ!

K成さん
兄弟BLの愛好家
義理も近親も全部美味しくいただきます! 昔兄弟BLを3本担当していたことも。

攻め厨のKさん
"ミューズBL"の概念を推したい!
受けの才能を愛する攻めと、才能でなく自身を見て欲しい受け…の両片想いすれ違いが萌える!

今回は、ライターのユメとつちのこで取材に伺いました。


2.編集部のお仕事

 
なかなか知ることができない、編集者のお仕事内容。気になる方も多いのではないでしょうか!? こちらは攻め厨のKさんにお伺いしました!

攻め厨のKさん
「12時ぐらいに出勤して、打ち合わせ・メールチェックなどを済ませ21時・22時ぐらいに退勤します。雑誌の校了期間になると通常より忙しくなるので、少し時間は前後します。on BLUEは偶数月に発売のため、校了期間は奇数月の末から偶数月の頭ぐらいになります。単行本も似たようなスケジュールで進行しているので、この期間は忙しくなりますね。」

つちのこ
「お仕事する上で、一番力を注いでいることは何でしょう?」

攻め厨のKさん
「やはり、作家さんとの打ち合わせですかね。時には2時間近く話し合うこともあります。」


3.編集者が語る、on BLUEの魅力とは



長い物語のダイナミズムを表現したい!


鹿さん
「on BLUEは8年前、年3回の発行からスタートしました。デビュー済で実績のある作家さんが8割・完全な新人さん2割の構成で始めたのですが、その時から新人さんを大事にしてきました。実績のある方がいる中で、それに負けないぐらい魅力がある方を載せたいし育てたい、という思いでやってきました。"on BLUE出身の新人を推す"ということを大事にしています。」

鹿さん
巻数物を積極的にだしている点は、on BLUEの特徴だと思います。単巻物が主流のBL業界の中で、"カップルの行く末を巻をまたいで追う"ということに挑戦しています。巻数物のラブストーリーが持つ力強さや深さをBLジャンルでも読者さんにどんどん感じて欲しいんです。
創刊時より電子書籍で読まれる機会が増えてきたので、1巻無料施策などの巻数物ならではの販促ができるようになったことは良かったと思います。


つちのこ
「くっついた時の喜びは、読者にとってもひとしおですよね。やっとくっついたー! みたいな。」

鹿さん
「on BLUEでは、実はメインカップルがくっついていない作品が3本もあるんです! 1番長期の作品だと、のばらあいこ先生の『寄越す犬、めくる夜』。次が彩景でりこ先生の『蟷螂の檻』。そして秀良子先生の『STAYGOLD』。ぜひゴールを楽しみにしていてほしいです!」

BL業界のパイオニア

 
鹿さん
とにかくやったことがないことに挑戦したい!【読者が見た事ないトキメキや萌えを表現できるのではないか】ということに、我々がトキめいてしまうんです。でも、隔月刊ペースだと単行本を1冊作るのに最低1年はかかるんです。作家さんに1年間の成果としての収入を入れたいし、商業レーベルとしてもちゃんとしたい、という指針があるので【勝算があるか】どうかのチェックは大事にします。だからこそ、打合せをしてとことん話し合いますね。」

つちのこ
「作家さんと作品を作り上げていく上で、気を付けていることはありますか?」

鹿さん
「これは私の場合なのですが、【やりたいこと】を聞いてそれを成立させるためにどうすればいいか、と話し合いを発展させていきます。【やりたいこと】と【勝算があること】は、必ずしもイコールではないと言うことも踏まえて、キャラや関係性、シチュエーションなどどんな萌えをやろうとしているのかを、なるべくたくさんお伺いするようにしています。」


読者を物語の泉に溺れさせたい



鹿さん
「力と実績のある作家さんが多い中新人さんを育てていますが、その中で共通して頑張っていただいていることは【萌えを伝えるための作画】【読者さんを物語の泉に溺れさせたい】この2点。どういうことをやりたくて、読者をどういう気持ちに持っていきたいか、ということを話し合って決めています。」
 
K成さん
「最近の新人さんですと、きはら記子先生春之先生を担当しています。ご本人の漫画の魅力を、余すことなく発揮できるデビュー作にしようと思っていました。例えば春之さんについては、「思い切りの良い濃厚なエロ」だと思い、お声掛けしました。打合せの段階で、エロのシチュエーションから構想を膨らませてみましょうとお話しし、「じゃあエレベーターセックスで!」となり、『エレベーター・ストラテジー』が出来ました。はじめから長編を描こうとするのは新人さんにとって難しいこともあるので、ベテラン執筆陣と一緒に載っていても何か光る魅力があれば大丈夫だと思っています。」



春之先生インタビュー
より引用


on BLUEの見どころ・対談企画


on BLUEといえば、外せないのが超豪華な対談企画。作家特集や作品特集を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

鹿さん
「ずっと、作家さんのファンに作品の魅力を伝えて、物語に心酔してほしいと思っていました。作品世界に溺れてほしいと思って、インタビューや特集をしています。」


実は何と! 取材に伺った際に、6月25日発売の「on BLUE vol.41」に掲載される『蟷螂の檻』特集の対談記事のため、彩景でりこ先生とのばらあいこ先生が編集部にいらっしゃっていたんです! 何と豪華な組み合わせ…。


鹿さん
「のばら先生と彩景先生の対談ですと、【まだハッピーエンドを見せていない物語をこのBL業界で巻数物で描いているお2人】という組み合わせです。読者から「この2人は幸せになるのでしょうか…?」というお声が寄せられる中、長期で描かれているお2人が初めてお話する日が、今日なんです。」

ユメ
「え!? のばら先生と彩景先生って、以前からお付き合いがある、とかではないんですか!?」

鹿さん
「そう、ほぼ初対面なんですよ。【ハッピーエンドを見せないままハードな物語を描いている作家さん同士でお話ししてください】というテーマなんです。【こういう作品はこういう展開でいく】という例がない中で執筆している作家さん同士です。パイオニアとして励まして支えていきたいと思っています。」

ももんがさん
「最近は長編作品も増えてきたので、作品をフューチャーする、作品特集もするようになってきました。例えば「on BLUE vol.39」では、秀良子先生は既に過去、ご自身のことについてインタビューでお話いただいたことがあったので、この号では『STAYGOLD』のことだけを追いました。いつもとは切り口が違って、面白いお話が聞けました!」


3.5 (番外編) 編集部のイチオシ特集

 

on BLUE vol.8

 


鹿さん
「やっぱりSHOOWA先生特集号ですね。先生のスケッチブックが超エキセントリック! ざわざわしたんですよ、編集部が。この特集にマンガも掲載されているのですが…なんとカブトムシのお話なんですよ。SHOOWAさんて凄い! ってことが凄く伝えられた特集だと思います。」

カブトムシのお話、実際に読んでみました。お話自体は短いのですが、カブトムシという題材もさることながら内容も強烈なインパクトがありました。どこか切なくて、今カブトムシを見たらナデナデしたくなるぐらいには、カブトムシ愛が増してしまいます。
カブトムシのお話は、『ニィー二の森』に収録されていますので、気になる方は是非お手に取ってみてください!

on BLUE vol.34

 


攻め厨のKさん
「akabeko先生特集号です。「先生にイラスト化して欲しい性癖は!?」という読者に向けた4択性癖アンケートの結果を掲載しました。「抜歯」「顔面騎乗位」「睡眠姦」という候補を圧倒し、5割近い票を獲得した「キメセク」が1位でした。」



4.周年イベント

 
毎年周年フェアを開催している点も、on BLUEの魅力の1つですよね!
複製原画を生で見られたり、リーフレットが貰えたり…。
今年もアニメイト池袋本店でイベントが開催されていました。行ったよ! という方も多いのでは?

on BLUE作家陣の魅力は画面の力


攻め厨のKさん
「周年フェアを始めたのは3周年の時、展示イベントにお声がけ頂いたのは、5周年からでした。on BLUEの作家さんの魅力は「画面に力がある」点だと思っているので、そんな魅力を伝えられる機会になっていれば嬉しいですね。
展示イベントでは、生原画を展示したこともあるのですが、カラーイラストは色が飛んでしまうので、出せる機会が少なくて…。実際に生で見た読者さんの中には、細部まで焼き付けるようにイラストの前に佇んでいらっしゃる方を見かけました。そういった読者さんの嬉しい反応に触れられたり、周年フェアを通して、作家さんやレーベルを祝ってもらっている! と実感できることが、私たちのモチベーションにも繋がっています。」


ユメ
「カラー原画はなかなか見ることができないので、髪の毛1本も見逃さないようにじっくりと見てしまいますよね。当たり前だけれども、あぁ本当に描いているんだ…とリアル感が増して感動しちゃいますね…。」


こだわりのグッズ



↑今まで行ってきたグッズ展開の一例。作品の雰囲気にマッチした素敵なグッズばかり…!

つちのこ
「私もイベントに参加させて頂きました!!『いい意味でBLっぽくない』グッズが多くて、しかもどれもかわいいんですよね。作品好きの私は思わずレジに…(笑)」

ももんがさん
「どういう方向性で作るとよりレーベルとしても意味があって、かつ読者さんにとっても目新しく、欲しいと思ってもらえるか…と試行錯誤しましたね。当時BLは、アニメ作品などの二次展開でのグッズは多かったのですが、原作絵を使ったものはなかなかなかったので、かなり手探りな状態ではじめました。」


毎年大人気のコーナー作り


鹿さん
「ただ飾るだけではなく、コーナー作りは遊びを入れたいと思っています。去年は100万円あげたいキャラはだれかというコーナーを作りました。『百と卍』の百ちゃんにあげたいという方と、『寄越す犬、めくる夜』の貧困にあえぐ(笑)菊池にあげたい方が多かったですね。本当にBLが好き、という気持ちで楽しんでほしいと思い、コーナー作りをしています。」

ユメ
「貢ぎたい精神が刺激されますね~(笑)」


鹿さん
「今年は【見たいシチュエーションを付箋で貼る】というものにしました。今までで一番反応が良かったかもしれません。」

つちのこ
「見てる側も楽しそうですね! 付箋を見ていて「これ見たい!」というものとか発見しそうですよね。」

ももんがさん
「実際にありました! もともと貼ってある付箋に、矢印で「これ分かります!」「左に同じ」とか反応する形で貼っていてくれていて。現地派生な楽しみ方も、割と見受けられましたね。」

鹿さん
「イベントを行っている会場だけでなく、全国で何ができるか、という点も考えています。グッズとリーフレットの展開は、全国で行っています。あとはコミックスの新刊発売時のペーパーを復刻させたこともありますね。やはり後から欲しくなる方のため、という点もですが、このレーベルで刊行したことのある作家さんそれぞれの利益に繋がるようにしたい、という意図もあります。」


5.『ポルノグラファー』シリーズ実写化を担当編集が語る!


ドラマ「ポルノグラファー」との突発的な出会い

 
ももんがさん
「丸木戸マキ先生原作のドラマ『ポルノグラファー』は、関東でテレビ放映をしました。放送時間が深夜帯だったこともあり、突発的に出会ってしまった人もお見掛けしました。普段BLを読まない方が、夜中テレビをつけてみたらドラマが放送されていて、「なにこれ…」みたいな。ドラマを見てからBLという概念や原作を知り、原作を読んでみたという方もいらしたようです。ドラマきっかけでこちらの業界に入ってくる方がいるとは思っていなかったので、びっくりしました。
それから、この作品は口コミもすごかったですね。BLの実写化に、う~ん…という方も、そんなに話題なら見てみようかな…と手を出してみたらあまりにも出来が良くて、ハマってしまいました、という方も多くいらっしゃいました。今後、ドラマから入って腐女子になる、というケースも増えてくるかもしれません。」

ポルノグラファー』のドラマ化を記念した特集が組まれた「on BLUE vol.37」は、ドラマファンの方の購入も多かったとのことで、完売したそうです!


ももんがさん
「中にはon BLUEがBLコミック雑誌だ、ということを知らずに購入された方もいたようで…。さらには、そのまま連載作品に興味を持ってくださり、単行本を購入してくださった方もお見掛けしました。すばらしい相乗効果! ありがとうございます!」

実写化へのこだわり

 
ももんがさん
「台本をいただいた時、丸木戸先生と一緒にびっくりしました。あまりに原作通りに、喘ぎなどがモロに言葉で書かれていて…。私と先生はちょっと日和って、「これ、大丈夫ですか…? 朝チュンでもいいんですよ」と言ったんですが、制作側が「せっかくこの作品を実写化するんだからちゃんと見せたい」と熱意を持ってお話くださいました。制作さん側がBLというより恋愛ものを撮ろう、とフラットな気持ちでいてくださったことが大きかったんだなと思います。」


制作陣のこだわりは、「on BLUE vol.37」の監督・プロデューサーへのインタビューで語られています! 紙は完売していますが、Kindle版は現在も購入可能なようです。『ポルノグラファー』の描き下ろし番外編も掲載されていて、超豪華な内容になっていますので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね!


6.『僕のセックススター』イベント

 
ためこう先生の『僕のセックススター 2』の発売を記念し、「R18トークショー」の開催が決定しました!

---------------------------------------------

ためこうトークライブ[R18僕セクナイト!!]
日程:2019年6月29日(土)
会場:阿佐ヶ谷ロフトAhttp://www.loft-prj.co.jp/lofta/
料金:前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500(ともに飲食代別・要500円以上オーダー必須)
★チケットは抽選式となります。
イープラスにて【5/18(土)12:00~】受付開始!
時間:開場18:00/開演19:00
出演者:ためこう
司会:担当編集K成

『僕のセックススター』2巻発売を記念して、
著者・ためこう初のR18トークショーを開催!
『僕セク』打ち合せの裏話や、修正前の性器原稿を公開予定!!
オトナ限定BLナイト、どうぞお楽しみに♥

★来場特典:結城ちひろイラストパッケージ入りコンドーム(XL)

ためこう先生へのメッセージや質問を募集♥
ご質問はこちらへどうぞ!
★質問フォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScjd1yriQ2SUa7x66xQxvks3XYyMwUO6HwdFNAswnEwiUz0Mg/viewform

※このイベントは18歳未満の方、および高校在学中の方の入場はできません。当日、ご入場の際に年齢の確認できる身分証(免許証、学生証、社員証、パスポートなど公共機関が発行する証明書)の提示が全員必要となります。未成年者へのアルコールの販売も固くお断りします。

---------------------------------------------

かなりアツい夜になりそうな予感…!
約3年ぶりとなる続刊発売と併せて、気になる方は是非イベントもチェックしてみてくださいね!
またイベントの取材もさせていただく予定ですので、「行けないよ~」という方は、レポ記事をお楽しみに!☆


7. on BLUEから目が離せない2ヶ月!

 
いかがでしたでしょうか?
取材をして、編集部の皆さまが作家さんを、そして読者を大切にされていることを強く感じました。実際にお話を伺うと、普段読んでいるコミックスがこんなに時間と熱意を注いで作られているのだ、と実感。もちろん今までも理解していましたが、直接お話を伺うことでひしひしと感じました。皆さまにもそれが伝わっていたら、嬉しく思います!

5月25日にためこう先生の『僕のセックススター 2』が、6月25日には蟷螂の檻特集が掲載された『on BLUE vol.41』が発売になります。また6月29日は僕セクイベントと、on BLUEづくしの2ヶ月間! 是非チェックしてみてください


関連作家・声優

関連外部サイト

コメント3

投稿順|最新順

BL編集部に勤めたい(笑)。でも編集者は向いてないかな…。
同じ趣味の人しかいない職場体験してみたいな

確かに、オンブルーさんって真新しいシチュエーションが多いですよね。
時代モノやファンタジーはもちろん、攻めの受けとか、リバとか、様々なものが載っている。
人類には早そうな設定だな…みたいなのも見かけました(イキガミとドナー)。すごい責めてますよね。
オンブルーは各レーベルの中でも攻めですね。

楽しく、考えさせられる記事でした~
一番思うのは、作家さんへ経済効果が正当に反映されて欲しいな~と。
それだけが作家さんのモチベ維持ではないことはもう理解している。
その上でゲスいかもだけど、やはりお金は必要。
個人的にはペーパーとかが無償と知りモヤモヤ。。。
後からでも電子化販売とかで有償への手はないのかしら、とか考えちゃいます。
創作する事への評価がまだまだ低いのかな~。さみしい。

PAGE TOP