BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

永遠に眺めていたい…画集みたいなBL漫画

2019/07/14 14:43

次の一冊に迷ったら… いつもと違う視点で選んでみるのはいかが?



ちるちるでは攻受属性やプレイを細かく設定して調べることができる詳細検索機能があります。しかし今回は何かいつもと違った視点で作品をご紹介できないか…。ということで 画集やイラスト集と勘違いしてしまうような、絵柄で強い存在感を放つBLコミックスを5つピックアップしてみました!

 

お腹と心を満たす再会ラブ

焦がれて焦がして』作:noji



あらすじ
生まれ育った田舎町を出て自分の店「プレール」を持った料理人の悠次(ゆうじ)。美味しい料理と酒を出す、充実した日々…のはずが、心の片隅にはいつも幼馴染みである総一(そういいち)への片想いがくすぶっていた。そんな想いを試すように、再会は突然訪れる。仕事でやつれた総一に料理を振る舞うことになった悠次。一目で溢れ出してしまう恋心に戸惑いながらも、彼はただ愛おしい人への食事を作る。

コメント
最初にご紹介するのはnoji先生のデビューコミックス! 表紙を一目見れば、作品全体の温かい雰囲気が伝わってくるのではないでしょうか。食卓に並ぶ料理や食器の細かさは、さながら上質な料理漫画のよう。ひとつひとつをじっくり見ていたい…。そんな世界観の中でBLが楽しめるなんて感謝しかありません!! 料理はもちろんのこと、背景や小物の温かみがキャラクターと溶け合い、2人がそこで生きて恋をしているというリアリティを強く感じます。ちょっと切ないけどどこか温かい。大人だけど、幼馴染ゆえの照れやもだもだに焦れキュン♥ まっしぐらです!


でこちゅーが世界一似合うふたり

晴れのち四季部』作:ひのた



あらすじ
青春が、始まる――
桜の木の下で泣いている謎の男子高校生を目撃した日乃(はるの)。変わった奴だと思っていたら、なんと同じクラスメイト・一瀬(ひとせ)だった!
“四季部”という活動内容不明の部活を立ち上げようとする一瀬の勢いに負けて「付き合ってやる」と入部を告げるが!?

コメント
1巻では春から夏にかけて、2巻では秋のエピソードが収録。大和と日之、そして2人を取り巻く人々の日常が贅沢にフルカラーで綴られています。フィルム映画を観ているような気持ちで癒し効果抜群…!
大会や勝負事が無い代わりに、四季を全力で楽しんでいる四季部の姿に「この日常を守りたい…」と保護者目線になってしまいます。四季部活動でお互いを知っていくうちに、一歩進んでは二歩下がる、でもじわじわと確実に伝播する恋の行方も気になるところ。ちっちゃな幸せをたくさん分けてくれる素敵な世界を是非覗いてみてください!!


少年しか愛せない男を愛した青年

ロジカルオリオン』作:amco



あらすじ
少年時代キッズモデルをしていたキールは数年後、〝ある目的〟を果たすため、天文学者の花川誠治の元を訪れる。彼は、あらゆる理由で〝支援〟を求める少年たちに大金を渡す〝ダディ〟だった。しかも、「女装した少年に抱かれるのが大好き」という性癖の持ち主。キールは金のためと腹をくくり、女装姿で誠治を抱く日々を送っていたが、いつしか誠治のことを、一人の人間として愛しく思い始める。「他の男なんかいらねえじゃん 俺とずっと一緒にいよう」キールの言葉に、誠治は微笑むが……。

コメント
表紙がまさに画集のよう…美青年の力強い眼差しに引き込まれます。本編もamco先生の唯一無二なタッチで描かれ、ただストーリーを展開させるためだけではなく一コマ一コマが目を引く印象的なシーンとして目を奪われます。各話ごとの扉絵も、宗教画のような高尚な雰囲気漂う美しさ。
洋画のようにドラマチックな展開の連続にドキドキさせられると同時に、お互いに対する想いはとてもシンプル。自分の強み弱味、辛い過去も全て受け入れる芯の強さを持つ美青年攻が、臆病で頑なに本心を見せない年上受をどのように変えていくのか…見守ってほしい一冊です。


芽吹いた感情の名前は?

たゆたう種子』作:中陸なか



あらすじ
冴えない生物教師、木庭のファンである葉純は、わざと赤点を取り、二人きりの補習時間を有意義に過ごしていた。しかしある日、見知らぬ生徒、根井も補習を受けることに。補習中眠り続けていた根井に「勉強を教えてくれ」とせがまれ、渋々教える葉純。「なんでそんな分かってんのに、補習なんか受けてんの?」という根井の一言に、葉純は動揺を隠せず――。

コメント
一方通行でも、三角関係というのも違う…学生ならではの複雑な感情の機微と、過去にわだかまりを抱える教師の想いが絶妙に交じり合った群像劇です。甘酸っぱいラブストーリーであると同時に、それと同じくらい彼ら3人の交友が大事に描かれています。
「恋」と「憧れ」をキーワードに、ちょっとした出来事の積み重ねから愛情が育まれていく過程にBLを飛び越えた人間愛すら感じます。自分でも自分の気持ちを正確に読み取れない。そんなじれったさと、なかなか芽が出ない種子を重ねあわせているかのような…繊細に描かれる花壇の草花の美しさにもご注目ください。


怒濤の萌え攻撃に溺れろ

春と夏となっちゃんと秋と冬と僕』作:佐岸左岸



あらすじ
カシャン、と割れそうな程にあやうくて美しい日々。どこにでもありそうな田舎に暮らす、どこにでもいそうな男子学生のシマとナツオ。だけど彼らの恋は世界にただ一つだけの、特別で幸せな恋。毎日を愛しんで暮らしたくなるようなぎゅっと心を掴むBL(ボーイズ・ラブ)、佐岸左岸待望のデビューコミックス。

コメント
佐岸左岸先生の画力とストーリー構成力から生まれる「萌え」を「4コマ漫画」という構成の中に閉じ込めるこの贅沢…! こんなに描き込みがされている4コマ漫画観たことないです!! "どこにでもありそうな田舎"を舞台に、ある男子高校生カップルの春夏秋冬をアルバムのように閉じ込めたお話です。男子高校生カップルのイチャイチャによる圧倒的萌えはもちろんなのですが、細かい描き込みによって表現される季節が巡る尊さ、そしてそんな一瞬一瞬をずっと同じ人と過ごしていく尊さっ…! どんな些細な描写も見逃したくない!!


いかがでしたでしょうか! 自身でCDのジャケットイラストを手掛ける米津玄師さんや、24時間テレビのTシャツデザインで話題の大野智さんのような、細やかなタッチのイラストが好きでずっと眺めていられる… そんな方には特におすすめの5作品が集まったと思います。

皆さんはどの絵柄が好きでしたか?


担当BLソムリエ:砂糖あべり
ハピエン厨な黄昏腐女子だけど、読んでみないとわからないしとりあえず何でも読む!最近はセッなし純情BLがアツい。

 

関連作家・声優

PAGE TOP