BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

好きにならないって、約束。それでもカメラ越しの目線は熱くて…。映画部青春恋愛譚をとくと見よ!!

2019/11/03 09:02



フィクションがノンフィクションへ。BL映画の撮影をきっかけに、同室2人が取り決めた"約束"と"想い"が、揺れ動く…。じゃのめ先生のコミックス『黄昏アウトフォーカス』で誰もが悶え転げること間違いなし!!


◇メインカップル



ゲイな美形ヤンキー・大友寿 × ノンケ映画部撮影担当・土屋真央


男子校の青春を味わう

この作品の素晴らしい点は、リアリティーです。大勢出てくるキャラクター一人一人が丁寧に描かれているところや、彼等の動き、台詞・・・読んでいるだけで、まるで男子校のノリや青春を覗いているかのような錯覚を覚えます。全てが途切れることなく流れていく時間と空間のテンポが、卓越して自然に描かれていて、まるで彼等と一緒にこの学園にいるかのような気持ちになって読み進めることができました。

chellydish(ちるちるレビューより)



◇物語のあらすじ
真央は不良で一匹狼の寿と男子校の寮で同室になる。「寿がゲイで彼氏がいることを口外しない」「寿は真央を恋愛対象とせず、手出ししない」「互いのオナニーは邪魔しない」という3つの約束をし、互いに仲良くやってきた。高2の春、真央は部活でBLがテーマの映画を撮ることになるが、ゲイで不良で美形の主役は寿にしたいと監督に頼まれ!? まだ愛を知らず、大切な人への感情の正体に戸惑う――きらきら切ない青春恋愛譚、開幕!


同室、映画、そして恋愛感情…キーワードだけでぱちぱちと弾けるような甘酸っぱさを感じます…!! 彼らが交わした3つの約束を巡る感情がだんだんと変化してゆく様子にキュンキュンしてほしい! 読んだ後の満足感が最高の作品です。



え? 待って、顔が良い…。じゃのめ先生の美麗イラストを初っ端から食らいます。
物語は彼らが3つの約束を交わすシーンから。「寿がゲイで彼氏がいることを口外しない」「寿は真央を恋愛対象とせず、手出ししない」「互いのオナニーは邪魔しない」を守り、2人はお互いに大事な友達として同室で過ごしています。



こ、これが恋に落ちる音か……!!
新作のボーイズラブを題材とした映画の主役に寿が大抜擢。試しに、と台本を読んでもらったカメラ越しの寿は…。まるで真央の心が落ちる音がするかのような美しい描写に思わず息を呑みました。そして心をよぎるのは、2人を結ぶゆるくもつよい、"あの"約束…。切なさが堪らなく胸を締めあげます。


「…ふられちゃった」頬を隠して帰って来た寿に、驚く真央。悲しみ、怒り、そして一滴の"喜び"からついに隠していた想いを紡いでしまいます。

しかしその熱情も束の間、我に返った真央はとっさに寿を拒んでしまいます。今までの大事な友人という関係の終幕、そして胸を締め付ける約束。真央の想いを考えると涙が出てきます…ウッ、しんどい……。上手くはまらないパズルのような2人の想い、そして明日から始まる撮影の行方は――。

 

さらに読む ポイント50%還元



最後にユーザーさんのコメントを一部抜粋してご紹介します。

表紙のオシャレな雰囲気はそのままに、色々なこだわりを感じさせる作品でした。しかも魅力あふれる…というより、なにかがもれだす感じなのがいい。

映画を意識させる光と影の描写、特に光の描き方がうつくしい…。
男子高映画部での映画作りと並行して、寮生同室の真央と寿の恋愛に焦点を当てたお話ですが、映画作りの様子がかなり細かく描かれているので、違う目線でも楽しめます。

 

ずっとニヤニヤして読んでしまいました(怪しい)。青春してるなっていう全体の雰囲気が良くて…特に映画部のわちゃわちゃした感じと、映画を撮るところは一生懸命汗かいてる疾走感が好きでした。
綺麗で少し影がある寿が攻めっていうのも刺さりましたが、真央が素直にエロいのも滾りました…後半、クランクアップ後の雨に濡れた2人の絡みはかなり印象に残りました。


そして、特に本作で注目して頂きたいのが…1つ1つのコマの構図が最っっっっっ高なんです!! まるでVRのようにこちらに目線が向いているような描写もあれば、定点カメラで盗み見ているようなコマ運びなど、本当にページをめくるたびトキメキが止まりません!! 漫画のコマというファインダー越しに、彼らの人生の一瞬を見ているような…そんな気分になれる作品です。

映画というフィクションがノンフィクションへと昇華されていく。そんな不器用で尊い彼らの青春を是非最後まで見届けて欲しい!


お得にお求めいただけるこの機会に、是非読んでみてくださいね!

 

さらに読む ポイント50%還元

 

 ひかりTVブックさまの紹介

 

関連作家・声優

PAGE TOP