BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

エロも良いけどたまには読みたいピュアBL! エロなしDKもの3選

2019/09/16 11:31

等身大の男子高校生の姿、見れちゃいますよ!



「エロがないBL読みたいんだけど、良いのない?」
先日友人からこんな質問をされました。ピクシブのコレクションが「♡喘ぎ」タグのついたエロ小説で埋め尽くされている筆者にとって、「人は死んだらどこにいくの?」並の超難問…! その時はひとまず、はらだ先生の『ワンルームエンジェル』をオススメしましたが、エロが一切ないBLとなると、これがなかなか難しい…!

アホエロ大好きな筆者ですが、ほんわかしたお話だったり爽やかなお話が読みたい気分の時もあります。皆さまも、今日はエロはいいかな…という日もあることでしょう!
そこで、エロなしBLの中でも「お洒落な雰囲気」かつ「男子高校生モノ」に絞り、ピックアップしてみました!


お守りくん』作:tacocasi

 

レトロ可愛い表紙の本作は、表題作の他に2つお話が収録されている短編集です。
表題作の『お守りくん』は、霊の影響を受けやすい霊障体質のDK・太(ふとし)と、天然の魔除け体質を持ったジャニーズ系イケメン・守のお話です。ちなみに表紙右の小林守くんは、イケメンゆえに「ジャニコバ」と呼ばれています。素晴らしいネーミングセンス。

体質のせいで具合が悪くなった時、守くんが近くにいたり触れると元気になることから、登下校を共にしたりすぐに守くんに触ったりする太くん。しかし! 守くんに体質のことを伝えておらず、守くんは自分に好意があるのだと勘違いをしてしまい…というストーリーです。

華やかでも煌びやかでもなけれど、もしかしたら近所に彼らが住んでいるかもしれない…!? というリアルさがあります。マンガを読んでいるというよりも、彼らを見守っている、と表現した方が正しいのでは? という印象を受けました。それくらいキャラクターと読者の距離を感じないお話です!
近所のおばさんぐらいのポジションでBLを読みたい…という方には是非おすすめしたい作品です!


たゆたう種子』作:中陸なか

 

教師と、生徒と、生徒。優しくてあたたかい、ドラマチック・ボーイズラブ。
正直、めちゃくちゃ泣きそうになって呼吸が苦しくなりました。読んだ後はなんだかいろいろ考えてしまって、でも嫌じゃないモヤモヤなんですよね…。切ないけれど良いお話を読んだ後特有のため息がでる作品です。

冴えない生物教師・木庭のファンであり、片想いをしている葉純はわざと赤点を取り2人きりの補習を過ごしていました。そんなある日、「木庭に興味がある」と言って赤点でもない根井が補習に参加することに。さらに、葉純が心に秘めていた木庭への恋心もあっさり見破って…。

このお話では木庭先生と生徒らの間に"×"はありません。教師×生徒や生徒×教師のカップリングが苦手な方はご安心ください! 先生が恋愛に絡まないという点は、本作の魅力でもあり、また切ないところだな…と思います。

生物の補習が舞台のお話なので植物がよく登場するのですが、深読みマンな筆者は植物がメタファーにしか感じられず…。「〇〇の暗喩」と1つに言い切ることはできませんが。題名も含め、もしこれから読む方がいらっしゃったら、是非そこにも注目していただきたいです。
人間含む生物には生があれば死もあるわけで。物語という創造の世界では比較的軽く扱われがちなその部分を、すごく丁寧に描いたお話だと感じました。心からおすすめできる1冊です!


群青のすべて』作:古矢渚 


 
本記事で1番「高校生っぽい」作品です! 爽やかで、もどかしくて苦しい、高校生の等身大の恋愛を描いたお話です。
気持ちがバレて関係が壊れることへの恐怖心など、心情描写が丁寧に描かれています。

中1から高2までずっと同じクラスだった快と漣は、高3で別のクラスになってしまいます。ずっと、いつも隣にいた人がいないことの寂しさ。違和感。気持ちを伝えたいけれど、この関係が壊れることが怖くて…。

青春って何色?」と問われたら、やはり雲一つないような空の青を想像する方が多いのではないでしょうか?
筆者の青春はと言うと、ひたすらマンガ・アニメ・ゲーム! 感想を友達と語ってまた読む! といった生活だったので、青というよりかはピンクかも…?(ひたすらBLを読んでいたので)
オタクの青春は置いておいて、世に言う青春はやはり爽やかな空色かもしれませんが、実際のところそうでしょうか? 好きな人が友達と被った、告白して振られた、部活の大会で負けた…など。楽しいこと、辛いこと、苦しいこと。色々あった青春、澄んだ青色よりかは、くすんだ群青ぐらいなのではないでしょうか。

本作では、キラキラした青春ではなく、まさに群青色の青春が描かれています。抱いた気持ちをどうすればいいのか、その気持ちを抱えきれず辛くなる姿が、痛いほどリアルに描写されています。
燃え上がった感情で体を重ねることも、キスすることもありません。それが現実的で、余計に切なさを煽られます…。恋人になるまでの過程が好きな方に、特におすすめしたい作品です!


以上3作品をご紹介しましたが、気になる作品はありましたでしょうか?
心理描写が丁寧なお話を読んでいる時のあの心臓を鷲掴みされる感覚は、やはりインスタントセックス作品では味わえませんよね。もちろん即セックス! も嫌いじゃないですが(笑)

挙げた3作品は筆者太鼓判の3作品ですので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいね!

担当BLソムリエ:ユメ
あまあまなお話が好きな光の腐女子。極度の泣き顔フェチ。最近のはやりは攻め目線でBLを読むこと。

 

関連作家・声優

PAGE TOP