BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

新境地! いまキてる陽オメガバース4選

2019/09/21 11:33

オメガバで笑ったってええじゃないか! ギャグとエロが加速する新世界へようこそ

 

オメガバース。それは腐女子の願望を叶える、耽美で高尚な世界観――
そんなジャンルの王道といえば、
かしこまりました、デスティニー
狂い鳴くのは僕の番
ロマンティック上等
の人気作のような、切なくてシリアスな雰囲気漂うものが思い浮かぶと思います。
しかし! 歴史が長くなってきた今だからこそ増えているのが、コミカルで明るいオメガバース! その名も陽オメガバ! オメガバースは敷居が高そう…と思っている初心者さんの考えを変えてくれるかもしれません!
性が3つに分けられた世界で、社会格差や偏見が描かれることも魅力の一つ。陽オメガバの男子たちはどのようにそれらを乗り越えているのか…ただのギャグだけじゃない、力強い生き様にも注目です!!

セックスよりもお休みください

有休オメガ』作:藤峰式

 

あらすじ
発情期有給休暇制度のある会社で働くΩ、鈴谷(すずや)。彼はピルが効く体質にも関わらず、発情期を装い毎月この制度を用いて夢の7連休を満喫していた。昼間から飲むビールに、好きなゲームをして過ごす7日間は彼にとって至福の時。しかし、会社の後輩でありαの古池(ふるいけ)が突然自宅へやって来て…!?発情期じゃないとバレたら会社をクビになってしまう! 絶望する鈴谷がとった行動は、発情を演じることだった――。どうしても会社に行きたくないΩによる一世一代の大芝居が今、始まる。

コメント
こんなに笑えてかつエロいなんてすごい! これが読後の感想です(笑) 有休を死守するためなら演技もセックスもなんのその。何回主演男優賞を受賞したんだ君は…。発情で上気した頬を、セルフ平手打ちで表現するという根性ある役者さんです。つい応援したくなる強かさに何度爆笑したことでしょう。攻めの強引だけど真っ直ぐな好意に触れるうちに、演技が本当の感情に変わっていく――のか、いかないのか!
リアル発情期のぐちょぐちょセックスのエロさも一級品! 普段ツッコミの切れが鋭すぎる受けがどろどろに蕩かされるギャップが嫌いな人なんて…いないはず!! 必読です。

エリートΩの愛の鞭がうなりまくる

ご指導のほど!』作:やみと

 

あらすじ
"α(アルファ)の鑑"のような存在として社内に君臨する超エリート営業部長の冬川(ふゆかわ)は、隠れΩ(オメガ)。気が弱くて仕事もできない部下の夏目(なつめ)を、世間がイメージする"典型的なダメΩ"として目の敵にしている。しかし発情期(ヒート)中のある夜、フェロモン抑制剤を切らせたタイミングで、
なんと夏目に襲われてしまう。夏目は実はαだったのだ! しかも、夏目のうっかりで番(つがい)にもなってしまって?!「不本意な番」の二人の行く末はーー?

コメント
「挿れたいか夏目ェ…」「はい…挿れたいです」
Ωみたいなαと、αみたいなΩ。ちぐはぐなビジネス番が繰り出すギャグとエロのハイブリッドが止まらない~! 可愛い攻めと男前な受けカップリングが好きな人にも超おすすめです。攻めがちょっとかっこよく「もしものときは…責任取ります」と言ったときの返しが「このハゲ!!!」なの、最高に推せる…愉快痛快すぎて元気が湧いてきます。男前な受け・冬川部長は常に凛とした態度が素敵なエリートですが、恋を自覚するにつれ少女漫画の主人公みたいな思考になるのが可愛すぎる…!!
オメガバース設定の醍醐味である、世間の眼や社会的制裁という障害とどう向き合うか、コメディタッチで読みやすくしっかり描かれている点も感動です。

貪り喰らう発情SEXを括目せよ

セク☆ツガ』作:さとまるまみ

 

あらすじ
田舎から単身で上京してきたΩ、輝(ひかり)。水商売を仕事に選び、率先して身体を使う彼はそれなりの成功を納めていた。毎日楽しくて気持ち良くて何の不満もない。自由な日々を謳歌していたのもつかの間、いつもの枕営業が大変な事態を巻き起こす。純粋で一途なサラリーマンのα・暖(だん)とのセックスは最高だった。しかし最高すぎるがあまり、快楽に流された2人はうっかり番(つがい)になってしまう。責任を取ろうとプロポーズする暖、逃げ続ける輝…決着はどうなる!?

コメント
Hシーンの圧倒的臨場感♥ アングルや質感の表現が天才すぎてご馳走様です。受けが発情期中のオナニーで疑似フェラするコマがあまりにも汁だくえっちで艶めかしすぎて…! ヒートを起こした攻めの獣じみたがっつり捕食セックスが激しすぎる~!! ガツガツ穿ってくる攻めにお腹の奥をきゅんきゅんさせちゃう受けも可愛いです。
Ωである自分の居場所は水商売だと信じているから、好意を上手く受け取ることができない…そんな受けを変えるのは、あまりにも真っ直ぐな愛情。終始ハイテンションですが、クライマックスにはホロリときてしまいました。

ご覧くださいこれがヒート中の表情です

めぐみとつぐみ』作:S井ミツル

 

あらすじ
マスク姿で鉄パイプを持った目つきがヤバい男に仲間が襲われたと聞かされたαの恵。問題の男・山田つぐみを呼び出すと現れたのは敵意バチバチのいかついコワモテヤンキー。さっそく喧嘩だと意気込んでいたところ何故かその場にΩの発情フェロモンが漂いαの面々が困惑している中、「ヒートなのは俺だぜ」と、ドヤ顔でとんでも発言が飛び出して…!!? まさかのΩ、まさかのヒート中にαの喧嘩を買ってて、しかも抑制剤を使っていない――!!? こいつはいったい何なんだ……!!!!

コメント
受けがヒートを自己申告する際の、目力ギンギンにキまってる表情を観たときに「こういうオメガバースが読みたかった…!」と歓喜に震えた思い出があります(笑) 攻めの本能に絶対屈しないという信念も、見た目とは裏腹に真面目で純粋な子なんだな…と、この2人のカップリングとしてのバランスや個人の性格がとにかく愛おしくてたまらくなりながら読み進めました。筋が通った2人だからこそ、セックスで乱れた姿を見せることへの照れや恥じらいの萌えに狙い撃ちされます。笑って萌える、陽オメガがより注目されるきっかけとなった作品ではないでしょうか!


いかがでしたか? "陽"なオメガバース作品を4つご紹介しました! 他にも『僕のハイスペック彼氏様』(作:よつあし)、『あばれんぼハニー』(作:鳶田瀬ケビン)など、楽しく読めるオメガバースは増え続けていくと思います!

オメガバ―スの魅力は切なさだけにあらず。皆さんのお気に入りの作品は何ですか?

担当BLソムリエ:砂糖あべり
ハピエン厨な黄昏腐女子だけど、読んでみないとわからないしとりあえず何でも読む!最近はセッなし純情BLがアツい。

 



関連作家・声優

コメント2

投稿順|最新順

あおり運転の容疑者男女が番呼ばわりで十分とか言われてましたね。
一般的な感覚で言えばつがいってそういう意味ですよ。
本来は動物に使うもの、ヒトに使うのは蔑むときくらい・・・

乃一ミクロ先生の「王様αとパピーラブ♥」もおススメです。
陽でほのぼの温かい、ハッピーオメガバース作品で大好き。

PAGE TOP