BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

幸せ合法恥じらいえっち♥お嫁さん特集!

2019/10/13 14:36

最後は絶対ハッピーエンド!健気でうぶなお嫁さん男子に胸キュンがとまらないっ!

 

 

乙女の憧れであるお嫁さん。そのワードのトキメキの意味が変わり始めたのはいつの日か……。(赤とんぼ風に)

お嫁さんBLはとにかく受けも攻めも「かわいい」が詰まっています!

お嫁さんを全身全霊で守って愛する健気でスパダリな攻めも王道にかっこよくて、そして「かわいい」……慣れない嫁ぎ先でくじけそうになりながらも、好きな人のために健気に一生懸命ご奉仕する受けも、今は失われしジャパニーズ大和撫子、そしてなにより「かわいい」……はあああ堪りませんっ!

何よりお嫁さんBLのえっちは夫婦の営み感があって、うっかり覗いてしまった背徳感を感じて断然エロい……!あの子のあんな姿やこんな姿が!?え、みちゃってもいいんですか!?(指の隙間からチラリ)という興奮がいつも以上にやばいです、やばい……!!

というわけで、今回はお嫁さんBL特集です!さらに「小説」しばりでご紹介したいと思います!もちろん最後はハッピーエンド!です!

 

 

時代物光源氏計画あまあまお嫁さんBL!

旦那様は恋人を拾う』作:間之あまの

 
 
【あらすじ】 
呉服問屋に勤める六花は記憶を失い凍死しかかっていた自分を助けてくれた若き当主・桐一郎を一途に慕っていたが、彼の婚約を知り家を出る決意をする。最後の晩、二人は結ばれるが…!?
 
【おすすめ】
光源氏計画系お嫁さんBLです!しかもなんと攻めの桐一郎と受けの六花(りっか)は結構な年の差なんです……!六花は10代なので正真正銘の幼妻…!最高以外にないじゃないですか!!
また六花はイタリア人とのハーフなのですが、とっても色白!
えっちのときにその真っ白な肌桃色に染まっていく様子が、もう六花の純粋無垢もあいまって本当にえろいのなんの……!あんなに何にも知らないような顔をしていながら体は正直だな、ってやつですね。
攻めの桐一郎は最初から最後まで六花に一途な愛を向けていて、その様子に読んでいるこちらも甘くて幸せな気持ちになれます。しかしえっちの時は情熱的かつちょっとSで、事後六花が熱を出してしまうほど……!熱が出るほどっていかほどか……!!
またここは実際に読んで楽しんでいただきたいのですが、桐一郎の愛ゆえの策士な行動には驚くこと間違いなしです!
 
 

涙無くしては読めない!戦国時代不憫系お嫁さんBL!

そらのだいじな旦那様』作:野原滋

 


【あらすじ】

難産の末に母が亡くなったせいで父に疎まれ、双子の姉の身代わりに人質として新興の小国に嫁がされた捨(すて)。しいたげられた生活の中でも捻くれることなく無垢なままに育った捨は、強く優しい夫の高虎に「空良(そら)」という名前を与えられ初めて生きる意味を見つける。高虎の役に立ちたいとけなげに振る舞う空良だが夫婦の契りに関しては知識がなく……?

 

【おすすめ】

どこまでも健気で不憫な受けに泣かされます。(マジで)

生まれながらに忌子として扱われてきた空良は名前すら持っていないんですね……で、この空良という名前を授けてくれた名付け親こそが攻めの高虎なんです。もうここからしてかなりグッときませんか……?

そしてこの空良は忌子としてずっと放っておかれたこともあり、性知識が全くないんです……!!無知な子を手ほどいていく描写が大好きな私はもう、「花を手折るのは憐れと思うが、自分で育て咲かせるのだと思えば、……これほど心躍ることはない」という高虎のセリフにヘドバン並みに首を縦に振ってしまいましたね。未知の感覚に戸惑いながら恥ずかしいことがよく分からないのか、聞かれたことに律義に答える空良がもう最高に健気でえっち……!!というか体をひらいていくことを花に例えるのってめっちゃ綺麗で、はちゃめちゃにすけべですよね…。高虎の、この言葉に続くセリフも最高なのでぜひ実際に読んで頂きたいです……!!最後、あらゆる困難を一緒に乗り越えてようやくつながるシーンは尊さとえっちが混ざり合って神としか言いようがない……!

高虎の弟の次郎丸もショタ可愛いのでぜひ注目してみてください♥

 

 

アイルランドが舞台のおとぎ話系お嫁さんBL!

獣王の貢ぎ嫁』作:華藤えれな

 

 

【あらすじ】

孤独な少年・紫生は、生贄の花嫁として嫁いだ獣王の島で、
獅子の化身キリアンに優しく迎えられて……!?アイルランドの港町でひたむきに生きる天涯孤独の少年・紫生は、呪いから町を救うため、生贄の花嫁として、
恐ろしい獣王が棲むという「妖精島」へ嫁がされてしまう。そこで紫生を迎えたのは、紳士的な獅子の化身・キリアンだった。優しい彼が本当に人々に恐れられる獣王なのか?キリアンに愛されながら、紫生は次第に伝説に隠された哀しい真実を知ってゆく……。妖精の国を舞台に繰り広げられる、真実の愛のおとぎ話。

 

【おすすめ】
ファンタジー世界のおとぎ話BLなのですが、とにかく世界観の作り込みがスゴイ……!キラキラわくわくする世界に浸りながら、さらにBLも楽しめてしまう一粒で二度美味しい作品です!

紫生とキリアンの初夜はかなりしっかりと前戯の描写があるのですが、特に乳首をしっかりといじってくれるんですよ……!漫画にしたら4ページくらいあるのでは……!?とも思えるボリューム!!乳首責め大好きな方はかなり楽しめる作品だと思います!

少し話が逸れますが、この小説は出てくる食べ物がマジでおいしそうです…!お菓子作りの得意な受けという設定がもうめちゃめちゃにおいしいのですが、紫生の作るふわふわ生クリームたっぷりのブルーベリーケーキ、蜂蜜しっとりハニーパウンドケーキ、りんごとレーズンの塩バターパン……!食べてみたい~!

またこのお話はとにかく健気×健気の尊さを前編通して感じることができるので、健気好きな方にもかなりオススメな作品です!

 


明治と階級社会の織りなす初恋お嫁さんBL!

お嫁様の恋。』作:六堂葉月

 
 
 【あらすじ】
「お前は私だけを見ていればいい」名門・三久保家の花嫁となるため女として育てられた楓は、初恋であり憧れでもある婚約者の准爾のもとに嫁ぐ。けれど、かつての輝きを失い別人のように冷徹になった准爾に、強引に初夜を奪われてしまう! 熱く淫らに散らされていく楓の身体…それでも准爾のことを一途に慕う楓。
そんな楓のひたむきな想いは、いつしか准爾の心に、抑えきれない楓への愛と独占欲を溢れさせて――!
 
【おすすめ】
最初の数ページでええええこの後どうなっちゃうの~~!?と一気に惹きこまれます。というのも、期待と喜びに胸膨らませて嫁入りした楓が准爾に最初に言われる言葉は「思ったよりも、見目はいいな。退屈しのぎくらいにはなりそうだ」なんですよ!しかも冷ややかな視線付き。楓にとって准爾は初恋であり憧れの人なんです。な、なんて不憫な……!いやしかし旦那様から不憫な扱いを受けるお嫁さんもまたかわいいな……と思っていたところにこのお話一番レベルのびっくりが投下されます!准爾からは冷たく扱われ、衝撃の事実が判明して、こ、この後楓はどうなるの!?とページをめくる手が止まりませんでした。
えっちの描写は序盤からあるのですが(最高ですね)「すべて旦那様にお任せしなさい、嫌がったり抵抗したりしてはいけない」としか教えられていないまっさらな楓が、冷たく強引に、そしてサディスティックに何も告げられず、訳も分からないまま行為を進められてしまう様子がとてもえっち……!!
不憫な扱いを受けながらも一途に、准爾のことを愛し続ける楓、楓の真っ直ぐな愛に触れてだんだん心開いていく准爾がたまらなく可愛いです。
 
 
 
いかがでしたでしょうか?
ちるちるのサーチ結果でもそうですが、お嫁さんBLはマンガよりも小説に多い傾向にありますね。お嫁さんBLが好きで、まだ小説に手を出されていない方はぜひこの機会にBL小説の世界へ足を踏みいれてはいかがでしょうか!
 

 

担当BLソムリエ:おさかなふな
ショタ受けと年上受けを同時に愛する難儀な腐女子。色白病弱、健気、人外、明治~昭和初期に目がないが、ハッピーエンドは外せない。

関連作家・声優

コメント1

投稿順|最新順

確かに漫画にはあまり無いですね。ちょっと設定が古いのかな?
なんか前に受けをウェディングドレスを着せるのアリかなしかみたいな話題ツイッタでバズってましたよね。女装って性癖が無い人には古いジェンダー感みたいに見えるんだなと思いましたが理解できない物をすぐジェンダー論みたいなものに結びつける無駄な真面目さあったら新しい作家の開拓でもしてるほうが有意義ですよと言いたい

PAGE TOP