BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

ただ、幸せを希う…ほのぼのBLの常識を覆す『リスタートはただいまのあとで』を推す‼

2019/12/07 11:32

なんでもない「日常」に涙する…ひとりとひとりの恋のお話


こんなにもリアルなのに、こんなにもあたたかい恋があるだろうか。
おっとり方言男子×ツリ目ツンデレ男子が日常の中で宝物を見つけだす。
あなたの心にも春を迎える風が吹き抜ける、そんなお話に癒されてみてはいかがでしょうか?


 

リスタートはただいまのあとで』作:ココミ

 


「この作品がBLアワードにノミネートされなきゃ、死ぬ。アンケート」に寄せられた作品の中から今回ご紹介するのは、ココミ先生の『リスタートはただいまのあとで』です! 早速頂いたコメントをご紹介いたします!

 

これを読んだときに衝撃が走りました。無意識のうちに、くっついた後はこの先も2人一緒にいるんだ、と思い込んでいたと気づかされたのです。付き合って恋人になったとしても、もちろんこの先、友達に戻ることもあるし、別れてもヨリを戻す可能性だってある。今までは普通の日常にあふれている”恋”にどこか当てはめていませんでした。
それぞれの境遇を乗り越え、一緒になった2人でも、これから先が必ずずっと幸せなものではない。ただ、先生も書かれていますが、2人が一緒に笑っていられる関係だったらいいなと思います。
日常にあふれている”普通”にどこまでも溶け込んでいる2人でした。(銀次郎

 

主人公の〔光臣〕がそうやってちゃんと向き合うための手助けしてくれるのが、10年前に地元を出て行った時にはいなかった〔大和〕の存在なんだけど、光臣だけが助けられるんじゃなくて、大和は大和で光臣の存在を助けに借りながら、彼もまた自分自身の心のつっかえに向き直していくんですね。片方だけの話じゃなかったのが良かったです。(みみみ。)

 

あんなに温和な性格でにこにこしている大和に語りたくない過去があったのが意外過ぎました。冒頭でさぞ温かい家庭で育ったのだろうと思いきや…。大和の心もとない表情ややりきれないような顔が切なくてつい涙ぐんでしまいました。
側にいてくれたのが光臣で、どれほど頼もしかっただろう。
繰り返し名を呼んで欲しいのは他の誰でもなく光臣だけだったのでしょう。(東雲月虹)


ネタバレも含んでいるのですが、皆さんのレビューが死ぬほど素敵だったので掲載させていただきました!そうなんですよね、この作品の根底に流れるあたたかさと、大和の境遇・片田舎で男同士の恋愛をする難しさ、などなどリアルな部分が混ざり合ってこの物語を"宝物"たらしめる雰囲気を生み出しているのではないでしょうか。

◇あらすじ
小さな田舎町で出会った宝物――。何もない片田舎で生まれ育ち、高校入学を機に上京した狐塚光臣(25)は、会社をクビになり実に10年ぶりに帰郷した。昔と何一つ変わらない田舎町。しかし、昔と違っていたのは、近所の熊井のじいちゃんの家に養子として迎えられた同い年の大和との出会いだった――。会社を立て続けにクビになり、どこか素直になれない光臣と、優しく人当たりのいい方言男子・大和のほっこり田舎BL! 「なぁ…なんであの時キスしたんだべ?」

ポイント①
大和と光臣、ひとりとひとりとしての物語

光臣は会社をクビになりまくって実家に帰ってきたけれど、家族・町の人・そして大和と出会って時間を過ごして…自分を見つめ直します。ダメダメだった光臣が、お父さんに跡を継ぎたいと言うシーン、とっても素敵ですよね。
大和の生い立ちは衝撃を受けた方が多いのではないでしょうか。いつも笑顔の大和が過去に「かわいそうに見えないように笑顔を作った」という回想は胸が締め付けられます。彼がどう過去と折り合いをつけていくのかは、是非本編で!

 

ポイント②
「好き」を見つけるまでとこれから

光臣は大和を「好き」だと感じるのは出会って数ヶ月、おそらく大和もそんなに変わらない時期に感じ始めているのですが、大和は「与えられてもきっと同じように返せない」と立ち止まってしまうんです。本編はハピエンで終わるのですが、レビューにもあった通り、作者さんのあとがきでハッとさせられます。田舎という閉鎖空間で結婚しない男が二人。二人は思い描く未来に届くかもしれないし、そうならないかもしれない。それでも幸せをを願わずにはいられない…!二度読み返していただきたい作品です。

 

こんな作品のファンにおすすめ! テイストの似ている作品をピックアップ

 

では、本作は具体的にどんな作品が好きな方におすすめなのでしょうか。ユーザーの皆様からいただいたコメントを参考に、テイストの似ている作品をピックアップしてみました! 以下の作品が好き、という方は要チェックです!

 

彼のいる生活』作:宮田トヲル

 



ノンケ×ノンケの日常を描いたほのぼのBLです。読み終わった後に温かい気持ちに包まれるような雰囲気も『ただいまはリスタートのあとで』に通じるものがあるのではないでしょうか!

 

東京心中 上』作:トウテムポール

 



甘い、だけじゃない!リアルな成長物語のなかで恋が芽生えていく…そんな2人の幸せを願わずにはいられない!そんな作品が好きなあなたは要チェックです♥




BLアワード2020の投票は来年の1月下旬から。例年は、得点が200ポイント以上の作品を中心に各ジャンル40作品前後毎年ノミネートされます。
評価の仕方はこちらをごらんください


作品の評価ボタンが、ページの真ん中ぐらいにありますので、ここで評価をします。


評価すると一石三鳥のお得


1:評価をつけることでAI(BLソムリエ)の精度がアップします。評価がついた作品は次回からAIのおすすめ対象から外れますので、常に新しい作品がAIから紹介されます。


2:誰でもくじびきが引ける!ひと月で作品評価ボタンを 5回以上押してくれたユーザーには誰でも参加できちゃいます。レビューお役立ちボタンを 月に15回以上押していただいた方も参加できます。


3:さらにレビューをつけると作品への注目度が集まりますし作家さんが見てくれることも。

レビューポイントがつくので、一定のポイントが貯まるとギフト券がもらえます。ポイントレースのご説明はこちら

新作ですとレビューで8Pもらえますのでぜひ挑戦してみてください。


ちるちる評価は
神=5
萌萌=4
萌=3
中立=1
趣味じゃない=0

となっています。
評価をつけてボタンを押すだけで評価が入ります。



トップページには直近30日間の得点ランキングが表示されます。
こちらにランキングされると注目度が一気にアップしますよ。
ぜひともおもしろい作品があったら評価をつけてみてくださいね!
先生への応援にもなりますし、毎年4月開催されるBLアワードに選出されますよ。

関連作家・声優

コメント2

投稿順|最新順

推しコメント(orレビュー)のユーザー名があったり、無かったり。
ユーザー名に敬称があったり、無かったり。
責任者が不在なのか、記事に統一感が無いですね。

覚えのないレビューが自分のニックネームで紹介されてびっくりしました。残念ですが私ではなく他の方のレビューです。間違えたんですね。
私も紹介されるようなレビューがいつか書けたらいいな。

PAGE TOP