BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

「格差」「健気」「すれ違い」誰もがハマる王道BLの法則

2019/12/05 00:00


世界の映画の聖地「ハリウッド」には、“神話の法則”があると言われています。日常世界からはじまり、賢者との出会いそして冒険に出て敵を倒して帰還する。ヒット映画はだいたいこの法則に従っているそうです。

これと同じようにBL小説も確実に誰もが楽しめる王道鉄則があるのです。その鉄則とは「格差」「健気」「すれ違い」。この3要素が巧みに盛り込まれている作品は満足感が大変高い!

さらには海外ファンタジー映画の必須登場キャラ「王子」「お嫁さん」「ケモノ」キャラが登場するBL作品は、まず間違いなくおもしろい! そんなわけでこれらの要素がふんだんに盛り込まれたBL小説を「BL小説処女」のみなさまに、BL小説も豊富な電子ストア「honto」からご紹介します。BL小説をはじめて読む方ご安心ください! 絶対に外しません!。

 

王道三要素を詰め込んだ胸キュン指数は過去最高な「王子BL」!

王子様と鈍感な花の初恋【イラストあり】

著 者:名倉和希
イラスト:ひゅら

作品詳細

 

巷で流行りの「光・夜明け・黄昏・闇」の腐女子属性。ご自分の属性が明確な方は「私はBL読み慣れているから王道モノはちょっといいかな…」なんて思いもあるでしょう。しかし、安心してください!! 初心者向けでありながら、BL熟練者も絶対に楽しめる作品だと約束します!


ストーリーは王の隠し子であるジョシュアをある理由で育てているジーン(受)が、お金がなく身体も壊し生活に困る…という状況からはじまります。ジョシュアはその出生から命を狙われており二人は各地を転々とした暮らしをしているため常に生活苦の状態。

でも血がつながらなくとも支えあって生きている二人の姿は「はやく王子様迎えに来てくれーー!!」となること確実です。そして、ついに王の隠し子であるジョシュアを探し出して迎えに来たのが王太子であるナサニエルでした。

この話の魅力的なところはジーンとナサニエルの微妙な距離感が読者である私たちをじらしまくるところ。ナサニエルは初めて会った時からジーンに惹かれているのですが、ナサニエル本人はそのことに全然気が付いていない! タイトル通りに「二人の鈍感な初恋」の物語なんです……。

ナサニエルは「異父弟であるジョシュアを育ててくれたジーンだから好意をもっている」と思っているが、次第にその気持ちが恋心だと自覚していく間がとてもじれったい。普段何事もスマートにこなす攻め様なナサニエルがジーンを喜ばせようと贈り物を送ったりして頑張る姿は一周回って不器用で可愛い! とすら感じます。

そしてジーンは守られるだけの人間ではなくて時には戦うことも恐れない強い人間なことが、読者として応援したくなる、作品にのめり込んでしまうポイントなのです。こんな二人のお互いへの気持ちが無自覚にすれちがう様子は「ザ・BL小説」の醍醐味。Hシーンはジーンへ紳士的なナサニエルの隠された激しい一面も見えてとても興奮します……。

著作の名倉先生が書く繊細な心情描写は読者をこの物語の世界観にぐいぐい引き込んでいきます。二人だけではなく隠し子だったジョシュアも大活躍! 他にもすべての登場人物たちがしっかりとした設定があり生き生きとしていて魅力的です。王宮内での陰謀とかもあるのですが、やはりメインになるのはナサニエルとジーンの関係。身分差や複雑な事情がある中での二人の織りなす甘い世界が読んでいてとてもキュンキュン……なので、BL初心者の方も入りやすく、オススメです。ぜひ「格差」「健気」「すれ違い」の3要素が気になる方は読んでみてくださいね!

 

健気そして揺るぎない気持ちで格差を乗り越える!BLの普遍性が濃縮しきった「お嫁さんBL」

お嫁様の恋。【イラスト入り】

著 者:六堂葉月
イラスト:Ciel

作品詳細

 

「お嫁さんBL」って何? と思われる方も多いかもしれませんね(笑)。受けにウェディングドレスを着せるの……? BLに男女の恋愛観を押し付けているのでは……? などなどの声を聞くことも多いお嫁さんBL。

そのイメージはすべて捨てていただきたい! そして、ここでお嫁さんBLの真の魅力をお伝えしたい! BL小説初心者にこそ読んでほしい、そしてお嫁さんBL初心者の方だから沼にどっぷり嵌まってしまう小説『お嫁様の恋。』を紹介します。


時代設定は明治時代。帝都、和洋折衷ハイカラと、ロマンの詰まった時代……! 華族の身分差カプ……! 身分違いの家にお嫁入りという王道シチュエーションです。そして本作、とにかく初期加速度がヤバい。最初の数ページで「ええええこの後どうなっちゃうの~~!?」と読む手を止められなくなっていきます! そこから打って変わって丁寧なギアチェンジがうまい。「お嫁さん」の意味や、「女装」、「男女の恋愛観」など最初に飛ばした分を丁寧に回収して「そういうことか」と納得できるストーリーになっていくんです……! 令和から明治へ時空を超えて惹きこまれる巧みな展開ですね本当に。

お嫁さんBLの多くは、家のために位の高い家へ嫁ぐわけですが、それは国の策略のためにほぼ人質的な意味で「嫁入り」です。本作の受キャラ・楓もその例に漏れません。しかし不憫な状況にもかかわらず、とにかく准爾を守るために一生懸命立ち向かいます。か弱く守られるだけの「お嫁さん」ではなく、家族として一緒に「戦う配偶者」の姿がそこにはあります……!

家のために、攻めのために、どんなに踏まれてもへこたれず、一生懸命尽くすか弱くも健気な姿、決して揺るがない強烈な気持ち。そこに読み手は感動を抑えられないのです。これこそ「お嫁さんBL」の真骨頂、そして王道BLに古から書かれてきた普遍のテーマではないでしょうか!

ちなみにH要素も重要という方もご安心ください。『お嫁様の恋。』は、H描写は序盤からあるのですが、「すべて旦那様にお任せしなさい、嫌がったり抵抗したりしてはいけない」としか教えられていないまっさらな楓が、冷たく強引に、そしてサディスティックに何も告げられず、訳も分からないまま行為を進められてしまう様子に、滾らずにはいられません!
 
いろいろな困難を乗り越えながら一途に攻・准爾のことを愛し続ける楓、そして楓の真っ直ぐな愛に触れてだんだん心開いていく准爾がたまらなく可愛いのでぜひぜひ読んでみてくださいね。

 

異世界ファンタジーに、とろとろなイチャエロを加えた「ケモノBL」入門

オオカミパパに溺愛されています【特別版】

著 者:かわい恋
イラスト:榊空也

作品詳細

 

オオカミパパに溺愛される? どういうこと…? 送り狼のおじさんと「パパ活」する話…?(笑) いえいえ! もちろんそうではございません! こちらの作品の舞台は獣人と人間が共存する異世界で、主人公のお相手がオオカミの獣人なんです。獣人BLを初心者にオススメするなんて…と思われた方、心配無用です! めちゃくちゃHで、甘々にイチャついてるのに、「好き」の言葉がなくてすれ違っちゃう……獣人BLなのに恋の超王道なんですから!! ドエロいのに胸キュンしちゃう! 甘々な恋と濃厚エロの極上ハーモニーにハマること間違いなしです!


さっそくストーリーをご紹介! 千明はオメガであることが原因で保育士を辞めさせられ、家事代行サービス会社に勤めています。年末、急遽子持ちのアルファ宅に派遣された千明を迎えたのは7歳、6歳、2歳の子どもたちと、ハイブリッドアルファの大神さんでした。大神さんは部屋にこもっりぱなしで愛想もなく、たたでさえオオカミの獣人で見た目が恐ろしいのに、中身も怖い人なんでしょうか…と思ったら、いきなり千明の身体が疼き、大神さんも我慢できなくてHしちゃう!? 赤い糸で結ばれていた「運命の番」からはじまる恋!

もうとにかく甘々です! 一見取り付く島もなさそうで不愛想な獣人・大神が、家政夫である千明のことを「ちー」と呼ぶんです!! 子どもたちがそう呼ぶから、なんて言っているんですけれども、このギャップかわいすぎません!? 「お前にとって俺は可愛い子ヒツジだ」とかキザなセリフ吐きつつも、呼び方は「ちー」ですよ!! ギャップで読者をキュン死させようとしてますね、大神さんは(笑)。

もちろん甘々だけじゃありません、エロエロです!! オメガバースならではの「運命の番」の発情期。本能と相手を愛おしいと思う気持ちが合わさったHは最強ですよ!! うぶなのに求めずにはいられない千明の色っぽさに、大神さんが我慢できるはずもなく…エッチ甘々エッチ甘々の甘エロミルフィーユ状態で、どこを読んでもトキメキを感じられます。

そして恋の王道といえば、「すれ違い」!! めちゃくちゃイチャイチャして、何度もエッチをしている千明と大神ですが、なんとまだお互い「好き」であるという確認ができていなかったんです! 明らかに好き同士なのにすれ違っちゃう二人に少し切なくなりつつも、この二人が心を通わせられないわけがない!! と安心感で、切なさすら楽しめちゃいます!! 甘々イチャイチャ・濃厚H・少し切ない恋のすれ違い……恋の王道三拍子が詰まった一冊に大満足間違いなしです!!

 

まとめ

 

今回は、BL小説の鉄板要素をすべて含んだ3つの作品を取り上げてみました。あなたの心に刺さる作品はありましたか? 気になった方は、BL小説の取り揃え国内最大級の電子書籍サイト「honto」でポチってみてくださいね!

初心者にピッタリ!BL小説も豊富なhontoを見る!!

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント1

投稿順|最新順

匿名1番さん(1/1)

今日のインタビューの、くもはばき先生が2018年のBL小説を調べて新刊書いたと答えてらっしゃるけど、けっこうこの法則と共通性があって、ためになった!

PAGE TOP