BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

ふわっと漂う切なさと萌♥高校~社会人まで年齢別にみる青春BL3選

2019/12/21 11:32

大人になるにつれて変化していく恋模様!それぞれの魅力をご紹介♥



皆さんは青春と聞くと、何を思い浮かべますか? 部活動や学校行事など人によって様々だと思いますが、一番忘れてはいけないもの……そうです! 恋愛です! BL界にもキラキラした青春ストーリーがあふれていますが、青春は学生に限定したものではありません! 大人になっても恋に悩み、葛藤する姿はまさしく青春といえるでしょう。 そこで今回は、高校生、大学生、社会人、それぞれの青春を描いた作品を3作ご紹介していきたいと思います! ピュアで一生懸命な初恋から、切ない片想いまでぜひお楽しみください♥

 

男子高校生のピュアな青春ラブ

ゴールデンスパークル』作:鈴丸みんた

 


まずは青春真っただ中の、男子高校生の恋! 高校生ならではの悩みに葛藤しながらも、答えを探りながら一生懸命向き合おうとするひたむきな様子が尊い……ッ! 高校生とは思えない程、性に無知な日葵が頭を悩ませている”朝起きたらパンツが汚れている”謎の現象。そんな初で可愛すぎる日葵の包茎を、クラスメートの楽が手ほどき♥ 性の快感を知っていくうちに、どんどんかわいくなっていく日葵に楽が惚れてしまうのも納得! 戸惑いながら「きもちぃ…」なんて言われても、暴走することなく我慢した楽にはほんとに拍手を送りたいです。そしてなんといっても、男同士のやり方すら知らなかった2人の初エッチ。これが萌えない訳がない!! 初めての快感にビクビクしながら感じちゃう日葵と、そんな日葵を前に余裕をなくす楽。恐らく多くの読者が萌えの限界を突破し、昇天したと思います! 青春×性に無知すぎる受けという最高な掛け合わせをぜひ堪能してみてください。

 

高校から大学へ…年齢と共に少しづつ成長する2人の関係

君と夏のなか 限定版』作:古矢渚

 


続いては大学生の恋愛模様! 前作『君は夏のなか』で晴れて恋人同士になった2人の続編となる今作。大人になるにつれて、人としても恋人としても成長し、確固たる絆を紡いでいく2人の関係に思わず涙! ありふれた幸せな日常に感動を覚えるのは、キャラたちがその”当たり前”にみえる幸せをしっかりと噛み締めているのが伝わるからなのではないかと思います。こんなに優しい世界観の作品に出会わせてくれて本当にありがとうございます(合掌) そしてもちろん、前作ではキスどまりだった関係にも変化が! 「キスだけじゃ足りない」というセリフに思わず発狂しそうなりました(笑) 触れるような優しいキスだけでも十分萌え足りたのに、まさかその先へ進んでくれるなんて…まさしくこれは萌えの玉手箱や~~!
大学生というこれからの人生を決める大事な時期。その中で、成長していく2人の日常から得られる、癒しと萌えのひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

愛や恋にならなくても友達のままで……

フレンドライン』作:佐久本あゆ

 


最後にご紹介するのは社会人の恋! 大人だからこそ、色々なことを経験してきて臆病になってしまうことも……。なかなか思いを素直に伝えられないゲイの宮森に、真っ直ぐ気持ちをぶつける男前な深水。ストーリーは王道展開ですが、深水の予想以上な男前ぶりに分かっていても惚れてしまいます! そして、なかなか友達の枠を超えられなかった2人がやっと恋人同士になり、いよいよ迎える初エッチ。触れそうで触れなかった距離から、いきなり体温を感じるゼロ距離に! あんなに大人しい宮森が、実は性に積極的だったなんて…油断していたら急なギャップに刺されました(笑) 慣れているはずの宮森ですが、顔を真っ赤にして震える様子は、どこか初々しく萌えが滾ります♥ そんな宮森を、大人の余裕で優しくそして激しく抱く深水。悶える宮森の気持ちが手に取るように分かるッ!
愛や恋にならなくてもそばに居られれば……という片想いの切なさや、愛しいからこそ臆病になってしまう、高校生、大学生とは少し違った大人の恋をぜひ堪能してみてください!

 

高校生、大学生、社会人それぞれ筆者の思う青春作品をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 高校生のピュアな感じが萌え心をくすぐられたり、少し大人になって人としても恋人としても成長していく姿が見られたりと、違った魅力を発見でき、青春はやっぱりいいものだなあと改めて感じました。ぜひ皆さんの思うお気に入りの青春作品も探してみてください♪


担当BLソムリエ:ありのす幸
攻めの嫉妬した顔が大好物の黄昏の腐女子。
好きすぎて、常に携帯の検索履歴に攻め嫉妬・溺愛・執着がランクインしている。




関連作家・声優

PAGE TOP