BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

オンブルーはパクチー系?BL漫画レーベルポジショニングマップ2020

2020/01/21 12:59

BLレーベルの傾向で、あなたの趣向もわかるかも

 


今や日本のみならず、世界にもBL愛好者・腐女子が多く存在する。年々上昇する消費者のニーズの高度化・多様化はBL作品も同様に現れており、毎年新たなBLレーベルが誕生していることをご存知でしょうか。

今回は、いつもよりちょっとだけ真面目なちるちる記事として、BL雑誌(紙・WEB媒体含む)やレーベル、出版社の作品傾向をマッピング! BLをマーケティング的な視点でみると、いつもとちょっと違う景色が見えるかも…? 

ちるちる編集部のBLソムリエたちと共に「あーでもないこーでもない」と議論を交わし、作成したこちらの「BLポジショニングマップ」。ぜひあなたの推し作品と照らし合わせて、チェックしてみてください!! 手元にある作品は、気づいたら同じレーベルのものばかりということも…!?

BLポジショニングマップBLポジショニングマップ

少年漫画と少女漫画なら、少女漫画の方が読む。

BLポジショニングマップBLポジショニングマップ

複雑な設定より、甘々でハッピーエンドなラブストーリーが好き。

BLポジショニングマップBLポジショニングマップ

王道ストーリーで、ご都合主義な展開も美味しい。

BLポジショニングマップBLポジショニングマップ

正直、BLはHなシーンが多くて戸惑うこともある。

BLポジショニングマップBLポジショニングマップ

極道や裏社会系BLはそんなに好きじゃない。

BLポジショニングマップBLポジショニングマップ

Hシーンも楽しみたい。

BLポジショニングマップBLポジショニングマップ

主人公が男同士ということを除けば、設定やストーリーが少女漫画と近しい読後感を味わえる「リンゴ系」。Hシーンや突出した個性派控えめだが、苦手な人が少ない甘い味わいは、まさにリンゴ。

BLポジショニングマップBLポジショニングマップ

ハッピーエンド率やエロ度が高い作品が多い「ハチミツ系」。セクシャルなシーンも甘々な描写で、1つの作品内において裸のシーンページ数も多め。中には、気づけば「この回は大体服を着ていなかった…」という作品も。

BLポジショニングマップBLポジショニングマップ

新たな性癖や社会トレンド、時代のサブカルに合わせた作品を生んでいる、「パクチー系」。”王道”と呼ばれるようなストーリー展開とは一線を画すような驚きの展開や、生々しく深い心理描写と言った、チャレンジが見られる。

BLポジショニングマップBLポジショニングマップ

BLは「男性同士の愛」を描くジャンル。そのため、恋愛を軸にした作品がおよそ9割以上を占めている。そのなか「サイダー系」は恋愛だけではなく友情や人間の心理にも重きを置いている。


クセのある味わいが大人腐女子にたまらない!

パクチー系

 


新たな性癖や社会トレンド、時代のサブカルに合わせた作品を生んでいる、「パクチー系」。"王道"と呼ばれるようなストーリー展開とは一線を画すような驚きの展開や、生々しく深い心理描写と言った、チャレンジが見られる。そのためか、クセが強い作品が生まれやすい傾向があり、読者によって好き嫌いは分かれやすい。しかし、設定やストーリーに複雑性を好む目の肥えた読者が近年増える中、"ご都合主義"な展開を廃し、読み手に納得感を持たせるストーリーが生まれている。クセの強さやチャレンジ性はHシーンにも現れており、表現や体位に創意工夫が見られる。

パクチー系BLレーベルや出版社

※五十音順
※レーベルまたは出版社名はレーベルちるちるページ、()内は公式HP
arca comics(Jパブリッシング)
ihr hertz(大洋図書)
on Blue(シュークリーム)
equal(笠倉出版)
Qpa(竹書房)
コミックマージナル(双葉社)
cheri+ (新書館)
シャルルメディアソフト
ジュネット(公式HP)
PLACEBO
(笠倉出版)
リンクス(幻冬舎

パクチー系BL作品例



囀る鳥は羽ばたかない』作:ヨネダコウ


甘くトロけるハッピーエンド

ハチミツ系

 


ハッピーエンド率やエロ度が高い作品が多い「ハチミツ系」。セクシャルなシーンも甘々な描写で、1つの作品内において裸のシーンページ数も多め。中には、気づけば「この回は大体服を着ていなかった…」という作品も。Hなシーンを多く含んでいるためか、読者の年齢層も30~50代と高めで、甘いストーリーかつ王道であるほど年齢層が高い印象。世界観はリアルな現代だけでなく、耽美な雰囲気のある作品も。セクシー表現に興味のある18歳~20代前半の若年層読者も少なくない。

ハチミツ系BLレーベルや出版社


Chocolat comics(心交社)
彗星社(公式HP)
gateau(一迅社)
Dear+(新書館)
drapコミックス(コアマガジン)
ふゅーじょんぷろだくと(公式HP)
BE-BOY(リブレ)
LiQulle(オーバーラップ)
麗人(竹書房)
花音は「リンゴ」レーベルに列挙


ハチミツ系BL作品例


エロ控えめで口当たりさわやか!

サイダー系

 

 

BLは「男性同士の愛」を描くジャンル。そのため、恋愛を軸にした作品がおよそ9割以上を占めている。そのなか「サイダー系」は恋愛だけではなく友情や人間の心理にも重きを置いており、爽やかな読後感を味わえる作品が多い。さらに、他レーベルと比較するとエロ度も低いため、腐女子ではない一般読者に受け入れやすい傾向がある。「積極的に商業BL本を読む”腐女子”というわけではないが、BLを1つの作品ジャンルとして読む。TLや百合も読む雑食」といった読者も手に取っている。比較的、本棚に置いておいても安心(?)な作品傾向。しかし、時代の流行とともに、サイダー系レーベルのなかからパクチー風味の作品も増えてきている。なお、サイダー系はエロ度が低めな傾向であるが、同レーベル内でも作品によってエロ度は幅があり、H系作品として作られているものもあるため、一般読者へおすすめする際は注意が必要。

サイダー系BLレーベルや出版社

 
OPERA (茜新社)
GUSH (海王社)

Canna (プランタン出版)
Jパブリッシング(公式HP)
Daria(フロンティアワークス)
MARBLE COMICS(東京漫画社)
Chara(徳間書店)

白泉社
(公式HP)
ルチル(幻冬舎)
シトロン(リブレ)


サイダー系BL作品例



ひだまりが聴こえる』作:文乃ゆき

少女マンガ読者→BL読者への登竜門!?

リンゴ系

 

 

主人公が男同士ということを除けば、設定やストーリーが少女漫画と近しい読後感を味わえる「リンゴ系」。Hシーンや突出した個性派控えめだが、苦手な人が少ない甘い味わいは、まさにリンゴ。食べれば、甘さと爽やかな酸味で胸いっぱいになれる。少女漫画読者にとっても初めてのBL漫画入門としてもおすすめできる作品が多い。主人公たちの出会い〜波乱〜ハッピーエンドといった、いわゆる王道のストーリーが展開するため安心感がある。WEBで無料で読める雑誌として展開している出版社・レーベルが多く、作品を手に取る門戸が広い。潜在的な商業BL読者とBL本の貴重な接点となってBL読者が増えるのではないかという期待があり、BL業界にとって今後なくてはならない存在になるかもしれない。

リンゴ系BLレーベルや出版社

 
Cmoicフルール(KADOKAWA)
ハニーミルク(講談社)

.Bloom(発行:ホーム社/発売:集英社)
メロキス(発行:ホーム社/発売:集英社)
花音(芳文社)

 

リンゴ系BL作品例



ゴールデンスパークル』作:鈴丸みんた



あなたの好きな作品は、何系でしたか? こちらのポジショニングマップを参考に、ぜひ新たなレーベルの作品を手に取ってみてくださいね。今回ピックアップできなかった出版社・雑誌・レーベルは、次回以降の記事をお楽しみに!

※名称記載にあたって、正式名称より可読性を重視しております。
※レーベル名や雑誌名より社名の方が、読者が認知しやすいと判断し記載している場合があります。
※媒体の傾向を示したものであり、作品ごとの各指標の度合いは異なる場合があります。

むきゃ(@kahonyun)
隠れ腐女子歴15年の本業マーケター。性癖をどんどん開拓してしまい、最近収拾がつきません。

関連作家・声優

コメント14

投稿順|最新順

匿名10番さん(1/1)

BSLOVEYやCIEL、GUSHがないような…?
あるとしたらどのあたりだろう…

匿名9番さん(1/1)

こういうの楽しいので他にもやってほしい!

りんご、あってる。

匿名8番さん(1/1)

たぶん収集じゃなくて収拾だと思う…

匿名7番さん(1/1)

レーベルの名前だけ置くより、どの辺りの座標なのか点で見たかった。
縦軸は甘辛じゃなく、少年漫画⇔少女漫画なんだ。
BLを少年漫画寄りだとか考えたことないです。BLはBLだし。

匿名6番さん(1/1)

結果はサイダー系が出たけど、パクチー系も好きです。一番持ってるのがonBLUEとOPERAの作品で、ほぼレーベル買いしてます。他にもihr HertzやCanna、シトロン、ルチルの作品を買うことが多いかな。他のレーベルをまったく読まないわけではないですけど、個人的な好みとしてはハズレ率が高くて中々…。

>>匿名3番さん
その分類賛成します!笑

匿名5番さん(1/1)

パクチーサイダーが好きです

匿名4番さん(1/1)

パクチーだった。確かにon Blueが好きだし最近はQpaのコミックが多いなあ

匿名3番さん(1/1)

同じく、パクチー系
確かに、持っているのは
on BlueやQpa、ihr hertzが多いかも

蜂蜜系も好きだけど、
Dear+やgateauは、王道のレンゲのはちみつに対して
ふゅーじょんぷろだくは癖があって、栗の蜂蜜と勝手に分類したい

間違えて重複しました…

パクチーだけど、ハチミツ系も好きだぁ。甘いとクセがある刺激は交互がいちばんです。

匿名2番さん(1/1)

パクチーだけど、ハチミツ系も好きだぁ。甘いとクセがある刺激は交互がいちばんです。

ハチミツ系でした。キュンキュン、
エロエロ、ハッピーエンドな作品が
理想なのだが・・・出会えてません。

匿名1番さん(1/1)

パクチーだった。確かに大好きな作品や雑誌追いしてる作品が大当たりでした。
でも、幅広く読んでるので、どのジャンルにも好きな作品はありましたね。

PAGE TOP