BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

Twitterでバズったチャラ男構文がBL性癖すぎて妄想捗りまくり♥BL構文は闇の腐女子にオススメ

2020/01/20 17:38

逆にチャラ男とは程遠い、夏目漱石『こころ』でやってみた!

 



こんな感じで「ウェーイww オタクくん見てるー?」という通称チャラ男構文から想像に妄想を膨らませ、ちょっとしたストーリーまで作り上げてしまう……。みなさんも身に覚えがあるのではないでしょうか!?

BL風、SF風、少女漫画風……人によってたくさんバリエーションのあるチャラ男構文はTwitter民にぶっ刺さり、3万リツイート以上を記録したものもあります!!

女装メス堕ちタイムリープなど何でもあり! 性癖や趣味に刺さればそれ良し!! な自由度が高い「チャラ男構文」ですが、傾向として闇要素が適しているようです。そして、これチャラ男以外もBLっぽくできるんじゃ…? そっ、そうだ…逆にチャラ男とは程遠いものでBL風構文やってみれば……!?

ということでチャラ男語録とは大変かけ離れた文芸作品『こころ』(夏目漱石)で、BL風こころ構文妄想をやってみようと思います! 『こころ』では序盤、語り手である"私"(男)と先生(男)の関係が描かれ、そして途中から先生の手紙で先生とK(男)の過去が語られます。

 

 

自分の熱を相手にに移す…だと!?

 

私は溺れかかった人を抱いて、自分の熱を向うに移してやる覚悟で、Kを引き取るのだと告げました。

 

"私"がKを引き取る……自分の熱を相手に移す……BL漫画の1話にありがちな展開キターーー!!!?

(ここからBL妄想構文)
会社を理不尽な理由でリストラされたショックから、酷く痩せ、感情を失くした抜け殻のようになってしまった同僚Kを救うため、同居を持ちかける"私"…はじめは純粋な気持ちでKを励まそうとしていたが、徐々に回復していき時々笑うようになったKに言いようのない胸のざわめきを覚え、思わずキスをしてしまう。戸惑いながらも、"私"のキスに応えようとするKに、気持ちを自覚して…?

「熱を移す」=キス(&それ以上)だと思ってしまうのは腐女子だからですかね…(笑)

 

つまりお前になら殺されてもいいってこと!?

 

ある時私は突然彼の襟頸を後ろからぐいと攫みました。こうして海の中へ突き落したらどうするといってKに聞きました。Kは動きませんでした。後ろ向きのまま、ちょうど好い、やってくれと答えました。

 

普通「海に突き落としたらどうする?」ときかれたら「やめてよー(笑)」と言いそうなものですが、「ちょうど好い、やってくれ」だと…!?

(ここからBL妄想構文)
親が決めた女性と結婚させられそうになって駆け落ちし、初めてデートした海に来た"私"とK。
私「海の中へ突き落したらどうする?」
K「ちょうど好い、やってくれ」
私「バカだな、冗談だよ」
K「なんだ…冗談か……このままお前と引き離されるくらいなら、海の藻屑になるのも悪くないと思ったんだが」
私「やめてくれ、そんなことを言うのは」
K「……海になれば、いつでもお前に会える。蒸発して雲になって、雨になって、川や湖になって……お前の一部になれるかも知れない」

 

妻を見るたびに、Kを思い出す…

 

つまり妻が中間に立って、Kと私をどこまでも結び付けて離さないようにするのです。妻のどこにも不足を感じない私は、ただこの一点において彼女を遠ざけたがりました。

 

ど、どゆこと? 妻どういう役割!? と未読の方は思われるかもしれません。ぜひ『こころ』を読んで確認してみてくださいね。そしてそして注目ポイントといえば「どこまでも結び付けて離さない」という一文です。BLでもここまでのセリフそうそうないですよね!!!? 私とKの関係性が深すぎる…

(ここからBL妄想構文)
子どもの頃からKに対抗意識を燃やしていた"私"はやることなすこと全てにおいてKに勝つことが出来なかった。Kと同じ会社に入社するもKには敵わない。憂さ晴らしにKの妻と不倫していたが、ついにそれがKに発覚してしまった。Kが怒り狂うだろうと"私"は予想していたが…

K「…本当に好きなら幸せになれよ。仕事人間だった俺も悪かったし」
妻「あなた…」
私「なんでだよ? もっと怒れよ!! 悔しがれよ!!!」
K「怒りや悔しさがないといえば噓になるが、人の心はどうしようもない」
私「"妻"と結婚するからな!!」
K「ああ。よくしてやってくれ」

こうしてKの元妻と結婚した"私"。あんなに恋焦がれていた"妻"との生活はどこか空虚だった。

 

私×先生派!? K×先生派??

 

いかがでしたか? 『こころ』を読んだことがある方もない方も楽しんでいただけましたでしょうか?

こころ構文(BL風)を探している時に、「ああ、自分は私×先生派ではなく、K×先生派なんだな」と自覚しました(笑)。作品そのもののあらすじがちょっとBL風味なので、引きずられないように妄想するのが難しかったです(結果、引きずられてる気がします)。

……また超有名文豪の名文の後に自分の拙い妄想を垂れ流すのはかなり恥ずかしく、申し訳ない気持ちになりましたが、筆者の心の腐女子成分は現金にも大歓喜していたので、複雑です(笑)。

みなさんは「この一文、BL感じる…」なんてことありましたか?

PAGE TOP