BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

2016年に世代交代!? 出演の長期化!? BLCD、もはや若手の登竜門でない説 BLCD出演数研究第2弾

2020/03/21 13:00

BLCD出演2年が全盛期説…は現在進行形で出演中の声優さんには当てはまらない!?



BLCDがお好きな方なら一度は「この声優さんはいつまでBLCDに出てくれるんだろう…?」と思ったことがあるのではないでしょうか?

若手声優の登竜門とも言われていたBLCDなので、ベテランになればなるほど出ている方が少ないのは確か…!

BLCD好きの記者も「この声優さんのお声とお芝居をいつまでも聴いていたいのに、BL卒業間近かも…?」としばしば不安になります。

以前こちらの第1弾記事で「声優さんは2年間一気にBLCDに出演されて、その後出演する作品が減少する傾向にある」という「BLCD出演、2年が全盛期説」を提唱させていただきましたが、その記事で調査した声優さんはもうあまりBLCDに出ていない方やベテランの方が多かったのです。

では近年でもBLCDに出演されている方を調査したらどうなるのでしょうか!?

ということで5年間以上はBLCDに出ていそう、かつちるちるユーザーからの評価も高い声優さん10名の「年ごとのBLCD出演数」を調査してみました。

【集計方法】
ちるちるデータベース調べ。続編を数に含めない(続編はBLCD出演がほぼなくなっても出てくださる方が多いため)。雑誌などの特典CD、限定版は除く。

【グラフ】
0本から増加する年を起点に表示。
 

作品数が急上昇!! プスッといけちゃいそうな尖りが特徴!

ツンツン山型

 


2013年に発売されたBLCD『囀る鳥は羽ばたかない』を皮切りに作品を伸ばしていった新垣樽助さん。『囀る~』では受け役ですが、数的には攻めが多いイメージ。2016年多数の作品に出演。


初メイン作品は2010年発売のBLCD『男の子だもの!』。3カップル登場するうちの1カップルの攻めとして出演。
今回調査した10名の中では初出演年から最もBLCDに出演するまでの年数が多いです。じわじわ人気を伸ばし、2015~2016年あたりで人気に火がつきました。


初メイン作品はBLCD『背中合わせの恋』での受け。最初期は儚い美少年系が多いイメージでしたが、最近は色々な性質の受けやさらには攻めもされている印象。


初メイン作品はBLCD『「男子高校生、はじめての」~第5弾 兄弟だから、何もない~』の攻め。大人気BLCDシリーズでの初BLとあってかなりハードルが上がっていた中で、絶賛されていましたよね! その翌年BLCD出演本数が一気に増加。

 

傾向


年をまたぐと作品数が5作品以上増え、かつ特別出演数が多い1年がある方を「ツンツン山型」に分類させていただきました。こちらのグループの方々は2~3年間でその他の年と比較すると突出して本数が多いです。「BLCD、2年が全盛期説」に比較的当てはまっているグループ。こちらの「ツンツン山型」の4名中3名が2016年に一番BLCDに出演されていますね。

 

弧を描くよう! 徐々に出演数が増えていく!

カーブ丘型



初メイン作品はBLCD『ある小説家のノロケ話』の攻め。作品数が増加したのちも2015~2018年にかけて±1本の増減。


初メイン作品はBLCD『ダブル・バインド』の受け。2013~2015年にかけて段々と出演作品が増加し、2016年では微増し2017年まで横ばい。

 

傾向

 

カーブ丘型に分類させていただいたお2人は作品数が徐々に増えているかつ3~5年あまり変わらない本数出演されています。なんとこちらのお2人も2016年最多出演(興津さんは2017年と同数ですが)。



1度めちゃ増えたから減る…と思うじゃん? 2度目のピーク来ます!

鬼の山型




初メイン作品はBLCD『愛なんて食えるかよ』の攻め。2009年にピークを迎えそこから減少していくのかと思いきや2014年にも再び本数を伸ばしています。


ここまですべての方の初メイン作品を書いてきたのですが、小野さんの初メインについては少し複雑でして…ちるちる上では『新説・源氏物語-藤壺の章-』にカプ表記があるため2010年を1本とカウントしているんですが、ストーリー上では当て馬というかサブカップルっぽいんですね。ですのでカプ表記はあるものの初メインは2012年のBLCD『パラスティック・ソウル』の攻め…ということになりそうです。

小野さんは2013年と2015年がピーク! なグラフに一瞬見えるんですが、2度目どころか2018、2019に3度目のピーク、それも1番大きい波が来てますね!! 今回は2度ピークのある鬼の山型に分類しましたが、これからどんなグラフになっていくのでしょうか。

 

傾向


ひとつ前の「カーブ丘型」比べると、一度減少傾向に入ったように見えるのに再びピークを迎えているグラフの型です。
 

何…だと…? 何型のグラフって言っていいのかもわからないだと…?

特殊型



メイン&初受作品は2014年の『傲慢王子とシークレットラブ』なのですが、こちら書籍付きCDのためカウントには入れておりません。斉藤壮馬さんのグラフの形はなんといいますか、「安定型」でしょうか。2015年からコンスタントに出演されていて、2018年で増えてはいるものの「ツンツン山型」ほどは増えておらず、一気に減少してしてもいません。


初メイン作品はBLCD『そんな目で見てくれ』、初絡みはBLCD『ジェラテリアスーパーノヴァ』の攻め。増え方は山型、安定の仕方は丘型とどちらにも分類できないグラフの型。作品数はゆるやかに減少傾向なんですが2016~2019年まで年間10本以上出演されています! 現在のBLCD界で古川さん無双中なのでは!? と思ってしまうほどの本数ですね!


総評


10名の方の作品の増減をみていると2016年に作品数が急激に伸びた方が3名、2016年がその声優さん史上最も多くの作品に出ている年である方が3名、と2016年がかなり特徴的なのです。

第1弾の記事では2013年にBLCDに出演される声優さんの世代交代が起きたと述べたのですが、もしかして2016年も世代交代の年なのではないか!!? と感じました。

また第1弾の記事で取り上げた方々と比較するとかなり出演年数が伸びています。第1弾の記事で「BLCD出演、2年が全盛期説」に当てはまる方々は2年間一気に出演したのちほとんど出演しないグラフの型が多かったのですが、今回は2年ピークがある方が多くいらっしゃるもののその後もコンスタントに出演されている方が多い印象です。


いかがでしたでしょうか? 筆者自身、改めてこうしてまとめてみると年が違えど同じような形をたどるグラフがあったりして非常に驚きました。

鯉が昇れば竜になれると言われた中国の故事から出世のための関門を意味するようになった登竜門。
長年BLCD界は若手の登竜門と言われてきましたが、近年では竜に成った後も定住していただける住処にもなったのかもしれません。

これからも引き続き、年々変化していくBLCD情勢を見守っていきたいと思います!

※本記事は初出時より、配役の誤りを修正いたしました

関連作家・声優

コメント5

投稿順|最新順

匿名4番さん(1/1)

ゲームとかシチュエーションCDも大事なお仕事だけど
掛け合いが出来ないじゃないですか
その点BLCDは日常から夜の営みまでを網羅した素晴らしい修行の場だと思うんですけど
出演してくださる若手声優さん本当にありがたいですね

匿名3番さん(1/1)

若い男性声優さんが新規で出なくなったから 既存(?)の声優さんの出演年数が長期化ということであれば、少し寂しい話ですね……既存(?)の声優さんが長くBL作品に出てくださるのは嬉しいことだけど……BL作品出てくださる声優さんには本当に感謝ですね^ ^

匿名2番さん(2/2)

訂正 ありがとうございます

匿名2番さん(1/2)

ジェラテリアスーパーノヴァの古川さんは攻めですよね

匿名1番さん(1/1)

単に若い男性声優さんが新規で出なくなったからBL出てくれて売上が見込める人にオファーが片寄っているだけ
昔と違ってゲームボイスとか他の仕事で生活できるようになったから出演したくない今どきの若い声優や事務所はBLもエロも避けてますよ
声優のオフィシャルイメージに関わるからでしょうが
今はメインで出演したことない男性声優かなり多いですよ

PAGE TOP