BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

ワニじゃなくたって「死ぬ」? 気になるタイトルのBLコミックス4選

2020/03/25 18:00

二人はどうなっちゃうの!? 「死」とともにあるBL作品

 


SNSやメディアで大きな反響を呼んだ『100日後に死ぬワニ』シリーズ。漫画家のきくちゆうき先生が2019年12月12日からTwitterに毎日投稿を続けていたこの作品は、主人公のワニくんが亡くなるまでの100日間を、4コマ漫画のカウントダウン形式で描いた物語です。

先日ついに100日目が公開され、その後も書籍化や映画化の発表などが話題になりました。衝撃的なタイトルと一転して穏やかな日常が綴られる作風に、果たして主人公はどうなってしまうのか、毎日更新を楽しみにしていた人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな話題作にも劣らないインパクトを秘めた作品…タイトルに「死」という要素が含まれるBLの数々を選出しました。

印象に残る題からはじまるふたりの物語は、果たしてどんな結末となるのでしょうか? 愛あり、感動あり、エロあり、どんでん返しありの4作品をご紹介いたします。

 

ネタバレ厳禁! 切ない恋慕の終わりは…

蛍は明日死ぬ』作:斉川冬

 

 

先入観なしに読んでほしい

ネタバレを読まずに読み始めることをおすすめします。

物語の主人公「蛍」に恋して、恋人に「蛍」を求めては振られる浅田。ある日、「蛍」ソックリの見た目の二宮という男子と出会い付き合い出す。

浅田も二宮も一途で礼儀正しく、とてもいい子でした。
タイトルの意味は、読み終わった時に理解できます。

ぷれぱーるさん(ちるちるレビューより抜粋)

 

サンドイッチ3Pで天国にGO♥ 無気力学生のめくるめく“性

30までに死にたい』作:星名あんじ

 

 

いろいろ凄い3Pモノ! 冷静に伝えられません。

大学はサボりがち、バイトでは陰で時給泥棒と呼ばれ、30までには死にたいと思っている自称《真面目系クズ》の愛。
元ヤク中の美形 "綾生(綾)" と無口なイケメン "伶(りょう)" は、無職引きこもりの暇人(どうやら事情があるらしい⁉︎)で、壁の薄い団地にてセックス三昧。

そんな感じの3人集めてセックスさせちゃって、これ一体どういう感じのオチになるの〜? と展開がまず気になります。

愛はどう変わるのか? 綾と伶の秘密とは⁉︎

ゆーちん24さん(ちるちるレビューより抜粋)

 

完璧モテ男の正体はこじらせ男子!? 爽やかなラブコメぎゅっ詰め

童貞ってバレたら死ぬ』作:倫敦巴里子

 

 

こじらせ100%に胸キュン

3CPのお話が収録されています。
タイトルに反して意外と…と言ったら失礼ですが、胸キュンでした(∩´///`∩)
面白かったー!!

イイトシした大人が何やってんだというモダモダに胸キュンし、若々しくて瑞々しい高校生(〜大学生)のモダモダに胸キュンし。
ドタバタしながら恋愛してる姿が可愛い〜♪
ページをめくる毎に面白かったですヾ(*´∀`*)ノ

いるいるさん(ちるちるレビューより抜粋)

 

冷静に見えて熱~い愛♥ ラブラブ盛りだくさんの短編集

死ぬほど好き』作:山田ユギ

 

 

お気楽高校生×クールで常識人高校生

この作品が、山田ユギさんにハマルきっかけとなりました!

卒業を目前として、親友の柳に告白する江藤。別れを意識して、柳への気持ちを自覚して、思わずの告白に後悔することはないが、あっさり振られてしまう。そんな二人が、ひょんなことに一緒に列車の旅をすることになる。

題名通り、江藤の「死ぬほど好き」加減が私のツボです。

ぷちこねこさん(ちるちるレビューより抜粋)

 
今回は以上の4作をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。シリアスからラブラブまで、どれも中身が気になってくるタイトルですよね。
私も表紙買いならぬ“タイトル買い”をよくするのですが、題名と正反対のテイストの作品に出会って「こういうのもアリだな…」と新たな性癖に目覚めたり、題名が伏線となっていたことを読み進めた先に知って「ああ~~! なるほどそういうことか~~!!」と大騒ぎしたりなど、色々な楽しみ方ができるのです。

外出の自粛やイベント中止などなにかと大変な時期ですが、そんな今だからこそ、いつもは読まない作品も開拓してみませんか? ちるちるではあなたの好きな作家さんや作品、カップリング傾向などからAIがおすすめのBL作品を選んでくれるBLソムリエサービスなども運営しております。

他にも「このタイトルに惹かれた!」という作品がありましたら、ぜひとも教えてください。コメントお待ちしております。

関連作家・声優

コメント3

投稿順|最新順

匿名3番さん(1/1)

この記者を血祭りに上げて欲しい

匿名2番さん(1/1)

このような時期に嬉々として「死」を祭り上げるような記事に驚きです。
書き手の神経を疑います。

匿名1番さん(1/1)

大炎上の話題作になりさがったワニ

PAGE TOP